« 年末あいさつ回り 中野「豊海屋」&「火群」 | トップページ | 「金銀の系譜」展(静嘉堂文庫美術館) »

年末恒例! 蕎麦の会 吉祥寺「月」

2015/12/19(土)

今年も年末恒例の「蕎麦の会」が開催される。去年は確か、別の用事と重なって出られなかった。もっと言うと一昨年までは会場も田無「ほしの」で決まっていたが、「ほしの」閉店に伴い、昨年から蕎麦ブログ管理者のJAZZ研部長の独断で会場が指定されるようになった。

今年指定されたのは、吉祥寺の住宅街の一角にある「月」という店。吉祥寺に行くなら、顔を出したい所がある。ユニクロ吉祥寺店のキッズ売場の一角で、「どうぶつとしょかん」が出来た、と。見に行くべ。

ユニクロビルの4F。これか。ユニクロと福音館書店とパルコブックセンターの共同企画らしい。土曜日の15時過ぎ。親子連れで一杯だ。この手の企画、意外と行けるのかも・・・

駅の南側に廻り込む。駅前の飲み屋通りの一角に、感じの良い古本屋がオープンした。「バサラ・ブックス」。サブカル系を中心とした品揃え。イイね。思わず、ロック系の本を1冊購入。

Dscn6033 Dscn6034

肝心の本日の蕎麦店の場所が今一つ判らない。本当は行くつもりがなかったのだが、ゼロ次会から合流して連れて行ってもらおう。オヤジ4人組で向かうは「いせや」本店。1時間1本勝負。瓶ビールに「煮込み」「焼き物盛り合わせ」タレ。「いせや」は相変わらずの繁盛だ。

Dscn6036 Dscn6037 Dscn6038

「蕎麦の会」のスタート時刻が迫る。再び吉祥寺の北側に出て、店に向かう。路地を入って、住宅街の方に向かう。本当に、こっちですか。と疑っていると、ありました。「月」。普通の民家を改造した一軒家。靴を脱いで上がりこむ。

まずは「ハートランド」で乾杯。料理はコース。途中から日本酒になって、死ぬほど飲んだので、何を飲んで何を食べたのかは記憶にない。「刺身」が出てきて「蕎麦掻」も食べ、「盛り込み」のツマミも食ったか。最後には〆の「蕎麦」。美味しかった、という記憶はある・・・

Dscn6039 Dscn6041 Dscn6044 Dscn6050

ヘベレケに酔っ払う。勘定も、今年一番の散財では。高級な日本酒をカパカパ飲めば、そりゃ高くつきますな。店を出て、自然解散。一人減り、二人減り。JAZZ研部長は絶好調。もう一軒行く、と。

仕方がないので、お付き合い。バスで田無へ移動。酔いが醒めない。駅の南口へ。何故か居酒屋「だるまさん」へ。誰のお勧めだったのだろうか。更に黒ホッピー飲んだな、多分。もう一度あの店に行って、失礼がなかったか確認しないとなぁ。

更に「一国」にも行こうとしたか。満員で入れず。ラッキーというか、何というか。どうやって家に帰ったかは、全く不明。気が付いたら布団で寝ていた。今年、一番飲んだなきっと。。。

Dscn6053

|

« 年末あいさつ回り 中野「豊海屋」&「火群」 | トップページ | 「金銀の系譜」展(静嘉堂文庫美術館) »

居酒屋・西部」カテゴリの記事

コメント

一国に行きたいといったのは貴兄です。満席で入れてもらえず、くやしそうな表情でしたよ

投稿: DW | 2015年12月27日 (日) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/62885765

この記事へのトラックバック一覧です: 年末恒例! 蕎麦の会 吉祥寺「月」:

« 年末あいさつ回り 中野「豊海屋」&「火群」 | トップページ | 「金銀の系譜」展(静嘉堂文庫美術館) »