« 10年ぶりに北の大地に 【夜の札幌篇】 | トップページ | 「ピエール・アレシンスキー展」(Bunkamuraザ・ミュージアム) »

10年ぶりに北の大地に 【奇跡の生還篇】

2016/12/7(水)

朝食は今回も、ビジネスホテルの無料ヴァイキング。お~。ご当地名物「スープカレー」がある。「今日も昼飯食いそびれるかもしれないし」、と朝食を大量摂取する節操のないオヤジ。今週も、またまた体重増加だな。

朝から支店に。今朝は晴れている。しかし気温は氷点下。路面は凍っている。歩いていて特に怖いのは、横断歩道を渡る時。雪が車の往来で踏み固められていて、スケートリンク状態。転ばずに、無事に帰京できるのかいな。やっと支店に辿り着いた。

Dscn0056 Dscn0057

午前中は3~4時間、みっちりと面談。疲れた。後は15時からの会議だ。昼の隙間時間を使って、趣味の書店巡りに出かけよう。まずは地下鉄で円山公園駅へ。ここに、昨日遺構を見に行った「なにわ書房」の、今の旗艦店があるはず。

地下鉄駅から通路直結で商業施設「マルヤマクラス」。「マックスバリュー」とかを核店舗とした賑わった施設だ。ここの2Fに「なにわ書房」。お~。なかなか繁盛している感じ。品揃えも一部、「リーブルなにわ」の遺伝子を感じるぞ。併設のカフェもお洒落だ。

Dscn0058 Dscn0059 Dscn0060

「なにわ書房」は大通にもブック&カフェを出した、とか。地下鉄で大通駅に戻る。テレビ塔のすぐ脇に、お洒落な商業施設「ル・トロワ」。オヤジには縁がなさそうだが、思い切って入ってみる。3F。これか。

女性向けの書籍・雑誌に児童書。商業施設に合わせたのか、オヤジには無縁の品揃え。カフェも、お洒落過ぎて手が出ない。札幌の有閑マダム御用達なんでしょうか。でも、客もまばらで、経営としては苦しそうな感じ。

Dscn0064 Dscn0065 Dscn0066 Dscn0069

ビルを出た。地上を歩くと滑って転ぶリスク。なるべく地下街を歩く。オーロラタウン。確か、この先に「紀伊國屋書店」があるのでは。ありました。間口を広くとったフラットな店舗の「オーロラタウン店」。昼下がり。結構人が入っていて、繁盛している。

Dscn0073

支店に戻って会議に出て、業務終了。予定より少し早く解放される。少しでも早い便に乗らないと、帰宅が午前様になってしまう(よくある事だろうってか 笑)。急ぎ札幌駅に向かう。でも札幌に来たら外せない書店が、もう一カ所。

駅そばにある路面店「紀伊國屋書店札幌本店」。いや~。久しぶりに来た。10年前の自分の記憶よりも、スッキリした感じ。でも1~2Fを丸々使った巨艦店舗。2Fの専門書コーナの品揃えは札幌一でしょう。全国的に見ても、新宿本店と梅田に次ぐ大きさと品揃えでは。

Dscn0080 Dscn0085 Dscn0081 Dscn0083

さて。あとは帰るだけだ。快速エアポートで新千歳空港へ。予定より1時間早い便に変更できた。しかも、まだフライトまでは50分ほどある。空港で晩飯(晩酌?)ですな。ほ~。空港内に「文教堂」が増殖してる。「カルチャーエージェント」スタイルでも出たのか。

Dscn0087

ラーメンにするか、郷土料理っぽく行くか。レストラン街で迷う。えい。今年最後の旅だ。思い切って寿司でも食うべ。「花ぶさ」に突入。まずは「ほろ酔いセット」。生ビールに「刺身」と「鰊の塩焼き」。鰊って正月の「昆布巻き」位しか食べないけど、結構よいツマミになるな。

さて。仕上げは安い寿司のセット「ライラック」。でも熱燗も1本貰おうかな。1泊2日の出張も無事に終わって一息。1回だけ転んだけど、何とか無事そうだし。奇跡の生還じゃ。今日はまだ水曜日。今週も先は長い。まだ家は遠いぞ。油断するなよ、酒飲オヤジ。。。

Dscn0089 Dscn0092

|

« 10年ぶりに北の大地に 【夜の札幌篇】 | トップページ | 「ピエール・アレシンスキー展」(Bunkamuraザ・ミュージアム) »

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/64598353

この記事へのトラックバック一覧です: 10年ぶりに北の大地に 【奇跡の生還篇】:

« 10年ぶりに北の大地に 【夜の札幌篇】 | トップページ | 「ピエール・アレシンスキー展」(Bunkamuraザ・ミュージアム) »