« 「Early Summer Concert2016」(早稲田大学交響楽団) | トップページ | 「上橋菜穂子と<精霊の守り人>」展(世田谷文学館) »

立川方面へ出撃 新秋津「サラリーマン」

2016/7/1(金)

午後から中央線に乗って、立川の某社を訪問。経営の状況は、なかなか厳しそうだ。夕方、皆でミーティング。改善の道筋が見えない。時間がかかりそうだ。

立川駅で同行者と別れる。さて。ここまで来たら、少し立川の本屋を見ていきますか。立川といえば「オリオン書房」。幾つかある駅ビルの、それぞれに出店して縄張りを守っているのだから凄い。それだからこそ、高島屋に「ジュンク堂」が出たのはショックだろう。

今日は久々にグランデュオの上にある「オリオンパピルス」店をのぞきますか。ここのセレクトショップっぽい尖がった品揃え、好きなんだよね。ところが店頭に貼り紙が。が~ん。何と7月末で閉店。確かに趣味人には楽しい店だけど、商売としては厳しいか。

Dscn8026 Dscn8025

電車で一駅移動して国立駅。おや。駅の改札が西側(立川寄り)に新たにできている。駅ビルの商業施設nonowaが、こちら側にも拡大されたのか。東側は雑貨屋とかの物販中心だが、西側は食料品系が多そうだ。人の流れが、また変わりそうだ。

東改札の方に回り込む。オリオン書房の「ペーパーウォール」店。昨年の春にオープンしてた時に来て以来だ。店頭にグリーンのコーナが作ってある。ボタニカルフェアということで、グリーン系の商品を展開。書店店頭でこれは、結構珍しいのでは。今の流行り?

一年以上見ていなかったが、この店も品揃えが少し変わった。ここもオープン当初は雑誌とかベストセラーをあまり置かず、尖がった品揃えだった。それが少し普通に近づいている。近隣の「東西書店」が去年の8月に店を閉めたので、品揃えを見直したようだ。

さて。飲みに行こう。国立で飲んでもよいのだが、東京の西に来ると、やっぱり新秋津のあの店に足をのばしたくなる。西国分寺で中央線から武蔵野線に乗換え。そうだ。西国分寺駅構内にも「オリオン書房」に店があるはず。

「nonowa西国分寺店」。ありゃ。閉店している。5月末に閉めたのか。確かに、この店は駅中の何処にあるか分りにくかったしね。「オリオン書房」も店を結構整理してますね。「ジュンク堂」に対抗して、今は足元を固める時期なのか。

Dscn8030 Dscn8032 Dscn8034

18時前に新秋津駅に到着。改札を出て目の前にある居酒屋「サラリーマン」。無事、カウンタに収容される。何時通り黒ホッピーと焼酎のセット。目の前に「グラタン」がある。今日は「ほうれん草とホタテのグラタン」ですか。では、これ焼いて下さい。

居酒屋の洋食メニューには目がない。これは昭和の学校給食の影響が大きい、と個人的のは考えている。「酒のツマミは昔、自分が食べた学校給食で決まる」法則(笑)。だんだん暑くなってきたから、「グラタン」の季節でもない。でも、あれば頼むよね。旨いぞ。

最後は揚げ物。今日も「メンチカツ」にしよう。子供の頃から「メンチカツ」も好きだった。でも、「コロッケ」とか「ハムカツ」は家でオフクロが作ってくれたけど「メンチ」は肉屋で買ってもらうのが定番。確かに家で作ると、ハンバーグを造って更に揚げるという2重作業だし。

今日も、この辺りにしておこう。ツマミ2品と酒で、〆て1,560円。段々節約が身についてきたな自分。これなら早く家に帰れそうだし。。。

Dscn8035 Dscn8037

|

« 「Early Summer Concert2016」(早稲田大学交響楽団) | トップページ | 「上橋菜穂子と<精霊の守り人>」展(世田谷文学館) »

居酒屋・西部」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

学校給食と言えば「鯨の竜田揚げ」は欠かせないところですね。

投稿: DW | 2016年7月 8日 (金) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/63862297

この記事へのトラックバック一覧です: 立川方面へ出撃 新秋津「サラリーマン」:

« 「Early Summer Concert2016」(早稲田大学交響楽団) | トップページ | 「上橋菜穂子と<精霊の守り人>」展(世田谷文学館) »