« 最後にもう一軒寄って自爆 新秋津「サラリーマン」 | トップページ | 遠征帰りに一息 都立家政「竹よし」 »

久々に池袋線方面へ 桜台「秋元屋」

2014/8/29(金)

夕方、東京駅近辺で仕事が終わる。そのまま丸の内線に乗り込み池袋に移動。池袋に来るのは久しぶりだ。リブロに顔を出す。1Fのエスカレータを上がったところで「復活 早川書店フェア」をやっている。

若かりし頃。大学生。自分が「本」好きというより「本屋」好きという事に気が付いた。で就職を考えた時に、「本屋も良いな」と思って読んだのが『ぼくは本屋のおやじさん』(早川義夫/晶文社)。もっともこの本は「就職しないで生きるには」シリーズの一冊なのだが(笑)。

結局自分は今の会社に拾ってもらい、相変わらず本屋巡りをしている。早川書店は惜しまれながら閉店してしまったが、今回フェアで復活するということで見に来たのだよ。なるほど、という本のセレクション。小ぢんまりしているが、心地よい空間だ。

さて日も暮れてきた。折角だから西武池袋線沿線で一杯やりますか。各停に乗り込んで桜台駅に降り立つ。「秋元屋」桜台店。お久しぶりです。無事カウンタに陣取る。黒ホッピー下さい。ここではデフォルトでシャリキンが出てくるのがお約束。

店のスタッフは、ほぼ知った顔ぶれ。何だ。野方の本店よりこっちの方が顔馴染みが多いじゃん。まずは「煮込み」を卵入りで。「秋元屋」の普通の煮込みを食べるのは随分久しぶりだ。旨いじゃないですか。

焼き物にいきましょう。まず「ハムステーキ」から。ベーコンに近い感じ。イイね。ナカを今度は氷入りでもらう。「カシラ」「ナンコツ」といった自分定番をドンドン頼む。ミウラさんの安定した「焼き」を久々に堪能。やっぱ美味しいなぁ。。。

Dscn2641 Dscn2643 Dscn2645

|

« 最後にもう一軒寄って自爆 新秋津「サラリーマン」 | トップページ | 遠征帰りに一息 都立家政「竹よし」 »

居酒屋・西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/60236348

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に池袋線方面へ 桜台「秋元屋」:

« 最後にもう一軒寄って自爆 新秋津「サラリーマン」 | トップページ | 遠征帰りに一息 都立家政「竹よし」 »