« 10年ぶりに北の大地に 【初日の寄り道篇】 | トップページ | 10年ぶりに北の大地に 【奇跡の生還篇】 »

10年ぶりに北の大地に 【夜の札幌篇】

2016/12/6(火)

寄り道終了。店から出ると、既に真っ暗だ。ついに雪道で一度転倒。大丈夫か自分。2~3年前の悪夢が甦る。あの時は雪道で転倒して、肺に穴があいて入院だったよな。今回は幸いパウダースノーの新雪で、しかも結構積もっていたので体は大丈夫のようだ。

より慎重に歩く。でも、ここから街へはどうやって行けば良いのか。何とかバス停を発見。寒空の下、10分ほど待ってバスに乗り込めた。バスと地下鉄を乗り継いで、ようやく札幌の中心地・大通に到着。

地上に出ると、テレビ塔のすぐそば。これはラッキー。この辺りで、もう少し寄り道。まずは「丸善&ジュンク堂」。「ジュンク堂」は「フロア丸ごと書店」がお得意だが、ここは更にスケールが上。地場のデパート「丸井今井」の別館(南館)を丸ごと6フロア使っている。

ここは初めて見ましたね。全部で1600坪くらいはあるか。10年以上前は「丸善」は札幌の「三越」の脇で大型店を持っていたけど、そこを閉めて更に大きいこちらに引っ越して来たという事だ。

Dscn0037 Dscn0035 Dscn0034

さて。もう19時近い。早く飲みに行って、明日に備えよう。本当は、このエリアでまだ1~2行きたい所もあるが。まぁ明日の昼休みとかを使って、また見に来ましょう。目指すは居酒屋「第三モッキリセンター」である。初体験。

店内は大きなコの字カウンタにテーブル席が幾つか。奥にも席があるのか。コの字カウンタの壁際中程に入れてもらう。外は当たり前だが寒かった。でも北海道に来たら、まずは生ビールでしょうか。考えてみたら飛行機が飛ぶかでヤキモキしていて、昼飯食ってない。

メニューを拝見。出来れば北海道らしいものを食べるか。でも事前研究不足で、よく判らん。まずは「にしんきりこみ」から行ってみますか。ほ~。発酵食品なんですかね。鰊の細切りに麹。酒が進む。

なかなか体が暖まらないので「熱燗」を頼む。ツマミは今度は「棒タラ煮」。これは柔らかく煮てあって、骨まで齧れますね。ようやく、体が暖まってきた。今度は焼酎のお湯割りに切り替えましょう。あと「イカサシ」も下さい。

最後に「ザンギ」を。出たな揚げ物大王。でも北海道に来て、メニューにあったら頼むでしょ、普通。きました、ヴォリューム満点の唐揚げ。ワシワシと食べ進む。腹一杯だ。飲み過ぎると、また転倒するぞ酒飲オヤジ。この辺で切り上げよう。

勘定を頼むとマスタがニヤっと笑って「少し飲み過ぎ、食べ過ぎだな」。おっしゃる通り。今日は、ハシゴしたりラーメン食べたりしないで、大人しくホテルで寝ましょう。でもコンビニで買い食いはアリかな。ご馳走様でした。

Dscn0043 Dscn0046 Dscn0045 Dscn0049

酔っ払って大通駅。そうだ。ここの駅脇に昔、地元「なにわ書房」の旗艦店「リーブルなにわ」という本屋があったのだ。地下で2層構造になっていて、品揃えも自分のストライクゾーン。好きだった店。風の噂に閉店したと聞いていたが。跡地には「文教堂」。寂しいぞ。。。

Dscn0050

|

« 10年ぶりに北の大地に 【初日の寄り道篇】 | トップページ | 10年ぶりに北の大地に 【奇跡の生還篇】 »

居酒屋・その他地域」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/64598077

この記事へのトラックバック一覧です: 10年ぶりに北の大地に 【夜の札幌篇】:

« 10年ぶりに北の大地に 【初日の寄り道篇】 | トップページ | 10年ぶりに北の大地に 【奇跡の生還篇】 »