« コンサート「武満徹へのオマージュ」(ヤマハホール) | トップページ | 食い倒れの関西遠征 【初日夜】 »

食い倒れの関西遠征 【初日朝】

2016/10/19(水)

朝から関西へ2泊3日の出張。午後一からの会議に間に合うように行けば良いのだが、その前に大阪で見ておきたい店が2~3ある。朝8時の新幹線に飛び乗る。10時半過ぎには新大阪に到着。急ぎ梅田に移動。

まずは駅裏(?)のグランフロント。大体ここに来るとサウスの紀伊國屋書店に寄るのだけれど、今日はその奥のノースへ。ここの無印良品が、最近本を大々的に導入して「MUJIブックス」店舗になったらしいのだよ。

デカいな、ここの無印。お~。確かに随所に本が売られている。有楽町の店が出来た頃は「本はディスプレー」的な使われ方だったんだが、その後随分進化した。今や、どの売場もテーマに合わせた商品陳列。これは無印は本気ですね。

Dscn9163 Dscn9161_2 Dscn9160_2 Dscn9162

阪急の梅田駅を通って、茶屋町方面へ転進。まずはショッピングビル「NUプラス」に入っている「スタンダードブックストア」へ。前回関西に来た時に、本店を見てショックを受けた。それのミニ・パッケージ版という感じですかね。奥がカフェになっている。

Dscn9171 Dscn9169_2 Dscn9170

いかん。12時近くになってきた。もう一軒。この茶屋町の奥に関西大学が新校舎を出し、その一角にTSUTAYAがオープンしたらしい。これか。「KANDAI MeRise(ミライズ)」。スタバとの複合店舗は、お約束。

2Fの一部が起業・生涯教育の拠点「スタートアップカフェ」になっている。このフォーマットは博多天神で見て以来だ。全体に落ち着いた、お洒落な空間。こういう店が自分の大学にもあったら嬉しいだろうな。TSUTAYAの店作りも進化しているという事か。

Dscn9176 Dscn9172 Dscn9175 Dscn9174

いかん。12時を廻った。急いで飯食って、会場に駆けつけねば。梅田の地下街を進む。おや。「旭屋書店」が地下街の路面店。この辺りに本店があって、ビル全体を使った大きな店だったが、再開発して書店はこれだけに。寂しくなったな・・・

飯はどうする。そうだ。久々に「中央軒」に行って「皿うどん」でも食うべ。長崎ちゃんぽん・皿うどんを50年以上前に関西に紹介した「関西の元祖」。大阪市内を中心に20店舗ほど展開している。ここの「皿うどん」久々だ。胡椒が効いていて旨い。さて。会場に急ごう。。。

Dscn9178 Dscn9180 Dscn9181

|

« コンサート「武満徹へのオマージュ」(ヤマハホール) | トップページ | 食い倒れの関西遠征 【初日夜】 »

居酒屋・その他地域」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/64382552

この記事へのトラックバック一覧です: 食い倒れの関西遠征 【初日朝】:

« コンサート「武満徹へのオマージュ」(ヤマハホール) | トップページ | 食い倒れの関西遠征 【初日夜】 »