« 池袋界隈で家族イベント  | トップページ | 「ピカソと20世紀美術」展(東京ステーションギャラリー) »

また世田谷方面に遠征 二子玉川「蔦屋家電」

2015/5/5(火)

先週の自由が丘に続き、今日は二子玉川方面に遠征という大それた計画。大丈夫かオヤジ。しかも「こどもの日」だぞ。不安が大きく、家人に付き添ってもらうことに。電車を乗り継ぎ、10時半に二子玉川駅駅に到着。

全く土地勘がない。右も左も判らない。多分、こっちか。お~。何だか、それらしい商業ゾーンに出た。「ライズ」。何段階かに別けての開発らしい。今回は、あの蔦谷書店が新業態「蔦谷家電」をオープンさせ、同時にシネコンとかもできたらしい。

これですか「蔦谷家電」。もっと家電量販店っぽいイメージでいたが、全然違った。代官山の蔦谷書店をベースに、生活提案の一環として各売り場で「家電」も扱うという感じか。何時間いても飽きないなぁ、これは。

1Fはスタバが入ってブック&カフェだが、2Fは飲食店があってビールとかも売っている。ビール飲むか、とオヤジは一瞬考えた。が、家人に止められる。そうだよね。後で「あのオヤジは昼から売り場でビール飲んでた」と色々な人に言われるのは目に見えている。

様々な切り口の売り場を見て回り、何故か電気髭剃りを購入。昼を過ぎて、ドンドン人が増えてきた。「世田谷ライフ」に全く縁のないオヤジは、退散ですね。

Dscn4346 Dscn4343 Dscn4340

Dscn4342 Dscn4333 Dscn4337

帰りに駅そばのビルに入っている「文教堂書店」、駅の逆側の高島屋に入っている「紀伊國屋書店」も拝見。どちらも大型店。駅ナカの「ブックファースト」を含めて、結構な書店激戦区。でも「蔦谷家電」はコンセプトが全く違う。そもそも、あれは書店なのか。。。

PS.後日、新聞を読んで驚いた。そうか。あの巨大な商業施設「ライズ」は、昔「遊園地」だった所なのか。あったよね「二子玉川園」。その後、ナムコ・ワンダーエッグ時代に一度行ったかも。しかし、昭和は遠くなりにけり・・・

|

« 池袋界隈で家族イベント  | トップページ | 「ピカソと20世紀美術」展(東京ステーションギャラリー) »

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/61559061

この記事へのトラックバック一覧です: また世田谷方面に遠征 二子玉川「蔦屋家電」:

« 池袋界隈で家族イベント  | トップページ | 「ピカソと20世紀美術」展(東京ステーションギャラリー) »