« まさにイタリアン・レストラン 東武練馬「日々是君想」 | トップページ | 年末あいさつ回り 中野「豊海屋」&「火群」 »

帝国の逆襲的な・・・ 都立家政「弐ノ十」

2015/12/17(木)

夕方。池袋で仕事から離脱。西武百貨店の地下に向かう。先週グランドオープンした「三省堂」を見てから、どこで飲むか考えよう。これか。鏡を多用した壁に三省堂のロゴ。地下の一番奥は児童書売り場か。ここは明るくて開放的で、家族連れには良さそうだ。

でもね。売場を歩いくと、どうしても「リブロ」本店と比較してしまう。売場の配置を変えたり、電子書籍コーナーを作ったりと「違い」を打ち出しているけど。あの尖がった、ワクワク感のある「リブロ」が、もうない。帝国軍に占領された。酷かった一年の象徴的な出来事。ハリソン・フォード同様に、「リブロ」の思い出は冷凍保存じゃ。

Dscn5991 Dscn5990 Dscn5993

さて、何処で飲む。新しい店に行く元気もない。都立家政に向かう。珍しく、早い時間帯の「弐ノ十」。焼き台の前に入れてもらう。黒ホッピー。酒が苦い。「リブロ」に「ジェダイの帰還」的な展開は期待できるのだろうか。昔は「帰還」ではなく「復讐」と呼んでいたなぁ、あの映画は。

何時もは「煮込み」に行くのだが、気分を変えて「煮込み大根」。大根、旨いなぁ。大人になって良かったことは、酒が飲めるようになったのと、酒のツマミの旨さが分るようになった事。子どもの頃は、おでんの「大根」は「体にいいから食べなさい」で嫌々だったものなぁ・・・

揚げ物も変化球。「魚肉ソーセージ」。アメリカン・ドックみたいで面白い。魚肉ソーセージは子供の頃からのお友達(笑)。最後に焼き物を2~3本貰ってフィニッシュ。家に20時前には着いてしまった。飲まないで帰るパターンより早いので、驚かれる。辛い出来事があったのだよ。。。

Dscn5996 Dscn5997 Dscn5999

|

« まさにイタリアン・レストラン 東武練馬「日々是君想」 | トップページ | 年末あいさつ回り 中野「豊海屋」&「火群」 »

居酒屋・中野」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/62891263

この記事へのトラックバック一覧です: 帝国の逆襲的な・・・ 都立家政「弐ノ十」:

« まさにイタリアン・レストラン 東武練馬「日々是君想」 | トップページ | 年末あいさつ回り 中野「豊海屋」&「火群」 »