« 何故、駅前の蕎麦屋が・・・ 新中野「イー亭」 | トップページ | イオンモールへ遠征 »

中野区の図書館巡り【その1】 南台図書館

2016/9/25(日)

毎年恒例(?)の中野区を散歩するシリーズ。今年は区内の公共図書館を巡るシリーズといってみよう。記念すべき第1回は、中野区の最南端にある南台図書館を目指す。方南町駅か中野富士見町駅が最寄りなのかなぁ。

しかし、へそ曲がりなオヤジは京王線笹塚駅からアプローチを選択。この駅に降りるのは、随分久しぶりだ。駅を出てすぐの所には「啓文堂書店」。京王電鉄系の本屋だからできる、この立地。ザ・駅の本屋さんですな。 

Dscn8053

駅高架下のショッピングセンターから、道を挟んですぐの所にある「笹塚ショッピングモール」。ここの1Fには紀伊国屋書店。L字型の変形店舗だから入口から見ると、あまり広く見えないが実際は結構な大きさ。サブカル系とか人文系までカヴァーした、充実した品揃え。

Dscn8052_2 Dscn8050 Dscn8051_2

さて、南台図書館を目指しましょう。甲州街道を渡って、十号通商店街に入る。久々に来たけど、ここの商店街頑張っているよね。駅にショッピングモールとかがあっても、地元の八百屋とかの店それぞれが活気に溢れている。イイね。

商店街を抜け、住宅街を北上。方南通りを目指す。途中、宝福寺と多田神社にお詣り。宝福寺は江戸三十三観音霊場17番。初めて来た。霊園案内の幟が目立つ。なかなか経営(?)が厳しいのかなぁ。隣りの多田神社の方が、どっしりと構えている。

Dscn8061 Dscn8062

方南通りに出て、どっちだ。ありました南台図書館。少しだけ路地に入っていく感じ。思ったより随分小さな図書館だ。1978年に出来た、と。1Fが児童書コーナと文庫などで、2Fが一般書。このエリアだと中央図書館からは遠いので、地元の人には必要不可欠。読み聞かせ会も充実しているようだ。

Dscn8058 Dscn8060 Dscn8059_2

さて。帰りは方南通りを西に進み、方南町駅を目指そう。丸ノ内線の巨大な車両基地を横目に進む。神田川を超えると、巨大な島忠。駅はもう少しだ。この街に来ると、寄るべき本屋が一軒。「秀文堂」。子供の頃、たまに遠征して来た店。健在で何よりだ。。。

Dscn8054

|

« 何故、駅前の蕎麦屋が・・・ 新中野「イー亭」 | トップページ | イオンモールへ遠征 »

中野さんぽ」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/63862497

この記事へのトラックバック一覧です: 中野区の図書館巡り【その1】 南台図書館:

« 何故、駅前の蕎麦屋が・・・ 新中野「イー亭」 | トップページ | イオンモールへ遠征 »