« 銀座で一献 銀座一丁目「過門香」 | トップページ | 「日本写真の1968」展(東京都写真美術館) »

芝刈り反省会 東伏見「鳥金」

2013/7/6(土)

案の定、絵に書いたような二日酔い。これで酷暑の中、終日芝刈りで体が持つのか自分。ペットボトルを山のように購入して、水分補強をしてなんとか乗り切る。いやぁ死ぬかと思った。反省会に軽く寄りますか。

車で乗せてきてもらって保谷。この駅には馴染みの店はない。さて、どこに行くか。一瞬、田無「一国」かと思ったが、保谷は意外と東寄り(都心寄り)にあるんですね。目の前にローカルなミニバスが来たので乗り込む。東伏見行きで、運賃百円。丁度よい。

東伏見といえば「鳥金」でしょうか。駅の南側に廻りこんで、赤い鳥居をくぐって線路沿いに進む。見えてきました赤提灯。今晩は。無事、カウンタに収容される。黒ホッピー下さい。

つまみは、ホワイトボードのお奨めメニューから「鳥ときのこのトマト煮」をチョイス。作り置きなのですぐ出てきた。これがイイ感じに味が沁みていて旨い。やっぱり料理は、すぐ食べるのも良いけど、ある程度時間が経った方が美味しい場合も多い。

久しぶりに、ここの「煮込み」もいきましょう。ここのは大と小が選べるが、今日は小で。さっぱりした絹豆腐と煮込みの組み合わせの妙、ですね。

ここに来ると「チキンカツ」を頼むことが多いのだけど、今日は「トリカラ」。これがボリュームがあり、かつ絶妙の味付け。この店、何を頼んでも美味しいぞ。だから今日も、ほぼ満員の盛況。家族経営のあたたかい店。何時までも続いて欲しい店だ。

ようやく酒がまわって、芝刈りの疲労が薄れてきた。しかし流石に今からハシゴは無理。本当は都立家政「弐ノ十」が今日で3周年なんだけど。また今度、あらためて顔を出すこととしよう。大人しく帰路に。。。

Dscn9749 Dscn9752 Dscn9750

|

« 銀座で一献 銀座一丁目「過門香」 | トップページ | 「日本写真の1968」展(東京都写真美術館) »

居酒屋・西部」カテゴリの記事

コメント

こっちは仕事だというのに・・・

投稿: DW | 2013年7月13日 (土) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/57740408

この記事へのトラックバック一覧です: 芝刈り反省会 東伏見「鳥金」:

« 銀座で一献 銀座一丁目「過門香」 | トップページ | 「日本写真の1968」展(東京都写真美術館) »