« 久しぶりに顔を出す 新井薬師「薬ちか」 | トップページ | プチ同窓会飲み 中野「馬関彩」 »

ここだけ時の流れが違う店 荻窪「煮込みや まる。」

2015/6/17(水)

会社を出て中央線に乗り込む。今日は久々に少し足を伸ばして、荻窪辺りに行ってみるか。荻窪駅に到着したのは18時過ぎ。今は雨は降っていないが、地面が濡れている。いかにも梅雨らしい夕暮れ時。南口に出て、とある路地に入っていく。

目指すは超人気店「煮込みや まる。」。古民家風の店舗にコのカウンタで10席ほど。カウンタの中は燗つけ器と煮込みの大鍋。何時も和装の女将が、一人で切り盛りしている。レトロなBGMと古時計。ここだけ時の流れが、外とは違う気がする。

最近は満員で入れないことが続いたが、今日はすんなり入れた。シャリキン・ホッピーをもらう。ここに来たら、まずは「煮込み」か。塩味の「煮込み」、醤油味の「肉豆腐」、みそ味の「牛スジ煮」とあるが、今日は「牛スジ煮」をチョイス。葱と薬味が入った木箱が出てくるのがお約束。旨い。

手書きの本日のメニューを物色。いろいろと惹かれるツマミが多い。「栃尾揚げ ネギと酒盗のチーズ焼き」にしてみよう。酒盗を使っているのがミソか。く~。日本酒にいきたくなるが自重。ここで日本酒飲み始めたら、歯止めがかかりそうもない。

最後に下町ハイボールと「とうもろこしの白和え」をもらう。この白和え、いかにも初夏の一品。ここのアテは本当に酒に合う。だから、女性を含めて常連客が多い。今日は雨も降っていなくて、オープンエアで気持ち良かった。また寄らせてもらいます。

小一時間の滞在で、すっかり良い気分になった。帰りに「こんなに飲食店が並ぶ路地に、何故本屋さんが」という立地の「あゆみブックス」にも顔を出す。ほ~。ブルータスの最新号の特集は「日曜美術館」か。買って、家でのんびり読みますか。。。

Dscn4624 Dscn4625 Dscn4627

|

« 久しぶりに顔を出す 新井薬師「薬ちか」 | トップページ | プチ同窓会飲み 中野「馬関彩」 »

居酒屋・西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/61759000

この記事へのトラックバック一覧です: ここだけ時の流れが違う店 荻窪「煮込みや まる。」:

« 久しぶりに顔を出す 新井薬師「薬ちか」 | トップページ | プチ同窓会飲み 中野「馬関彩」 »