« 映画「JACO」 | トップページ | ここにペルシャ料理屋が・・・ 新井薬師前「おつかれさん」 »

「快楽の館 篠山紀信」展(原美術館)

2016/12/15(木)

原美術館で篠山紀信の写真展を開催中。品川駅から行くらしい。一度も行ったことがない。田中康夫の「なんクリ」とかに出てくる、お洒落な場所のイメージ。会社帰りに行ってみますか。品川駅で寄りたい店もあるし。

中央改札を出て、大きな連絡通路を海側に一旦進む。見えてきたのが駅ビル(?)「アトレ」。ここに伊勢丹がちょっとしたブック売場を作った、と。 「FOOD&TIME ISETAN」と書いてある。あれか。

エスカレータを上がって右手に進む。ほ~。思ったより大きな売場で、それなりに本と雑誌が置いてあるではないですか。雑貨やコスメが組み合わさって。基本は、この辺りの有閑マダムがメインターゲットなんでしょうか。

脇の売り場のカフェが、大賑わい。何と「ブルーボトルコーヒー」なんだ。サードウェーブ・コーヒーの雄として清澄白河で日本初上陸。大変な行列出来た店。ここは、日本何号店になるんだろうか。相変わらずの大人気。

Dscn9864 Dscn9865 Dscn9866 Dscn9867

さて。原美術館だ。高輪口の方に出て、御殿山をのぼって行く。こっちは土地勘がないな。少し迷う。すっかり暗くなってきた。この辺りは、一本入るとお屋敷町なんですね。その一角。誰かの屋敷をそのまま美術館にしたのか。

「快楽の館 篠山紀信」展。壇蜜を始めとした33人のモデルを使った、ヌード写真展である。全ての写真を、ここ原美術館で撮り、公開しているという企画。ここが「快楽の館」に変身している、と。どんなもんじゃろのぉ。

う~ん。何だか皆あまりにあっけらかんと写っていて、オヤジにはグッとくるものが無いな。数少ない黒い下着姿の写真の方が良かったりして(笑)。自分が歳をとったのか、それ以上に篠山紀信が老け込んだのか。それとも、このアッサリ系が狙いなのか???

篠山紀信といえば雑誌「GORO」に「激写」。あと、宮沢りえの『サンタフェ』ね。自分は『サンタフェ』の発売日の朝、たまたま富山・城端線の山奥の書店にいた。こんな山奥に発売日に商品が届くんだ、とビックリした記憶。しかも朝から予約読者が買いに来たしね。

今回の写真展はアッサリ系だからか、若い女性客が多い。これも時代の流れか。かえって男の方が「快楽の館」「ヌード写真」でビビるのかも。まぁ原美術館に初めて来たので、ヨシとするか。。。

Dscn9870 Dscn9872 Dscn9873

|

« 映画「JACO」 | トップページ | ここにペルシャ料理屋が・・・ 新井薬師前「おつかれさん」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/64580182

この記事へのトラックバック一覧です: 「快楽の館 篠山紀信」展(原美術館):

« 映画「JACO」 | トップページ | ここにペルシャ料理屋が・・・ 新井薬師前「おつかれさん」 »