企画展「8時だョ! 全員集合」(杉並区郷土博物館分館)

2017/12/10(日)

若い衆はご存じないだろうが昔、「8時だョ! 全員集合」というお化け番組があった。土曜日の20時からというゴールデンタイムに、視聴率40~50%というトンデモナイ人気。PTA(これも死語か 笑)に毛嫌いされたが、我々子供は欠かさず見たもんじゃ。

出演するは、いかりや長介率いるザ・ドリフターズ。ドリフも、長さんも荒井注も亡くなり、加藤茶もボケ老人(?)。高木ブーがウクレレで気を吐いているか。志村けんよりも、その前の荒井注の時代の方が、自分はよく見ていたな。

そんなお化け番組は公開放送で、毎週首都圏のホールをあちこち使って収録していた。杉並公会堂(といっても、今の前のボロかった時代)で、昭和45年8月8日に収録があった。その時の資料などを中心とした企画展がひっそりと公開されている。

会場は「杉並区郷土博物館分館」。荻窪駅から教会通りを抜けて住宅地に入った一角。その昔、今は暗渠になっている桃園川の源流を探す散歩をした時に、最後に辿り着いた公園だ。確かに、杉並公会堂と近いので、その縁でしょうか。

今回の展示は入場無料。2階の展示室は大盛況。しまった、会期末ではなく、もっと早く来ればよかった。ドリフ系のBGMを聞きながら、会場へ。まずは入口のパネルで歴史の確認。「全員集合」は1969年10月から1985年9月まで放映していたと。我々の青春そのもの。

「全員集合」の番組前半の20分位は、舞台一杯に大きなセットを建ててのコント。展示室内壁面には、毎週の舞台デザインの設計図面の数々と実際の舞台写真。どうやって家自体が倒れたり、早替わりしたり、壁抜けしたりするのか。その仕掛けが、今明かされる。

展示室の一番奥には、杉並公会堂の当時の模様と、実際にどのように「全員集合」が放映されたのかの解説コーナ。そうか。前の杉並公会堂は、オーケストラピットとかもある本格的なホールだったのだな。

会場中央のモニタでは、「全員集合」のビデオ上映。見に来た人は皆、楽しそうに、懐かしそうに見入っている。自分も20分ほど、しっかり見てしまった。やっぱり、パワーがあったよね、ドリフ。

入口付近には「ひげダンス」の手書き楽譜なども展示。それ程大規模な展示ではなかったが、大満足。大量生産・大量消費の時代だったので、当時の資料というのは映像も紙も、余り残されていないらしい。いや~。懐かしかったぞ!

Img_1289 Img_1290 Img_1286 Img_1295

帰りに教会通りまで戻ってきて、遅いランチ。教会通り中程にある「やしろ食堂」に入る。いかにもザ・昭和という雰囲気を色濃く残している店。こういう店があるのが、荻窪の奥の深い所。「ハンバーグ定食」を。昭和を味わい尽くした一日であった。。。

Img_1303 Img_1301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに焚火に参戦

2017/12/9(土)

最近すっかりご無沙汰で幽霊会員と化している異業種交流会。会社でも交流会でも影が薄いな、自分。どちらもフェイドアウト・モードかいな。年内最後の企画「焚火」があると聞いて、最後くらいは顔を出すかと重い腰をあげる。

異業種交流会の焚火というと、会場は大体「晴海埠頭」脇の公園だった。ところがあそこは、東京オリンピックの選手村作りで使えず。今回は「夢の島公園」で開催、と。そういえば15年以上前に、この辺りで会社のバーベキュー大会をやった朧げな記憶。

この公園にくると、まずは「第五福竜丸」にご挨拶。1954年にアメリカの水爆実験がビキニ環礁で行われた。その「死の灰」で被爆したマグロ漁船。流石に自分が生まれる前だが、子供の頃から話はよく聞いた。昔は、しっかり教育していたな。ゴジラの原点でもある。

さて、あとは焚火じゃ。「天狗舞」の濁り酒とチリの赤ワインなどを持参して参戦。昼から酒飲んでヘロヘロに酔っぱらう。帰りに居酒屋に寄り道しようと思ったが、無理であった。しかも、肝心の焚火の写真撮ってないし(涙)。。。

Img_1389 Img_1390

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度は豚の新規店 中野「幸運豚人」

2017/12/8(金)

昨日に引き続き「ブックファースト」。本日は中野店へ。こっちの店は六本木店同様に大改装し、先月リニューアル・オープン。リニューアル後、初めて来た。ほほ~。棚の向きからして違う。前は通路に沿った配列だったが、直角にふったか。

ビジネス書とか人文系は2Fにまとめた。エスカレータで2Fにあがった奥はカフェ「ノータ・ノーヴァ」。全体に暖色系の照明で、お洒落な感じ。でも、金曜の夜にしては客が少ないか。前の「あおい書店」の「ザ・昭和の書店」な感じが、自分は割と好きだったけどね・・・

Img_1377 Img_1380 Img_1382 Img_1378

さて。軽飲みですか。雨が結構降って来た。行ってみたい店があるが、入れるか。一度、早稲田通りまで出て東へ。中野駅北口の飲み屋街「ラーメンストリート」に、何時もとは逆側から入る。角のタワーマンションも完成したな。そのすぐ脇に目指す「幸運豚人」。

熟成肉で大人気の「ツイテル」が、和テイストの2号店に続いて出したのが豚肉系のここ。先月オープン。厨房をかこむコの字のカウンタに、テーブル席が3~4つ。辛うじてカウンタ席の一角に入れた。雨が降って寒いが「とりあえず生ビール」。昭和のオヤジ。

オヤジらしく「ポテサラ」を頼んだら、全く想像していない一品が出てきた。何じゃ、このデザートみたいなのは。「2層になっていて、下は明太子味、上は水菜と山葵味です」と。スプーンで食べるのか。まぁ確かに「ポテサラ」だが、昭和のオヤジには似合わない(苦笑)。

メゲずに昭和系の「豚バラ肉のカリカリ揚げ」をオーダ。このB級テイストこそ、求めるものじゃ。ワイン下さい。「ヤマト豚と真紅のトマト煮」なる一品も。ほ~。塊肉かと思ったら、ツクネ状の肉なんですね。旨い。

「焼くのに時間がかかる」と聞いていたので、最初に頼んだ「豚ロースステーキ」が到着。塩と山葵で食べる、と。ステーキというイメージとは違うが、酒のつまみとしては十分旨いぞ。勘定は、当たり前だが何時もの居酒屋よりは少し高い。また何かの折に来よう。。。

Img_1383 Img_1385 Img_1386 Img_1388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠くの後輩を偲びつつ・・・ 高田馬場「木々屋」

2017/12/7(木)

思い出の地の一つ、高田馬場に降り立つ。この街に初めて来たのは、小学校高学年。毎週日曜日に中野から地下鉄で来て某所に通った。帰りに「週刊少年ジャンプ」を買って読むのがお約束。それ以来の長い付き合い。大学時代に、随分沢山飲みもした・・・

早稲田とは逆側に。まずは早稲田通り沿いを歩いて本屋に。「あおい書店」の経営が替わって「ブックファースト」に。ここの高田馬場店も8月に替わったと。どれ。確かに看板は架け替えられているが、店内は変わらんな。六本木店とかは大変身したのに。

Img_1367 Img_1368

さて。何時も通り「サカエ通り」で飲んでも良いのだが、あそこは思い出が多すぎて今日は近付きたくない。そうだ。山手線のホームから見えて気になっていた、あの店に行ってみよう。線路沿いを大久保方面に少し進む。

ありました、「木々屋」。もつ焼き屋だから「もくもくや」? それとも「きぎや」? どちらも違う。「はやしや」と読むらしい。池袋で何店舗か展開し、最近評判の店。先週、池袋でコンサート帰りに遅い時間に行っても入れなかった。今日は高田馬場店で、まずはお試し。

入口を入ると日本酒の一升瓶がズラリと並んでいる。中野の「アジノマチダヤ」から仕入れているとか。ほほ~。でも財政難の折、今日は(も)黒ホッピー。タイムサービスで「菜っ葉の煮浸し」がタダで出てきた。

メニューを拝見。焼き物も含めて、何時も行く店より少し高めの価格設定ですね。まずは「もつアラ煮」から。モツのいろいろな部位(切れっ端?)が入っている。生姜でいただく。優しい味。

今日は軽くお試し飲み。焼き物「盛り合せ4本」で。別皿で味噌と山葵が先着し、本隊が登場。成る程。1本のヴォリュームが大きい分、値段も何時も行く店たちの1.5倍から2倍なんですね。「タン」「カシラ」「シロ」に「レバ」でしょうか。

まずは「タン」にレモンを絞って、ガブリ。旨いな。他の3本も、ハイレベル。これは人気になる訳ですね。早い時間から、客がドンドン入ってくる。本当は自分も、更に揚げ物とかに行きたいのだけれども自重。

BGMは洋楽。でも知っている曲は、プリンス「バットダンス」とか、たまにしか掛からない。80年代後半から90年代か。お~。ブライアン・アダムスの「ストレイト・フロム・ザ・ハート」だ。一気に80年代に引き戻され、涙がこぼれ出る。

この週明けに訃報が。大学のサークルの一つ後輩が、自動車事故で亡くなった。何でまた。遠隔地なので葬儀には、かけつけられない。思い出の地の馬場で、静かに献杯。。。

Img_1370 Img_1373 Img_1374 Img_1376

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブック&カフェの一つの到達点 池袋「梟書茶房」

2017/12/6(水)

池袋駅西口から地下道でつながっている商業ビル「エソラ」。今年の6月に、ここに新しいブック&カフェがオープンしたと。結構行列ができる程の人気店との噂にしり込みするうちに、早や半年。そろそろ突入じゃ。

エスカレータで4Fに上がっていく。これか。暖色系の落ち着いた照明。思ったよりも大きな店だ。相変わらずの人気のようだが、辛うじて2人掛けのテーブル席に入れた。オーダは勿論、一番安いブレンド(笑)。店内は静かなギター音楽が流れている。

店の壁面、窓に向いたところにはカウンタ席。そのカウンタ席と席の間に本棚があって、そこに展示してある本は自由に席に持ってきて読めるようだ。店の中央には雑誌のラック棚。そうか、雑誌も読めるのか。

「梟ブレンド」は、普通の味かなぁ(笑)。この店は「ドトール」の菅野眞博と「かもめブックス」の柳下恭平が作った店だと。柳下さん選書の棚を拝見。ほほ~。ここは、音楽系の本棚ですね。知らない本もあって、楽しいぞ。

その中から『すごいジャズには理由がある』を手に取り、席に戻る。約1時間ほど、ジャズの勉強をしてしまった。確かに居心地が良い。結構、パスタとかケーキといった食べ物系を頼む人が多いのも気になる。居心地が良いので、長時間滞在型になるのかね。

これはブック&カフェの、現時点での一つの到達点なのかもしれない。でも、「本の魅力」はそう大きな変化が出せないだろうから、食べ物系の充実とイベントやグッズ販売が継続的な繁盛のためのポイントなのかもね。。。

Img_1242 Img_1243 Img_1245 Img_1249

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフィシャル忘年会で一献 新宿「玄海 本店」

2017/12/5(火)

今や唯一のオフィシャル忘年会。今年の会場は、新宿の「玄海 本店」。新宿駅から靖国通りをひたすら東に。昔あった厚生年金会館の方、といえばある程度以上の年配者には判るか。新宿2丁目とかの怪しげな界隈と、靖国通りを挟んだ北側。

おい。店前に打ち水がしてある。高級そうだ。勘定係も仰せつかっているが、大丈夫かいな。店に入り、三和土のところで作法も判らずオタオタする怪しげなオヤジ。2階の個室に案内される。個室なのに、中庭がある。

基本は「水たき」の店と聞いていた。鶏料理のコース。先付けの「とりせんべい」に続いて、「鶏ささみのお造り」。そして「水たき」が登場。物凄く濃厚な白濁したスープ。その中で煮込まれた「骨付き肉」と「つくね」。そうか。本物の「水たき」とは、こういうモノなのか。

焼き物の「伊達鶏の黄金焼き」まで出て、最後はお約束の「雑炊」。デザートに「抹茶アイス」まで食べてしまった。酒もビールに日本酒(「獺祭」!)に焼酎(三岳」)と飲んだしなぁ。勘定は大丈夫かいな・・・

カードが使えて良かった(涙)。毒気を抜かれて、寄り道せずに帰路に。。。

Img_1366 Img_1365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後の鰻かな・・・ 中井「くりから」

2017/12/4(月)

そういえば、土用の丑の日前後に食べたっきり、鰻を食べていない。先週の大散財は見ないふりをして、鰻を食べちゃうかな。と向かったのは中井。駅の地下通路を使って北側に出ると、山手通りの高架下が更に綺麗に整備されている。新宿区、金あるな。

「くりから」に先客は3~4人程。マスタに軽くご挨拶。黒ホッピーをもらい、何時も通り「くりから焼」と「きも焼」からスタート。あ~。何時もながら「くりから焼」食べると、「鰻食べてるぞ」とテンションが上がる。そして「きも焼」の苦み。苦みが判る男(オヤジ)。

でも財布の中身を考えると、贅沢はできない。「きゃべつ」をもらって齧りながら、最後の作戦を考える。気が付けば、店内はほぼ満員だ。最後に一つだけ空いていた、すぐ隣の席に男性が。おやSさん。お久しぶりです。これは奇遇。

「弐ノ十」とかではたまに会うが、「くりから」で会うのは珍しい。Sさんと近況を情報交換。最後に「ヒレゴボウ」と「短冊」。好きなんだよね、この牛蒡を巻いた逸品。「短冊」はニンニクを回避してタレ。最近、ニンニク食べ過ぎて、家で不興をかっているので。

Sさん、お先に失礼します。また年内に、どこかの飲み屋で会えると良いですね。。。

Img_1358 Img_1359 Img_1363

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「1968年-無数の問いの噴出の時代-」(国立歴史民俗博物館)

2017/12/3(日)

歴史民俗博物館で企画展示「1968年」をやっている。佐倉は遠い。でも、あの時代を振り返る貴重な機会。どのみち夕方は錦糸町へ行かねばならぬ。朝から出撃して、京成線を駆使して佐倉まで。駅から歩いて15分ほど。昔の佐倉城の城跡の一角に建っている。

ここに来たのは25年以上ぶりでは。あの当時は、会社の職場単位で「旅行」があった。その年は外房の何処かで泊まって宴会。帰りに、好事家の諸先輩が寄り道をするというので御供。佐倉まで移動して、川村美術館と歴博をみた朧げな記憶。

まず企画展示「1968年」から。第一部は「『平和と民主主義』・経済成長への問い」。戦後の奇跡の高度経済成長。しかし光がある所には陰がある。日本の復興の足掛かりとなったのは朝鮮戦争。そして1960年代半ば。日本は米軍の「戦争」の前線基地だった。

泥沼化するベトナム戦争に対して、日本でも反戦運動が盛り上がる。「ベ平連」(=「ベトナムに平和を!市民連合」)の誕生・活動が、展示資料を通じて「今」の我々に語りかけている。小田実、鶴見俊輔、「ティーチイン」「反戦フォークゲリラ」などなど。

そして更に展示は、高度経済成長のもとに切り捨てられようとしていた弱者にも光をあてる。今の成田空港を無理やり作る国の動きと、それに反対する「三里塚闘争」。企業のエゴから重大な健康被害を出した「水俣病」。

展示室が替わって第二部は「大学という場からの問い 全共闘運動の展開」。反戦運動とも共鳴しつつ、世界的な広がりをみせた学生運動。60年代後半の「あの時代」に、日大や東大をはじめとする各大学で、何が主張され何が起こったのか。今にも「問う」こと多し。

一方であの時代は、カウンターカルチャーが花開いた時代。映画、演劇、「ガロ」とかの漫画、週刊少年漫画誌などなども展示されている。当時の社会情勢の中で、大学生たちは何を考え、どういう生活をしていたのか。そして行きつく先の安田講堂・・・

自分は60年代後半は、まだ小学校の低学年。だから、テレビなどで見る事件や出来事、新宿などの街角で出会う若者たちの朧げな記憶しかない。それでも騒然とした、そして高度経済成長が終わるという歴史の潮目だけは感じていた。貴重な記録の企画展示!

Img_1340 Img_1343 Img_1342

折角来たので、常設展示も。「原始・古代」はリニューアル中で閉鎖。「中世」から「現代」まで順番に見て行く。自分は地理の人で、歴史は苦手だったなぁ、と改めて実感。それでも歴博は「民俗」が組み込まれている展示が面白い。

企画展「国立公園 今昔」。お~、ペナントだ。若い衆は知らんだろうが、昔は観光に行ったら必ずこれを買ったもんじゃ(遠い目)。最後の「現代」も面白い。「団地」の部屋の展示に学校給食のソフト麺。昔のCMコーナは20分位見入ってしまった。最後は「ゴジラ」。

Img_1344 Img_1347 Img_1348 Img_1349

いや~。20年以上前に来た時よりも、断然見応え十分。それだけ大人(オヤジ)になったという事だ。気が付けば14時過ぎ。予想外に、観るだけで3時間も使ってしまった。いかん。16時から錦糸町で次男の合唱を聴くのであった。走れメロス。

「トリフォニーホール」に16時直前に滑り込む。危ない所であった。合唱は大学の校歌とサークル歌から始まり、黒人霊歌にショスタコの合唱曲。寺山修司の詩に曲をつけたのも歌った。最後は外連味たっぷりに「東海道四谷怪談」。

Img_1352 Img_1353

次男が何を好き好んで男声合唱サークルに入ったのかはいまだに謎。だが4年生なので、これで一応の区切り。もう聴けないか、と思うと寂しくもある。帰りに家族で、新宿の中華「唐苑酒楼」で晩飯。「干し豆腐の和え物」と「上海焼きそば」が好評であった。。。

Img_1354 Img_1355 Img_1356

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本酒を死ぬほど飲んで・・・ 市ヶ谷「蕎麦しおさい」

2017/12/2(土)

年末恒例の蕎麦屋での忘年会。今年は主催者のJAZZ研部長が2~3週間ほど出稼ぎ労働に行かれて、開催が危ぶまれていた。が、何とか金曜日に一区切りついた、との事。予定通り、本日開催となった。

今年の会場は、市ヶ谷から牛込神楽坂の方に坂を上っていった処にある「蕎麦しおさい」。流石は蕎麦ブログもやっているJAZZ研部長。よく店をご存じだ。17時スタート。少し早く着いたので、途中にある「DNPプラザ」に寄り道。

ここは前はデジタル絵本とかを展示していたが、今年の10月にリニューアル。日本のアニメ文化を発信する拠点「東京アニメセンター」に生まれ変わった。どれどれ。う~ん。ピンとこないな。まぁ、これからですかね・・・

Img_1319 Img_1316 Img_1317 Img_1313

17時前に店に到着。一番乗り。え。今日は7人で店を貸切ですか。調理場前のカウンタには日本酒の一升瓶がずらり。これは、今日は高くつきそうだ。腹をくくって飲むしかないな。全員揃ったところで、まず「ハートランド」で乾杯。

様々な前菜が載った皿が楽しい。「あん肝」「蕎麦味噌」「銀杏」など、酒飲み心をくすぐる一品の数々。そして、ここから怒涛の日本酒タイム。今日は熱燗向きの酒が多いようだ。質より量のオヤジは、出された酒をひたすら空けるのみ。

Img_1322 Img_1324 Img_1327 Img_1331

料理はコース。「天麩羅」も「刺身」も出た。「生牡蠣」も食ったか。ヘロヘロに酔っぱらって、最後の「蕎麦」に行きついた時には、大酔っ払い。それでも「蕎麦」が2種類出たのは、何となく覚えている。「蕎麦搔のぜんざい」も。美味しかった。でも「何とかに真珠」かもね。

Img_1333 Img_1334 Img_1335 Img_1337

JAZZ研部長は長期の出稼ぎ労働後なので、今日はもう少し飲みたいようだ。先程の会は、近年稀にみる高額の割勘だったが、仕方がない。お付き合いせねば。どうやって移動したのか記憶にないが、気が付けば田無の「一国」へ。

21時過ぎだったので、カウンタが空いていた。二人で並んで入って行くと、マスタに「お二人は知り合いだったんですか」と驚かれる。この店に来るときは、お互い単独行動が多いからね。更に黒ホッピー。よく家に帰れたな。。。

Img_1338

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静岡おでんも登場! 都立家政「竹よし」

2017/12/1(金)

いよいよ12月に突入。日経新聞の「私の履歴書」欄も人が変わり、今月は何と江夏豊が登場。阪神の大エース。トレードされリリーフにまわり、日本シリーズでの「江夏の21球」。若い衆は知らんだろうが、数々の伝説を持った人なのだよ。いや~。今月は、楽しみだ。

と昔の話を思い出していたら、居ても立っても居られない。そうだ。阪神ファンの「竹よし」マスタにも、ご注進せねば。急ぎ都立家政に向かう。19時前後に「竹よし」に到着。先客は一人。カウンタに陣取る。

何時も通り「刺身盛り合わせ」小盛と冷酒「高清水」でスタート。今日は鮪・平目・鰹に海老ですね。この鮪、少し変わった部位なのかな。色は薄目だが、やけに旨いな。やっぱり「竹よし」の魚は美味しい。

程なくチクちゃんも登場。何と今日は、チクちゃんの故郷の「静岡おでん」を作ってきた、と。大根に卵に黒はんぺん。大根は水曜日から下茹でした、とか。手間がかかっている。出汁も、いいですね。これにはビールか。いや、旨い。

マスタは江夏の切り抜きを凄く喜んでくれた。ひとしきり野球談議など。酒が進む。何とマスタは「ちょっと甘いものも食べたくなって作った」という自家製羊羹まで出してきた。では、一切いただきましょう。甘いものも大丈夫だからデブなんだが。夜は更けていった。。。

Img_1275 Img_1280 Img_1277

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«さらなる試練か・・・ 秋葉原「かつや」