« 旅の最後はこの街で 【懐かしの山形篇】 | トップページ | お清めで一献 野方「みはる食堂」 »

東海道へも遠征 【初めての鴨宮篇】

2016/1/31(日)

今回の北帰行は「大人の休日倶楽部パス」を活用。15,000円でJR東日本管内を乗り放題。新幹線を含む特急の指定席も6回までOK。50歳を過ぎて、会員になったら買えるようになった。歳をとるのも、悪い事ばかりではない。

この乗り放題パス。4日間有効。今日は午後から焚き火の予定だが、早めに家を出て何処かへ行くか。8時前に出撃。適用範囲を改めてみると、東海道線も伊東までは行けるようだ。でも東海道新幹線はJR東海だからダメ? まぁ各駅停車の旅ですか。

東京駅で上手く快速アクティに乗れた。行きたいのは小田原。スマホでよくよく調べると目的地は、どうも小田原駅の1つ手前の鴨宮駅が近いようだ。国府津で各駅に乗り換え。鴨宮駅に降り立つ。初めてだな、この駅は。

ここから徒歩で15分ほど。新幹線の高架を潜ると、見えてきました「小田原ダイナシティ」。西武百貨店を核店舗として、シネコンとかも複合した大規模商業施設。東海道新幹線の車窓から見えていたのは、ここか。

目指すは「伊勢治書店ダイナシティ店」。小田原の書店の雄「伊勢治書店」が出店しているが、最近カフェを導入するなどリニューアルしたと。エスカレータで4Fにあがっていく。ここか。広めの通路の両側に書店が展開されている。明るい店舗だ。

Dscn6539 Dscn6544 Dscn6549

カフェは「ノータノーヴァ」。この業態自体は前に宮前平の「勝木書店」でも見たな。では、コーヒーを飲んで一休み。スペシャリティコーヒーを注文。抽出するのに少し時間がかかる、という事で席に座りぼ~っとしている。

隣は文具売り場か。このパッケージも、京都の某書店とかでも見たな。お。番号よばれた。コーヒー登場。まずは一口。なかなかスッキリとした飲み口ですね。小田原の自家焙煎豆屋「スズアコーヒー」の豆らしい。旨いぞ。

Dscn6542 Dscn6548 Dscn6546

さて。昼過ぎから晴海ふ頭で焚き火だ。急いで東京に戻らねば。本当は小田原まで行って、色々と寄り道したいのだが仕方がない。鴨宮からトンボ帰りで東京へ。酒を買い込んで、焚き火会場に向かう。。。

焚き火が終わって、酔っ払いオヤジは「弐ノ十」に寄ったか。あまり記憶にございません。

|

« 旅の最後はこの街で 【懐かしの山形篇】 | トップページ | お清めで一献 野方「みはる食堂」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/63159570

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道へも遠征 【初めての鴨宮篇】:

« 旅の最後はこの街で 【懐かしの山形篇】 | トップページ | お清めで一献 野方「みはる食堂」 »