« 神保町ブックフェスティバル | トップページ | いかん、飲み過ぎじゃ! 赤坂「Marine-J 80' CAFE」 »

「アルフレッド・シスレー展」(練馬区立美術館)

2015/11/1(日)

練馬区立美術館の開館30周年記念で「シスレー展」をやっている、と。シスレーだけを取り上げた美術展とは、なかなか野心的。場所的にも練馬なら、行動範囲内。11月中旬までの会期。なんとか時間を作って出撃。

西武池袋線・中村橋駅から歩いてすぐ。去年の秋に「あしたのジョー、の時代」展を観に来て以来だから、1年ぶりか。お~。シスレー人気というか、印象派人気というか。結構な人が、観に来ていますね。

展示室は2Fから。初期の作品から。この空の「青」の寂しさ。明るい絵も多いんだけど、自分の考えるシスレーの良さは、この空の色かな。国立西洋美術館からきた「ルーヴシエンヌの風景」とか、レベル高し。

でも個人的に一番良かったのは「ヒースの原」。これは個人蔵か。こういう個人が持っている絵って、滅多に観る機会がないから「一期一会」だよね。眼福、眼福。その他、日本全国の美術館から持ってきた20枚ほどで構成。イイね。

ところが、この後がショボイ。第2章は「セーヌ川の河川工学的アプローチ」と題した説明パネル展示だし、第3章は「シスレーの地を訪ねた日本人画家」。つまりシスレーの絵は、第1章の20枚ほどで終わり。いくらなんでも、そりゃないよね。これで千円は高いぞ!

Dscn5423

中村橋に向かう途中。久々に西武池袋線・池袋駅地下のコンコースを見てまわった。飲食店が入れ替わって小奇麗に。そして本屋も替わっている。そうか。「くまざわ書店」も、小規模パッケージ・ストアを展開し始めたのか。駅ナカにも出ていくと。

中村橋駅には「正育堂書店」。雑誌とコミック中心のザ・街の本屋さん。ところが、もっとビックリしたのは中杉通り。ここに更に小さな、昔ながらの本屋さんが2~3軒ある。今どき、この手の店は絶滅種でっせ。本屋さん保存地区、とかがあったら絶対に選ばれそうだな。。。

Dscn5422 Dscn5425

|

« 神保町ブックフェスティバル | トップページ | いかん、飲み過ぎじゃ! 赤坂「Marine-J 80' CAFE」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/62585260

この記事へのトラックバック一覧です: 「アルフレッド・シスレー展」(練馬区立美術館):

« 神保町ブックフェスティバル | トップページ | いかん、飲み過ぎじゃ! 赤坂「Marine-J 80' CAFE」 »