« 映画「スモーク」 | トップページ | これがグランプリ優勝の実力 新橋「日之屋」 »

中野区の図書館巡り【その5】 野方図書館

2016/12/25(日)

中野区の公共図書館を巡る散歩企画の第5弾。今回目指すは野方図書館。西武新宿線の野方駅に降り立つ。この駅が橋上駅になってから、どの位の月日が経つのだろうか。今は駅前も綺麗に整備されている。

駅前通りを南へ。すると、いかにも昔ながらのアーケード街に突き当たる。「野方ヤッホーロード」。老舗の鰻屋など飲み屋もあれば、八百屋などの小売店も。でも、シャッター店も増えてきた。ありゃ。入口右側の建物が取り壊されている。

野方は「ヤッホーロード」(ちなみに「野方」の音読みなのかな、ヤッホーは)以外にも、もっと小ぢんまりとした「野方文化マーケット」も健在。その他にも、昔ながらの店が多いのが、この街の特徴だ。

Dscn9805 Dscn9804 Dscn9801 Dscn9803

野方図書館へは、「ヤッホーロード」に入らず左折。野方本通りを進む。バスのロータリィが見えてくる。野方駅前は狭くて停留所が作れず、駅から離れたここがバス停。バス停を横目に更に前進。環七(環状七号線)を越えて、環七沿いに南下。暫く歩くと図書館の表示。

Dscn9808 Dscn9809 Dscn8907

環七から路地に入り、暫く進むとありました。野方図書館に到着。図書館自体は、この建物の2階部分。この図書館で特長的なのは、奥の方に中二階がある事。奥の部屋に階段があって、いかにも後付けの中二階スペース。低い天井の所に本が並んでいる。

図書館の裏手に廻ってみると、すぐに妙正寺川。それで、洪水とかで本が濡れるのを防ぐために図書館は2Fなんですかね・・・ 

Dscn8903 Dscn8906 Dscn8904 Dscn9810

さて。図書館を見たし、ランチですね。野方の街に戻ってきて、「ヤッホーロード」入口の目の前あたり。ここの老舗の「野方食堂」がある。昭和11年創業とか。創業80年の老舗ですね。何時でも昼時は満員の盛況だ。今日は辛うじて、空いているテーブル席に入れた。

実は、ここも駅前食堂(というには少し離れているが)の常で、昼間から飲めるんですね。ビールとか。何と、メニューにはホッピーまである。しかし、流石に今日は自重。我慢して定食を食べよう。

ここの看板メニュー「とりから定食」。他にもお得なセット定食メニューがあるが、ここはオーソドックスな逸品を。待つこと暫し。きました。ご飯は大盛り無料なんだけど、普通盛りで。これでも十分多いな。

そして「とりから」。大ぶりなから揚げが4つ。ガブリ。か~。この下味は秘伝の味付けなのだろう。何時食べても、ここの「とりから」は旨い。揚げ加減も絶妙。揚げ物大王も脱帽の逸品ですな。カレー味の「切り干し大根」もアクセントに。あっという間に完食。

親子3代続いた老舗の食堂。この店を含め、昭和の香りを何とか「野方」の街全体で守っていって欲しいぞ。さて帰ろう。16時になると、あの「秋元屋」が開店して吸い込まれてしまう危険性が高い。。。

Dscn9797 Dscn9798

|

« 映画「スモーク」 | トップページ | これがグランプリ優勝の実力 新橋「日之屋」 »

中野さんぽ」カテゴリの記事

居酒屋・中野」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/64517784

この記事へのトラックバック一覧です: 中野区の図書館巡り【その5】 野方図書館:

« 映画「スモーク」 | トップページ | これがグランプリ優勝の実力 新橋「日之屋」 »