« ポルトガル料理でワイン 中野「清浄」 | トップページ | 朝カレーで元気に? 中野「松屋」 »

茂原方面へ遠征

2015/4/11(土)

電車を乗り継ぎ、外房線・茂原駅に降り立ったのは11時過ぎ。一体、この駅に来るのは何年振りだろうか。何だか妙に小奇麗になったな。

大学時代。所属していたサークルの春合宿は毎年、ここから海岸に出た白子で。九十九里の海辺で、皆で聴いたサザンの「Ya Ya(あの時代を忘れない)」。あの時に感じた「懐かしさ」から、更に30年以上の月日が経っている。やれやれ。

小雨の中をトボトボと歩き出す。目指すは「蔦屋書店茂原店」。15分ほど歩いて到着。これか。スーパー「カスミ」を中心とした商業集積の真ん中。400坪強の広さの書店は、真ん中にマガジン・ストリート。書籍は、各コーナーを小部屋風に仕切ったつくり。

去年出来た東松山店と、ほぼ同じ感じ。でも洗練度が上がってきている。高級文具も、CD・DVDもボリュームが丁度良くなってきた。児童書コーナでは読み聞かせイベント。午後にはミニ・ライブも予定されているようだ。認知をあげて集客を高める仕掛けの時期なのか。

Dscn4095 Dscn4090

蔦屋書店を出て、更に駅とは逆側に歩く。見えてきました「ワンダー・グー茂原店」。蔦屋書店の大型新規店を迎え撃って、どんな店になったのか。中央に巨大な文具売り場。キャラクター物も含め、この作りはワングーの最近の流行か。

入口付近にパン屋「アンティーク」がイートイン・コーナ併設で配置されている。愛知県発祥のパン屋で、銀座本店は毎日行列が絶えないらしい。この店も、レジ待ちのプチ行列状態。土産にバケット購入。前回、荻窪で食パン買ってリュックに入れたら潰れてた。学習したのだよ。

後はコスメコーナーにゲーム売場、レンタル。そうだよね。ワングーって、このコスメとかゲームの活気ある店造りが特徴だったよね。客が思った以上に入っている。こういう地方・郊外型の店では、巨大文具売り場やパン屋と本屋の組み合わせ、意外と集客効果高いな。

Dscn4098

昼飯も食わずに、電車に乗り込み千葉駅へ。ここの駅構内(?)に先日、リブロが新しい書店を出した、とか。何だ、千葉駅はまだ大規模改造工事の道半ばだ。この何処に出店したんだ、一体。

ようやく探し当てる。ガード下商店街「ペリエ千葉」の3つあるゾーンの内、少し離れた所にある「カーニバル」内の一角。50坪くらいの、雑誌と文庫・コミック中心の店だ。14時過ぎだが、結構客が入っている。確かにライバル書店は「そごう」とかのビルの上だから手頃なのかも。

Dscn4102 Dscn4101

外房まで行って、書店巡り。ちと疲れたぞ。軽く飲んで、帰りますか。ヨジアキで野方・秋元屋3号店を目指す。16時半過ぎに到着。先客は3人。思ったより空いてますね。黒ホッピーをもらい、「角煮」ハーフからそろりとスタート。「レバカツ」も行きましょう。

最後にマスタの焼き物。マスタ曰く「こっちの店の認知度が上がってくれば、すぐ満員になると思ったけど、なかなか客がこちらに来ない。本店は相変わらず満員なのに」と。確かに不思議ですね。

自分は、マスタ自らが焼いてくれるのだから、こっちの店の方が全然良いのだけど。秋元屋・本店は、もはや観光地化しているのか。「秋元屋・レジェンド」とか「俺の(が)秋元屋」とか、店名をかえるか、とマスタは自嘲気味に語る(笑)。また寄らせてもらいます。

Dscn4105 Dscn4107

更に田無で「一国」に顔を出し、ロッテ・ファンの某カップルと遭遇したか。「さっきまでJAZZ研部長がいましたよ」。げ。危なく遭遇して、ハシゴ酒がばれるところだった。。。

|

« ポルトガル料理でワイン 中野「清浄」 | トップページ | 朝カレーで元気に? 中野「松屋」 »

居酒屋・中野」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/61426848

この記事へのトラックバック一覧です: 茂原方面へ遠征:

« ポルトガル料理でワイン 中野「清浄」 | トップページ | 朝カレーで元気に? 中野「松屋」 »