« ようやくこの図書館に・・・ 【鉄道の旅・仙台篇】 | トップページ | 府中の森で合唱を »

日本海側を大移動 【鉄道の旅・秋田山形篇】

2016/12/3(土)

朝食はホテルの無料ヴァイキング。昨日に引き続き、今日も昼飯を食いっぱぐれる可能性が大きい。朝から揚げ物とかをワシワシと大量摂取するデブオヤジ。この旅で、また体重増加だな、きっと。

8時過ぎの新幹線「こまち」で秋田へ。全車指定席なのに既に満員。こんな事もあろうかと昨日の内に予約。危ない所。田沢湖までは、子供の頃に来たことがあるが、その先まで乗るのは初めてだ。車窓から見る雪化粧の岩手山が美しい。10時過ぎに秋田駅に到着。

秋田の滞在時間は1時間強。まずは駅ビル「トピコ」へ。お~。地元書店「ブックスささき」がある。秋田駅前は、今から行く大型書店2店が出店した大激戦区。駅ビル立地を活かして地元代表で頑張ってほしい所。

Dscn9958 Dscn9959 Dscn9962

秋田駅自体に来るのは10年ぶり位か。何だか結構駅前が変わったな。駅から長めのペデストリアンデッキで直結されている商業施設は何? お~。これが「フォンテAKITA」か。この上に宮脇書店があるんだな。

ありました。5F。デカいな。確かここは、3.11の直後にオープンしたはず。あれから5年。ようやく見に来られた。そうか、ワンフロア丸ごと使っているのか。この商業施設は「ロフト」とか色々な店が入っていて、駅から直結だから強力。

Dscn9965 Dscn9966 Dscn9967 Dscn9968

「フォンテ」と駅前ロータリィを挟んで真向いにあるのが「秋田フォーラス」。こっちには「ジュンク堂」が入っている。何々。「フォーラス」自体が2月に一度閉館すると。閉館前ギリギリに来られた。栄枯盛衰。「ジュンク堂」お得意のワンフロア丸ごと店。心なしか元気がない。

Dscn9964 Dscn9969 Dscn9971 Dscn9972

秋田での目的は果たした。飯食う時間はないな。あとは羽越本線に乗り込み、ひたすら新潟まで日本海沿いを南下していくのみ。電車に乗って暫く行くと、海岸線に出る。車窓からパチリ。今日の日本海は比較的穏やかだ。

2時間ほど乗って、酒田で途中下車。この駅に降りたのは25年ぶりくらいか。昔、行商する仕事を仰せつかって、全国行脚していた時期がある。全国で行ったことがないのは鳥取県だけだ。あの時に来た酒田と、駅は新しくなったが駅前は変わらないな(笑)。

Dscn9979 Dscn9980 Dscn9982

ここから、コミュニティバス。また百円だ。目指すは、郷土の誇り「土門拳記念館」。初訪問である。遠くに見えるのは鳥海山か。これまた雪化粧をしていて美しい。歩いて行くと、建物が見えた。そうか。この建物も金沢の鈴木大拙館と同じ、谷口吉生の設計か。

まずは「古窯遍歴」シリーズを拝見。そうか。土門拳というと寺とか仏像とかのイメージが強いが、焼き物系の写真シリーズもあるのだな。特に備前のやつが好みかな。「火だすきの大壺」の写真とか。土門拳も、ちゃんと本とか読んで勉強しないとね。

企画展示は特別展「みちのくの仏像」。土門拳と弟子の藤森武の写真群の共演。ところが、土門拳の作品が少なくて拍子抜け。中尊寺、勝常寺、毛越寺に瑞巌寺。あとは弟子の写真。皆が「少ない」と思うのか、客が来る度にミュージアムショップの人が謝っている。

でも、こうやって大判のプリントで観ると、やっぱり土門拳の写真は「違う」。構図なのか、ライティングなのか、ピントなのか。素人のオヤジには判らんがね。写真の世界も、もう少し勉強してみたいな。いつもピンボケの料理写真ばかり撮っていてもね・・・

Dscn9989 Dscn9990 Dscn9988 Dscn9987

企画展があっさりで、予定より早く観終わった。駅に帰るバスまで2時間近く時間がある。仕方がないタクシーを呼んでもらう。タクシーの運ちゃんと鳥海山について会話。「この辺では小学生が学校で親子登山に行くんですよ」「8合目までは車で行けます」。へ~。

16時前に予定より2本早い電車、しかも特急「いなほ」に乗れた。流石に腹が減って、駅の売店で買った「稲荷寿司」をつまみにビールを飲み始める酒飲オヤジ。車窓から見える日本海は、丁度日が暮れていく。イイ感じ。

新潟で新幹線に乗換え、帰宅。のはずが、予定より早いばっかりに「浦和レッズ」の試合が気になる。この帰宅経路だと、あの飲み屋でテレビ応援が出来るな。途中下車して居酒屋「元気」。「コロッケ」に「ナポリタン」まで食べて応援するも、逆転負け。無念じゃ。。。

Dscn9994 Dscn9995 Dscn9997

|

« ようやくこの図書館に・・・ 【鉄道の旅・仙台篇】 | トップページ | 府中の森で合唱を »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/64580108

この記事へのトラックバック一覧です: 日本海側を大移動 【鉄道の旅・秋田山形篇】:

« ようやくこの図書館に・・・ 【鉄道の旅・仙台篇】 | トップページ | 府中の森で合唱を »