« 別れの盃 御茶ノ水「やっこ鮨」 | トップページ | 本日も送別会で痛飲 神保町「三幸園」 »

久々に池袋線沿線へ遠征 練馬「金ちゃん」

2016/3/23(水)

夕方、外出先で業務終了。ここなら西武池袋線方面に転戦できそうだ。池袋経由で、練馬駅に降り立ったのは18時。まずは見たい本屋が一軒。通常の大きい改札ではない、西側の改札口から出る。迷路のような通路を進み、階段をおりると・・・

ありました、これか。「ブックファースト練馬店」。昨年末にオープン。外観はお洒落な感じ。店内に入ると、想像していたよりも小さい。内階段があって2層にはなっているのだが、ワンフロア30坪程度。ブックファースト・クラスのチェーン店が、この規模で出店とは??

Dscn7047

さて。日も暮れてきた。軽く飲んで帰りますしょう。といっても、この街で知っている居酒屋は1軒しかない。久々に、その「金ちゃん」に顔を出しますか。駅の南側から大通りを渡って、飲み屋街に入っていき少し進んだ角。

今晩は。店の右半分は二の字のカウンタになっているのだが、既に満席。テーブル席側の一角に座らせてもらう。ホッピー下さい。焼き台には大将の雄姿が。元気そうで何よりだ。ここへ来たら、まずは「煮込み」でしょうか。

「煮込み」というと一般的にはスープ系の料理を想像するが、ここのように皿盛りの店も結構ある。よく煮込まれたモツが旨い。続いて「豚ミミ」も。上にかかった酢味噌との絶妙の組み合わせ。あ~幸せだ。

最後に焼き物を3本タレで焼いてもらう。相変わらず、このクオリティの焼き物を1本80円で出しているとは驚きだ。ここは23区内だよね。そろそろテーブル席も一杯になってきた。ぼちぼち退散しましょう。勘定は1380円。安過ぎ。また来ます。

Dscn7050 Dscn7051 Dscn7055 Dscn7052

財布が寂しくて、ハシゴ酒は厳禁だ。大通りに出ると、ここにあるのは喫茶店「アンデス」。あのマンガ「タッチ」の喫茶店「南風」のモデルになったという噂の、あだち充先生御用達の店だ。ここで「ナポリタン」食べて帰ろう。〆パスタかよ(笑)。

2Fに階段を上がっていき店内へ。店内はコミック棚や文庫棚があって、どれもギッシリと本が詰まっている。オーダは初志貫徹「ナポリタン」。待つこと暫し。鉄板に載って「ナポリタン」が登場。

これが、ザ・昭和の味で旨いんだよね。あっという間に完食。勘定も600円。何と、この街の物価の安い事よ。2軒寄って2千円もいかずに、イイ感じに酔っ払って腹一杯。でも、なかなか来られないのだよね、この沿線には。。。

Dscn7061 Dscn7058 Dscn7059

|

« 別れの盃 御茶ノ水「やっこ鮨」 | トップページ | 本日も送別会で痛飲 神保町「三幸園」 »

居酒屋・西部」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/63388943

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に池袋線沿線へ遠征 練馬「金ちゃん」:

« 別れの盃 御茶ノ水「やっこ鮨」 | トップページ | 本日も送別会で痛飲 神保町「三幸園」 »