« 映画「エイト・デイズ・ア・ウィーク」 | トップページ | 珍しく空席が・・・ 田無「一国」 »

秋空に誘われて書店巡り

2016/10/12(水)

気温が下がってきている。確実に秋が来た。今日は晴れ。こういう日には、遠出をしてみよう。午後から書店巡りの旅に。まずは小田急線に乗って町田まで。目指すは、この夏にリニューアルしたと聞いた「ソリッド・アンド・リキッド」。マルイの上にエスカレータで。

ふ~ん。コミック専門店に衣替えしたのか。BL関連に強い広島の中央書店「コミコミスタジオ」の店に。オヤジには良く判らん世界。カフェも合わせて衣替え。でも客がいないぞ。前の本のセレクトショップだった時の方が良かった、と思うのはオヤジだけではないようだ。

Dscn9079_2 Dscn9080

小田急線の町田駅に戻る前に、町田の書店の雄「久美堂」本店をのぞく。ここは昔メイン通りだったのかもしれないが、駅前に「モディ」だ「ルミネ」だ「マルイ」だと商業施設ができ、それぞれに書店が入った。ちと苦戦気味か。

Dscn9084 Dscn9085

再び小田急線に乗り込み海老名に移動。この駅に来たのは、あの海老名図書館のオープン時以来か。今日のお目当ては「ららぽーと」。いささか旧聞に属するが、ここの「ららぽーと」がオープンした時に一緒に出来た「有隣堂書店」を、まだ見ていないのだよ。

エスカレータで4Fへ。レストランフロアに隣接して「有隣堂」。間口がそれ程広くないが、奥が結構な広さの大型店。入口が別に切ってあって児童書コーナ。一番奥がコミックコーナ。これが「有隣堂」の現在の基本フォーマットなのか。平日の昼間だが結構な客数。

Dscn9087 Dscn9088_2 Dscn9089 Dscn9091

ここからJR相模線に乗って、更に移動。目指すは平塚。まずは茅ヶ崎を目指す。相模線のこの区間に乗るのは、生まれて初めてだ。首都圏で生まれ育っても、乗らないよね相模線。北の橋本-原当麻間は昔乗った事があるけど。

茅ヶ崎で東海道線に乗り継ぎ、平塚駅に到着。目指すは先週オープンした「ららぽーと湘南平塚」。ここに、またまた「有隣堂」が出店。海老名は駅直結だったけど、ここは駅から15分位歩いて行く。車中心なんですかね。日産の車体工場跡地だとか。

お~。これか。「有隣堂新宿店」(小田急の上の店ね)と同様に「STORY CAFE」が併設されたブック&カフェスタイルの店。中間地点にはイベントもできる「湘南トゥリィーハウス」もあって、ゆったりとした作り。

Dscn9094 Dscn9095

まずは書店サイドを拝見。入口に「湘南本」コーナを作ったり、一部テーマ別コーナにしたり、なかなか力の入った店づくり。先程見た海老名店同様に、児童書コーナも充実させているのはファミリー層をターゲットにしているからか。これは良い店が出来ましたね。

Dscn9103 Dscn9104 Dscn9102 Dscn9101

ず~っと移動して来たら疲れた。カフェで一休みしよう。ふとスマホを見ると、東京は大停電だと。家に帰えれるかいな。このカフェで晩飯も食ってしまおう。本が由来のメニューも。重松清の小説『ファミレス』に出てくる「気合のナポリタン」をコーヒーのセットで注文。

あらためてカフェに入ると、随分広いスペースをとってある。これは、のんびりできますね。番号札で呼ばれてカウンタに料理を取りにいくシステム。これか。まずは「ナポリタン」を一口。アルデンテで美味しい。コーヒーも本格的な味。ファミリー層中心に結構な賑わい。

さて、陽も暮れてきた。帰りましょう。丁度、平塚始発の湘南新宿ラインの電車が。席に座ったら睡魔に襲われ、1時間ほど爆睡。新宿に着いたら19時前。電車は何とか動いているようだ。飲まずに帰ろう。。。

Dscn9106 Dscn9108

|

« 映画「エイト・デイズ・ア・ウィーク」 | トップページ | 珍しく空席が・・・ 田無「一国」 »

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/64341728

この記事へのトラックバック一覧です: 秋空に誘われて書店巡り:

« 映画「エイト・デイズ・ア・ウィーク」 | トップページ | 珍しく空席が・・・ 田無「一国」 »