« 妙法寺へお詣り | トップページ | 節約・節制せよと神様が・・・ 中井「ぺいざん」 »

川越に新商業施設が登場

2015/3/22(日)

風の噂に川越に新しい商業施設ができた、と。天気も良いので、少し足を伸ばして行ってみますか。JR川越駅から西側。駅のこちら側は、あまり来たことがないなぁ。3~5分ほど歩いて、大きな施設が見えてきた。あれですかね。

施設全体は「ウェスタ川越」。大ホールをはじめとした公共施設と、商業施設の複合体のようだ。まだ公共施設部分は未完成。商業施設部分の「ウニクス川越」のみ、10日ほど前にオープンした。ブラスバンドの演奏会で盛り上がっている。

「ウニクス川越」の1F部分のメインはスーパーの「ヤオコー」。少しお洒落な造りですね。あとは「モス」とか「サーティーワン」「ポポラマーマ」といった飲食系。でも、もう昼飯は食ってきたし。エスカレータで2Fに上る。

見慣れない本屋発見。「T's Books」。100坪位の大きさか。暖色系の落ち着いた感じの照明。ファミリー層を意識した店造りなんですかね。まざまずの客の入り。隣に「タリーズ」が併設されていてブック&カフェ。ガラスのフェンスで仕切られている。

ガラスのフェンスの両端が出入り口になっている。何々。「本は2冊まで持ち込めます」「雑誌・コミックスの持ち込みは遠慮ください」「持ち込んだ本は棚に戻さず、返却籠を利用ください」。結構運用で試行錯誤しているようだ。

では「タリーズ」でコーヒー飲んでみますか。ガラス越しに書店の店内の様子が見えるのが、不思議な感じ。もちろん「タリーズ」内にもカフェ関係の雑誌が飾ってあったりするのだが。ブック&カフェとして、運営できるのかのテストなのかなぁ・・・

Dscn3979 Dscn3978

商業施設を出て、ついでにもう一軒、本屋に寄っていこう。歩くと結構ありそうだが。昨日も結構歩いたぞ。大丈夫か、自分。30分程歩いて、見えてきました書店・ワンダーグーの入ったショッピングセンター。ここが出来た時に来たから、2年ぶりくらいか。

何でもこの本屋、最近リニューアルしたらしい。どれどれ。お~。文具売り場が巨大になっている。あと小部屋を作ってコーナー化する「なんちゃって代官山」方式だったのが、フラットな巨大書店に変わっている。

でもね。奥にあった「なんちゃってアニメイト」みたいな売り場もなくなったし、全体に尖がった感じが薄れ「普通化」した印象。自分としては尖がった店の方が面白いんだが。まぁ何時も来るお客さんを考えての改装なんだろう。

Dscn3982 Dscn3983

帰りは川越市駅を目指す。途中、バイパスに出る。あ。吉田謙受堂バイパス店が閉店している。昨年の12月に閉めた、と。郊外型書店のハシリのような店だったが。流石に近くに大型書店ができると、対抗できなかったか・・・

Dscn3984 Dscn3985

前に来た時は物凄く歩いた気がしたが、今回はすんなり15分程で駅に着く。前回、死ぬほど遠回りしたのかも。行きつけの居酒屋「大」の前を通り掛かったが我慢。今日も休肝日。健康と財政の両面から。辛い日々の始まりだ。。。

|

« 妙法寺へお詣り | トップページ | 節約・節制せよと神様が・・・ 中井「ぺいざん」 »

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/61335772

この記事へのトラックバック一覧です: 川越に新商業施設が登場:

« 妙法寺へお詣り | トップページ | 節約・節制せよと神様が・・・ 中井「ぺいざん」 »