« そろそろ年末挨拶回り 中野「火群」 | トップページ | オムライスでランチ 中野「kurumari」 »

年末恒例の大忘年会 田無「ほしの」

2013/12/21(土)

この忘年会は何の集まりなのだろうか? と毎年思う気がする。西武線沿線会? JAZZ研忘年会? いずれにしても、そんなに中心メンバーに変わりがない。要はメンバーを拡大して、飲むということだ。

むしろ、その会場の方が重要なのか。毎年、この日にしか来ない田無「ほしの」。田無といっても、田無駅とひばりが丘の中間位。完全予約制で、一日に1~2組しか客を入れない。蕎麦メインのコース料理。名店である。

18時に宴会スタート。ハートランドで乾杯。揚げ蕎麦をつまみながら談笑。今年は8名ですか。さて、日本酒に切り替えましょう。まず女将が出してくれたのは「庭のうぐいす」。福岡は久留米の酒。すっきりとした飲み口。

先付の皿が2度に分けて登場。一品一品に心がこもっている。「ウズラ卵のピータン」とか「くわいの素揚げ」とか。日本酒が進む。神奈川の酒に千葉の酒。来るものは拒まず。

「風呂吹き大根」は上に乗っている豚肉がイイ味を出している。「胡麻豆腐」を挟み、温かい蕎麦の小鉢で一息。大分お腹が一杯になってきたし、酔いも廻ってきたぞ。

でもここから、怒涛の大物が次々登場。焼き魚に小鍋仕立てに。そしてお約束の巨大な海老の天麩羅。何とか最後の「ぶっかけ蕎麦」まで行きついた。辛み大根がきいている。去年も同じことを思ったな。

18時から始まった宴会は、終わったら21時半過ぎ。これだけのコース料理を女将一人で切り盛りして、合間にありったけの地酒を次々に出してくれて、勘定は一人5千円程。ホンマかいな。今年もご馳走になりました。

でも、さすがに女将一人で切り盛りするのは年々辛くなってきたようだ。そろそろ店仕舞を考えている、とか。我々の貴重な場所が、また一つなくなってしまうのか。。。

Dscn0996 Dscn0995 Dscn0997

Dscn0999 Dscn1001 Dscn1002

Dscn1003 Dscn1006 Dscn1008

|

« そろそろ年末挨拶回り 中野「火群」 | トップページ | オムライスでランチ 中野「kurumari」 »

居酒屋・西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/58792987

この記事へのトラックバック一覧です: 年末恒例の大忘年会 田無「ほしの」:

« そろそろ年末挨拶回り 中野「火群」 | トップページ | オムライスでランチ 中野「kurumari」 »