« 遠征して同級生飲み 綾瀬「大松」&「ガス燈」 | トップページ | 「パロディ、二重の声」展(東京ステーションギャラリー) »

新しい図書館を見て・・・ 田無「一国」

2017/4/15(土)

西武新宿線の下落合駅。高田馬場から1駅という微妙な距離感もあって、あまり降りたことがない。下落合でイメージするのは、昔の深夜ラジオ「パックインミュージック」での林美雄の「下落合本舗」くらいかな。

立地も微妙。この駅の南側は神田川。北側には妙正寺川が流れていて、もう少し下流に行くと2つの河川は合流する。2つの川が合流するから「落合」という地名だという。へ~。とりあえず駅の改札を出て北側に歩きはじめる。

まず一度妙正寺川を渡り、新目白通りに出る。道を馬場の方へ進む。新しくオープンした「下落合図書館」を目指しているのだよ。もう一度橋を渡り南側へ。橋の上から、妙正寺川が暗渠になる辺りが見える。この先で神田川と合流。

Dscn1525 Dscn1526 Dscn1527

目指す新宿区立下落合図書館に到着。これか。元々は新宿区の中央図書館があった処。中央図書館は早大理工学部の方へ移り、跡地を建て直した。先月オープンした最新鋭の図書館だ。入口を入るとペッパー君がいて、図書館をご案内。凄いぞ(笑)。

Dscn1531 Dscn1530 Dscn1533

図書館は1~2階を使用。1階は雑誌やCD等。2階に上がると、大きな児童書コーナ。そして奥が一般書と閲覧席。そうか、この席は端末のタッチパネルで予約するシステムなんだ。随所に新機軸。機械音痴のオヤジにはついていけない時代が近づいたなぁ(涙)。

Dscn1534 Dscn1535 Dscn1536

帰り道は高田馬場に向かう。お~。これが東京富士大学か。昔は短期大学で「フジタン」と呼んでいたぞ。「さかえ通り」を通って通う、凄い立地。何時も「さかえ通り」でつかまるから、自分は通り抜けたこっちまでは初めて来たぞ。

Dscn1540 Dscn1541

高田馬場から西武線に乗り込む。計ったように16時50分過ぎに田無駅に到着。目指すは「一国」の口開けである。既に4人ほど行列。17時丁度に店がオープン。無事に焼き台側の角席に収容される。黒ホッピー下さい。凄いな、5分ほどでカウンタ席が満席に。

久々に「マカロニサラダ」からスタート。開店直後はオーダが集中するので、焼き物も先を見越して頼んでおこう。のんびりと飲み進むと、「カシラ」「ナンコツ」が塩で到着。相変わらず「一国」の焼き物、レベル高し。

今日の逸品は「パクチー肉巻き」。仕上げにナンプラーでもかけたのか、完全にエスニック仕様で登場。これはアイデア商品ですね。もつ焼き屋で、この味が楽しめるとは思わなんだ。旨い、旨い。

何時もなら、更に2~3本タレで追加の焼き物をいくところ。でも、気が付けば外席まで満員で、立飲みも出ている。今から焼き物の長い行列に更に並びなおすのも如何なものか。今日は、ここで打ち止め。ご馳走様でした。ここは来るのはタイミングがカギだなぁ。。。

Dscn1548 Dscn1550 Dscn1551_2

|

« 遠征して同級生飲み 綾瀬「大松」&「ガス燈」 | トップページ | 「パロディ、二重の声」展(東京ステーションギャラリー) »

居酒屋・西部」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/65156674

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい図書館を見て・・・ 田無「一国」:

« 遠征して同級生飲み 綾瀬「大松」&「ガス燈」 | トップページ | 「パロディ、二重の声」展(東京ステーションギャラリー) »