少し早く鰻を堪能 中井「くりから」

2018/7/13(金)

今年は土用の丑の日が2回あるらしい。しかし鰻は価格も高騰。そもそも捕れないらしい。この状況では、我が家の食卓には乗るまい。丑の日には一週間ほど早いが、少しでも鰻を味わって、暑い週末を乗り切ろう。

やってきたのは中井。駅から線路を渡り、目指すは「くりから」。無事、カウンタに収容される。今日は今のところカウンタに余裕があるが、奥には団体が幾つかいるようだ。よっちゃんが焼き台で大量の鰻串を焼いている。暑い中、ご苦労様。

黒ホッピーをもらい、ついでに「きゃべつ」も。浅漬けの「きゃべつ」を齧りながら、串が焼き上がるのを待つ作戦。おや。思ったより早く、串焼きが出てきた。よっちゃん、アリガト。「くりから」と「キモ」。

まずは「くりから」から。あ~。鰻だ。こんがり焼かれて、旨いぞ。一方の「キモ」の苦み。この2本の組み合わせは、マイ・ベスト鰻串ですね。元気が出てきた。珍しくも「しゃれこうべ」をオーダ。

見れば何かは判る。鰻の頭部。これをバリバリ食べる。カルシウム補給。最後に「短冊」。蒲焼のミニサイズですかね。明日は土曜日。ニンニク醬油味でいったれ。やっぱり「くりから」の鰻は美味しいぞ。

土用の丑の日は大混雑でしょうね。顔は出せないだろうけど、暑い中頑張って。。。

Img_3716 Img_3720 Img_3722 Img_3724

【追記】今、書店店頭に並んでいる雑誌「大人の週末」8月号は「うなぎの名店」特集。しっかりと「くりから」も誌面を賑わせているぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出遅れたが入れた 田無「一国」

2018/7/12(木)

18時半から健保関係のお仕事。拘束時間はそんなに長くないのだが、当然飲みに行くのには出遅れ。今日は何処に行くか。週に1~2回は中野で飲みたいし、西武線沿線にも良い店が多い。御茶ノ水界隈でも飲む事も多い。休肝日も必要だ・・・

出遅れたが久々に田無へ。木曜日の20時過ぎ。「一国」に入れるかな。お~。何とか焼き台前に空席が。座って「黒ホッピー」。あれ。何か違和感が。そうか。何時も必ず焼き台前にいるカズさんがいない。これは珍しい。後で顔は出したから、病気とかではないようだ。

何時も通りマイ定番の「マカロニサラダ」から。黒胡椒がきいている。暑いからイイね。少し疲れたので、ガツンと一発「大物」を。「チレユッケ」。これを頼むとは、珍しい。ウズラ卵を含めて全体をかき混ぜてガブリ。かぁ。無用に元気が出そうだ。

後は焼き物を4本程。味を「お任せ」にしたら、「レバ」は塩、「ボール」はタレ、「カシラ」と「アブラ」は味噌で出てきた。に~ちゃん、焼くの上手いね。今日は、まだ木曜日か。今週は長い。でも、週末は海の日があって連休だ。もう少し、頑張ろう。。。

Img_3705 Img_3708 Img_3715

| | コメント (1) | トラックバック (0)

この街はやっぱり暑かった! 名古屋「矢場とん」

2018/7/11(水)

朝。ホテルのヴァイキング朝食をたらふく摂取。これで昼飯を抜いて、仕事が終わり次第、飲む作戦。こんな事やっているから太るんだがね。7時半過ぎにはホテルを出発。まずは仕事前に、岐阜方面の書店を見にプチ遠征。名鉄に乗り込み各務原へ。

途中、車窓から犬山城を眺めつつ各務原に到着。どこだ此処は。地方の私鉄沿線。駅から10分ほど歩いて、目指すは郊外型ショッピングセンター「アピタ」。これか。この中に「草叢ブックス」がある。へ~。1階にあるんだ。

これは予想以上に大きいし立派。お洒落なシャンデリアまであるぞ。ほほ~。レンタルも中古本もあるフル装備の店。真ん中にスタバがあってブック&カフェになっているのも、お約束。ほぼ開店時間だが、既に結構客が入っている。

児童書コーナとか、結構ファミリー層を意識した店造りも。ようやく見に来られた。なかなか良い店が出来ましたね。でも、こんな田舎のスーパー(失礼!)の一角に、このフル装備はトゥーマッチなのでは。これが起爆剤になって、人を呼び込む狙いなのか・・・

Img_3671 Img_3672 Img_3673 Img_3674

朝のスタートが早かったので、もう一軒くらい書店に寄れるか。名鉄と地下鉄を乗り継いで、やって来ました赤池駅。これから宅地開発とかが進む郊外駅かな。駅から歩いて行くと、見えてきました「プライムツリー赤池」。セブン&アイの最新鋭ショッピングモール。

昨年の11月にオープン。へ~。面白い造りだ。レストランとかが、各階に分散して展開している。2Fにコスメ系雑貨「mio mio」。実は「リブロ」が展開しているショップ。女性客がターゲットだからオヤジが見ても分らん。が、平日の午前中にしては賑わっている。

Img_3679 Img_3685 Img_3686

そして3Fには「紀伊國屋書店」。200坪くらいかな。コンパクトでイイ感じにまとまった感じ。天下の紀伊國屋なら、もっと大きな店を作れるのだろうが、雑誌とかが売れない時代。この位のサイズ感が、今の書店の最適パッケージなのかもね。

Img_3680 Img_3681 Img_3684

さて、お仕事お仕事。支店にいって、しっかりと働きました。昼飯を抜いたので、思ったより早く仕事が終わる。16時前には名古屋駅まで戻ってこられた。1時間後の新幹線の切符を確保して、と。後は遅いランチですね。

新幹線の乗り場だと、つい近場の地下街「エスカ」に行ってしまう。本日も、地下街を一回り。「ひつまぶし」とかは高くて手が出ない。ついつい、毎度の事ながら「矢場とん」を選択。今や銀座や東京駅でも食べられるのにね(苦笑)。

何時もなら迷わず名物「わらじとんかつ」に行くところ。でも、こう暑いと、まず生ビール。名古屋って、暑さ半端ないって。ビールについてくるのは「そぼろ」。これも味噌味か。なかなか、いい酒のツマミだ。

最後は「みそかつ丼」を単品でチョイス。ビールを飲みながらボ~っと待っていると着丼。あれ。「みそかつ丼」頼んだのに、カツライスだ。と思ったら店の人が「味噌をおかけします」とドボドボと掛けてくれる。こういう演出だっけ。一気にテンションが上がる(笑)。

まずはカツをガブリ。この濃厚な味噌の味。これぞ「矢場とん」。何せ、お土産でソースだけも売っているからね。そして、この味噌を受け止めるカツが、脂身もしっかり入って旨い。ここは「ひれかつ」もあるのだけど、健康志向は無視して、このカツでしょう。

ご飯にも、この味噌が合うのだよ。しかも味が濃い分、残ったビールも進む。ワシワシと食べ進めて完食。いや~、満足じゃ。あとはコンビニで酒を買って、居酒屋・新幹線。東京は終点だから、乗り越す心配もないし。しかし暑かったなぁ、名古屋は。。。

Img_3691 Img_3694 Img_3688 Img_3690

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の街で一杯 静岡「駅南酒場」

2018/7/10(火)

自分史的には1989年はエポックメーキングな年だった。春に結婚。ところが直後に、仕事で静岡に約半年間ほぼかかりっきり。秋にようやく仕事を終えた。まだ20代後半の若造で仕事もできず、やみくもに走り回っていただけ。だから静岡には妙に愛着がある。

久々に新幹線で出張。15時過ぎに静岡の街に降り立つ。実際に仕事があるのは、一つ隣の東静岡駅そばの某社。東海道線で更に移動。暑い。まだアポの時間には少し時間がある。駅前のショッピングモール「マークイズ」で少し涼もう。

ここに入っているのは「谷島屋」。この店に顔を出すのは随分久しぶりだ。4年ぶり?平日の昼下がりでも、結構人が入っている。奥の目立たない所が椅子席になっているが、座っているのは、ほとんどが常連さんか。繁盛店で何より。

Img_3658 Img_3659 Img_3660

無事に仕事も終わった。後は名古屋へ移動して明日の仕事に備えるだけ。また電車で一駅乗って静岡駅。1時間後の新幹線の切符を確保。後は、思い出の街で軽く飲みますか。でも、その前にもう一軒だけ本屋に。

静岡の駅ビル「パルシェ」。ここの5階に昨年の9月、「谷島屋」が新しい店をオープンさせたはず。これか。広々と横に展開された、お洒落な空間。隣は「タリーズ」。これは良い店が出来ましたね。夕方の店は繁盛している。

Img_3663 Img_3664 Img_3662

さて。後は飲むだけ。静岡の繁華街は駅の北側なんだが、金もなかった若者時代はホテルも居酒屋も、もっぱら駅の南側。本日もそちら方面へ。流石に昔飲んだ店は、もう見当たらないか。あれから、もうすぐ30年だからね。

新幹線の時間もあるし、駅近くの手近な所に入りましょう。この「しぞ~か駅南酒場」でいいや。カウンタに入れてもらう。まずは生ビールを(弱気に)グラスで。メニューを拝見。ほほ~。「生しらす」がある、と。では、それで。

生姜でいただく。旨いなぁ。酒は「秘密の静岡割り」に行きましょう。所謂「緑茶割り」ですね。ツマミは勿論「静岡おでん」。よく分らないので、メニューの上から3つ。「黒はんぺん」に「卵」に「大根」。串に刺してあるのも、お約束。だし粉を振りかけて、と。美味しいぞ。

いかん。新幹線の時間が迫ってきた。静岡飲みは、またの機会に。ご馳走様。急いでコンビニに飛び込み、酒を買う怪しげなオヤジ。乗り越して京都とかまで行くなよ。。。

Img_3670 Img_3667 Img_3669

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦屋のカツ丼が好き! 鷺ノ宮「豊年屋」

2018/7/9(月)

倶楽部カツ丼。今日は鷺ノ宮駅界隈で。駅の北側を都立家政の方へ歩く。飲食店が並ぶエリア。その昔「鷺ノ宮 たつや」があった辺りと言えば、呑兵衛にはわかり易いか。その先に、目指す蕎麦屋「豊年屋」が。

丁度、昼時。ありゃ。満員か。店内は4人掛けのテーブル席が3つ。それに小上がりに4人掛けテーブルが2つ。辛うじて相席で、小上がりに入れてもらう。相席のオヤジは昼からビール飲んでる。良いなぁ。でも我慢。オーダは勿論「カツ丼」。

待つ事、暫し。来ました。写真は「カツ丼」も「おすまし」も蓋をとった後のもの。蓋つきで登場するカツ丼を食べるのは久しぶりだ。でも、まずは蕎麦から。このミニ蕎麦が侮れぬ旨さ。流石は人気蕎麦店。

そして満を持してカツ丼へ。グリンピースが載っているのも「昔の」カツ丼のお約束。では、まずカツをガブリ。少し甘めの蕎麦系出し汁で煮込んだカツ。しっかり味が沁みている。しかもカツは、脂身のある豚肉。健康に悪かろうが、カツ丼とはこういうモノだ(笑)。

ワカメのおすましには、ナルトまで入っている。オールドスタイル。いや~。すっかり蕎麦屋のカツ丼を満喫してしまった。970円と少し値は張るが、それ以上の価値あり。「これぞカツ丼」という逸品であった。。。

Img_2734 Img_2732

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しっかりとバンド練習 新中野「もんし」

2018/7/8(日)

約1か月ぶりのバンド練習。今日も暑いな。楽器担いで中野の街を移動。途中「火群」の前を通過。「6月末で閉店」の貼り紙。中をのぞくと、もう原状回復が進んでいて、店の面影はない。オフィスになるんだとか。寂しいが仕方がない・・・

Img_3645

10月のライブ本番に向けて、本日も4人全員が揃っての練習。本番に間に合うのか。一応は新曲はなく、これまで演奏してきた曲ばかり。それでもな。自主練、自主練。

3時間ほど、みっちりと練習。結構疲れたぞ。反省会行くべ。何時もの新中野「もんし」。無事にお気に入りのテーブル席に座れた。まずは生ビールをグビッとな。ああ。生き返る思い。やっぱり夏は生ビールですな。

と言いながら途中からホッピーに移行。結局17時から20時過ぎまで飲んだか。今日は結構、飲み食いしたな。明日から新しい週が始まる。早く帰らねば。。。

Img_3653 Img_3654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「看板建築展」(江戸東京たてもの園)

2018/7/7(土)

3月から小金井公園の「江戸東京たてもの園」で「看板建築展」をやっていた。6月に藤森照信氏の記念講演会があるので、その時一緒に見ようと思っていた。ところが往復はがきで、まさかの落選通知。が~ん。もう見なくて良いか、と不貞腐れる・・・

でも会期末の土曜日。「やっぱり展示くらいは見ておかないと」と急遽出撃。交通費を浮かすために、花小金井駅からトボトボと歩く。暑い。でも、西日本は大雨で大変な被害になっている。これ位で文句を言っていては、いかん。

関東大震災で灰燼に帰した東京の街。震災後に近代的な街並みに変貌。その町並みの中で、真っ平らな表面に銅板やタイルなどが張られた木造の商店建築が数多く建てられた。それが「看板建築」。

展示は関東大震災の被害状況の展示から。お~。何と、毎日見慣れている「ニコライ堂」のドームや鐘楼が崩落している写真。こちらは倒壊した「日本橋丸善」の写真。更には被災後の「万世橋駅」周辺の写真も。どれも身近な場所だけに被害の大きさを改めて実感。

復興後のバラックを描いた今和次郎のスケッチも展示。こうした復興の動きのなかで、建築、特に商店をどうデザインしていくのかという動き。その中から「看板建築」が誕生し、広がっていったと。なるほど。

写真などによる「看板建築」の実例の展示。そうだよね。靖国通り沿いの小川町~神保町~九段の辺りは、看板建築がつい最近まで軒を連ねていた。気が付くと今は、ドンドン建て直されていって、失われているけど。もっとマメに見に行って、写真とかで残さんと。

「看板建築」は東京から地方都市への伝播していった。青梅市、川越市、石岡市、三島市の実例などなど。ん。この川越の看板建築の建物(「手打ちそば百丈」)で、家族で蕎麦食ったことがあるな。そうか。あの建物も貴重であったか。

Img_3619 Img_3623

「江戸東京たてもの園」の良い所は、古い建物を移築してきて、実物を見られる事。展示室から外に出れば、東ゾーンの「村上精華堂」も「武居三省堂」「丸二商店」も、なるほど「看板建築」の実物だ。いや~。勉強になりました。

Img_3624 Img_3638

本当は田無辺りで一杯飲んで帰りたいところ。でも19時から自治体の盆踊り大会の打合せがあるのだよ(涙)。。。

【追記】中野が誇る居酒屋「らんまん」も看板建築

Img_3650

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハナキンに一杯! 沼袋「庶民」

2018/7/6(金)

ようやく週末に辿り着いた。「ハナキン」も最早死語だが、金曜日の夜は気持ち的に楽だ。特に土曜日に予定がなければ、金曜の夜にうだうだ飲んで、土曜日の朝は寝坊すればよい。雨が降っているが、どこかで一杯飲んで帰ろう。

久しぶりに沼袋の「庶民」に顔を出す。マスタが遠くの調理場から大声で出迎えてくれる。黒ホッピーを頼むと、キープボトルを出してくれた。随分久しく顔を出していないのに、ボトルを取っておいてくれたとはアリガタイ。

ツマミは久々に「干し豆腐」から。このニンニクの効いた味付けがたまらん。やっぱり中華飲みは良いなぁ。続いてもマイ定番の「レバーの唐揚げ」を。このカリカリに揚がったレバの美味しいこと。やっぱり「庶民」は名店だな。

何と最後に「天津焼きそば」を頼むとは、随分大きくでたものだ。見よ、この威容。最近少食だが(本当か? 笑)、食べきれるのかいな。仄かなセロリの味が隠し味か。本を読みながら焼きそば食って酒を飲む金曜日。至福の時じゃ。。。

Img_3613 Img_3615 Img_3617

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青山の街を散策・・・

2018/7/5(木)

会社を出て、地下鉄で表参道へ。どうも昔から、このエリアは苦手。お洒落とは真逆の人生だったからね。80年代初頭に「ボートハウス」のトレーナとかが流行ったけど、全く無縁。青学のネーチャンと付き合う、なんて夢のまた夢だった・・・

表参道の交差点脇に、壁面にペイントのある不思議なビル。これが本屋なんですね。「山陽堂書店」。120年の歴史を持つ老舗。入ると1階にレジと雑誌。半地下と中二階(?)に書籍。その上はギャラリーになっている。

ギャラリーでは今日から「安西水丸個展 七夕の夜⑧」が始まった。水丸画伯の絵を見るのは久しぶり。何ともいえぬ独特の感じ。今回は色鉛筆画が多い。最初に水丸画伯と出会ったには、村上春樹の挿絵であったか? もう30年も前の事だ。

Img_3578 Img_3579 Img_3580

山陽堂を出て、水丸画伯つながりでもう一軒ギャラリーに寄る事に。南青山の住宅街っぽいエリアを進む。打ちっぱなしコンクリの、お洒落な建物が多い。何屋なんだか、自分には判らない店が並ぶ。

ありました。「SPACE YUI」。ここでも水丸画伯の個展「MIZUMARU SIMPLE」を開催中。こちらは、先程の山陽堂に比べると、少し大きめのリトとかもある。このポパイを描いた「ドーナッツ」とか、好きだなぁ。

両方の個展とも、絵に値段がついている。大体3~4万円。清水から飛び降りれば買えない金額でもないが、買っても家で飾るスペースがない。豚に真珠だな。絵は一期一会。こうして、ふらっと散策して絵に出会って、感動すれば良いのさ(負け惜しみ)。

さて。後は、行きつけの店でビール。とか出来れば良いのだろうが、生憎このエリアには全く縁がないし、財力もない。家に帰って発泡酒や安い焼酎を飲むのがお似合いだぞ、酒飲みオヤジ。。。

Img_3581 Img_3583

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さかえ通りを回避して 高田馬場「浦野屋てるてる」

2018/7/4(水)

午後からビッグサイトへ。途中、新橋で遅い昼飯。この街でランチというと、やはり「かつや」でしょうか。でも最近「カツ丼」食べ過ぎなのと、遠征で軍資金も乏しい。季節限定「肉盛りチキンカツ丼」は回避して、ランチの「ソースカツ丼」に日和る。ワンコインで豚汁付。

ビッグサイトは文具や雑貨の展示イベント。超大手メーカーから海外のメーカーまで。有象無象のブースが並ぶ。これが文具・雑貨業界の縮図なんだろうね。定番商品はコモディティ化して超安値、どこで差別化を図るかと。難しい業界だ。

割と早く解放される。書店に寄って帰りましょう。ブラブラと有明コロシアム方面へ。ここは入った事がないな。我々の世代では、田コロ(田園コロシアム)がまだあったし、代々木の体育館とかでもテニスの試合をよくやっていた。30年以上前だからな・・・

Img_3563 Img_3564 Img_3565

路線バスに乗り込み、木場方面へ。このイトーヨーカ堂の中に「紀伊國屋書店」があるはず。ようやく初訪問。2月に見た川崎の店と同じ、ファミリー層狙いの店。繁華街でなくても、川崎とか豊洲のマンションがうじゃうじゃ建っているエリアなら商売できるという事か。

Img_3566 Img_3567 Img_3569 Img_3570

さて。今日も暑かった。どこかで喉を潤そう。木場の店は知らないな。「河本」とか名店もあるのだろうが、土地勘がないので探すのも無理。東西線に乗り込んで、高田馬場まで移動。何処へ行こう。

昔なら迷わず「鳥やす」だったんだが。さかえ通りは回避かな。最近は次男もこの辺りに出没しておる。飲み屋でバッタリ、は避けたいよね(笑)。早稲田通りを小滝橋方面に10分ほど進む。久々に「浦野屋てるてる」へ。カウンタに無事、陣取る。黒ホッピー。

「秋元屋」を独立した「ひなた」。そこからの更に独立、だから秋元屋第三世代ですかね。「キャベツ味噌」を齧りながら作戦を考える。「ひなた」お得意の「パテ」系とか「アヒージョ」とかもあるが、今日はパスだな。

「アンチョビポテト」をチョイス。じゃがいもを素揚げして、アンチョビソースを絡め、パセリをふった一品。これで250円は安いな。今日も軽飲み。焼き物に行きましょう。いちいち種類と味を指定するまでもなかろう。「おまかせ6点盛り」で。

へ~。ちゃんと「塩」「タレ」「味噌」の味付けで2本ずつで出してくれるんだ。普通「お任せ」だと、「たれ」か「塩」の2択で全部一緒。良心的だ。ここの「味噌」初めて食べるかも。結構イケてますね。ご馳走様。勘定は1,910円。さて。ハシゴしないで帰りましょう。。。

Img_3577 Img_3573 Img_3572 Img_3576

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«スワローズ応援居酒屋でランチ 中野「燕屋」