« 恒例の初詣 | トップページ | 芝刈り反省会 沼袋「庶民」 »

生まれて初めて親子酒 荻窪「鳥もと」

2016/1/3(日)

毎年3日は中野を中心とした初詣。今年は珍しくも次男が付き合ってくれる、と。では行きますか。まずは沼袋駅で降りて氷川神社。芽の輪くぐりもやって、参拝。今年は例年以上に並んでいる。忘れてならない七福神めぐり。ここに来ると、一ケ所に七福神がいるからね。

ここから歩いて北野神社。天神様だから、次男が中心。学業成就を祈願。あれ。ここの撫で牛、緑色だっけ? 塗り替えたのかなぁ。中野通りを越えて、今度は新井薬師・梅照院。真言宗豊山派の寺。ここは流石の行列だ。

Dscn6155_3 Dscn6158_5 Dscn6159

薬師あいロードから早稲田通りに抜け、ブロードウェイで一休み。先は長い。サンモールから中野駅に出て、駅の南側へ。そうだ。久々に母校の小学校にも顔を出すか。学校統合で校名は変わったが、場所も校舎もそのまま。シンボルの欅の木は、何とか元気に立っている。

青梅街道に出て、中野天神へ。この辺りから杉並区に入っていく。蚕糸の森公園を抜ける。「ここは昔、蚕糸試験場でレンガの壁に囲まれていたんだよ」などと昔話を次男に一くさり。環七を渡って、目指すは妙法寺。

Dscn6163 Dscn6164

ここの門前に揚げ饅頭屋が2軒並んでいて、その内の1軒(=我が家が贔屓していた方)が前回来た時にはなくなっていた。今年見ると、その両方の敷地を使って、新しく揚げ饅頭と蕎麦の店が。栄枯盛衰。

妙法寺も相変わらずの混雑。この辺りが江戸時代は江戸の街の辺境か。新宿の大木戸を出て、西に向かう。その途中の門前町が鍋屋横町。昔から栄えた寺。我々の子供の頃は毎月の縁日も大賑わいだった。今も正月は、ある程度の出店がでるが昔ほどではない。

Dscn6165 Dscn6167_2

お詣りを済ませて、さらに大宮八幡まで足を伸ばす。大宮八幡は、本殿を改装中。その為か、例年より参拝客が少ない気がする。天神様にもお詣りして、例年通りのコースは終了。時刻は13時過ぎ。このまま荻窪辺りまで歩いて行って、遅い昼飯とするか。

善福寺川沿をのんびりと進む。天気も良く、気温も高い。阿佐ヶ谷住宅の所は、大規模開発が進んで何棟かビルが建ってきた。こんなの作るくらいなら、昔の街並みを生かして欲しかったね。街殺しだ。

ようやく荻窪に到着。もう14時だ。でも、まず本屋に行かないと。「文禄堂」に顔を出す。正月から結構人が入っているなぁ。自分用の雑誌と次男の文庫本を購入。さぁ昼飯だ。「居酒屋でいいかな」「え」。無理やり駅の北口に連れて行く。

Dscn6168_2 Dscn6170 Dscn6172

目指すは「鳥もと」の本店。無事にカウンタに陣取る。瓶ビールで乾杯。もう大学2年生の次男だが、外で2人で飲むのは初めてだ。「鳥もと」は昔、荻窪駅前にあって、自分が小さい頃にオフクロと一緒に来た。親子3代で飲んでるな、ここで。

あまり酒が強くない(と言っている)次男には「焼き鳥丼」もあてがい、「煮込み」と「焼き鳥盛り合わせ」でスタート。死んだ親父とは外で2人で飲んだ事はなかったから、親子酒というのは不思議な感じがする。ウーロンハイに切り替える。

何だか暫く来なかったうちに、「鳥もと」は魚貝類と自家製野菜がウリになっているのだな。では「里芋のポテサラ」と「二十日大根」を。里芋のポテサラとは珍しい。ネットリとした仕上がりのポテ(サト)旨し。何でも所沢の畑で作っているそうだ。

最後に「海鮮カレー」をルーとパンでもらって、二人でつまむ。おっと。この北海道産のご自慢の「本ししゃも」も食べないとですね。では「本ししゃも南蛮漬け」を。確かに、普段食べなれている「ししゃも」とは味が違う。

小一時間の滞在で、勘定は5千円ほど。また機会があれば、親子で飲みたいものだ。そういえば、千葉でプータローしている長男。大晦日に帰ってきて、正月は家でのんびりしていたが、将来展望はあるのだろうか・・・

Dscn6182 Dscn6176 Dscn6179 Dscn6180

店を出ると15時まだ明るい。酔い覚ましに、もう少し歩きますか。青梅街道を西へ。目指すは「井草八幡」。これが予想外に混んでいて、30分程並んだか。更に歩いて上石神井で散歩終了。10キロ以上は歩いたな。なかなか良い正月だ。。。

Dscn6183 Dscn6184

|

« 恒例の初詣 | トップページ | 芝刈り反省会 沼袋「庶民」 »

中野さんぽ」カテゴリの記事

居酒屋・西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/63007735

この記事へのトラックバック一覧です: 生まれて初めて親子酒 荻窪「鳥もと」:

« 恒例の初詣 | トップページ | 芝刈り反省会 沼袋「庶民」 »