« 新しいラーメン屋でランチ 中野「竹屋」 | トップページ | この街は久しぶり 荻窪「カッパ」 »

話題の「ギンザシックス」へ 銀座「じゃのめ」

2017/4/26(水)

「ギンザシックス」へ行ってみよう。と考えた銀座に不似合いな酒飲みオヤジ。案の定。1階から入って5階までのお洒落系ショップは、どれも全くご縁がなさそうだ。というか、聞いたこともないブランドばかり。吹き抜けに浮かぶ草間彌生のバルーンも笑っとるは。

Dscn1678 Dscn1699 Dscn1679

唯一、自分が理解できそうなのが6階の「蔦屋書店」。ところが、これまた想像を超えた店づくり。アート系中心の商品構成とは事前に聞いていたが、この狭いジャンルの中での商品構成の深み。今までの「蔦屋書店」を、銀座向けに物凄くチューンアップしている。

Dscn1681 Dscn1684 Dscn1693

単に日本文化とか芸術を切り出しただけではない。平台に「安彦良和」であったり「サイバーパンク」であったりを展開するする目配り。かと思うと、岡本太郎、草間彌生、横尾忠則の著作が一棚ずつあったりする。蔦屋も試行錯誤して、これが出来るまできたか・・・

台に置いて見る超大型アート本コーナ。白手袋をして見ろ、と。日本刀コーナまであって、実際販売している。流石にこれはお飾りか、と思っていたら「刀を海外発送する手続きはどうですか」と真面目に相談している人もいてビビる。ここも、ある意味別世界であった。

「蔦屋書店」のまわりを囲む飲食店群も、自分には全くご縁がない感じ。唯一知っているのは「スタバ」。まぁ、蔦屋とスタバのコラボはお約束ですかね。でも満席。この蔦屋書店。開店ブームが去った後に、売場をどう維持していくのかね。また見に来なければ。

Dscn1685 Dscn1686 Dscn1687 Dscn1692_2

「ギンザシックス」を出る。外から見ると巨大。昔の「松坂屋」の面影は微塵もない。そもそも、あのブランドショップは「店」なんだろうか。これは、銀座中の路面で展開されている有名ブランドショップにも言える事だが。

「ショップ」ではなく「ショールーム」なんだろうな、きっと。モノ消費からコト消費への変化を如実に表しているのが、銀座という街なんだろう。少し疲れた。普通の本屋に寄ろうと「銀座コア」の「ブックファースト」に行ったら3/10に閉店、と。やっぱり「店」はダメなんだ。

気を取り直して、銀座七丁目方面に転進。「ノエビア銀座ギャラリー」に顔を出す。ここで小規模ながら土門拳の作品展「昭和のこども」。昭和30年前後の子供たちの遊んでいる姿を映し出した作品群。自分を含めて、昭和の子供達は楽しそうな笑顔で暮らしていた。

Dscn1702 Dscn1701 Dscn1700

さて。もう、よかろう。飲みに行こう。でも、銀座で飲む店があるのかいな。いや。この辺りで、一軒だけ心当たりが。「ギンザシックス」の裏手、もう少し新橋寄りの角の2F。日本酒の店「じゃのめ」。開店に少し早いが、フライイングで。今晩は。キティちゃん、久しぶり。

口開けの客となって、カウンタ席へ。銀座の街歩きで疲れたぞ。まずは瓶ビール。キティちゃんと乾杯。お通しは「おひたし」と「鮪ヅケ」だ。さらにキティちゃんが「鯨竜田揚げ」を味見させてくれる。超美味しい。

では日本酒ですね。最近の流行りという「会津中将」をもらう。日本酒を飲むのも久々だ。やっぱり、旨いよね日本酒って。ただ値段が張るのと、飲み口が良いので飲み過ぎるのが難点。「じゃのめ」は銀座にありながら、地酒一杯380円の驚き価格がイイね。

鯨があまりに美味しかったので「鯨刺身」も貰う事に。いや~。鯨を食べるのも久々だ。何で、こんなに旨いのだろう。学校給食で鯨を食べた「昭和のこども」だからね、我々は。最後に今度は千葉勝浦の「鳴海」を。気持ち微発砲で、飲みやすい。

気が付けば、団体さんも入り始めた。「じゃのめ」は良心的といっても銀座の店。これ以上は飲めのは財布が許すまい。そろそろ切り上げて帰りましょう。勘定は3,024円。銀座とは思えぬ優しい会計。ご馳走様でした。キティちゃん、またゆっくり飲もうね。。。

Dscn1713 Dscn1714 Dscn1715 Dscn1717

|

« 新しいラーメン屋でランチ 中野「竹屋」 | トップページ | この街は久しぶり 荻窪「カッパ」 »

居酒屋・その他地域」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/65202900

この記事へのトラックバック一覧です: 話題の「ギンザシックス」へ 銀座「じゃのめ」:

« 新しいラーメン屋でランチ 中野「竹屋」 | トップページ | この街は久しぶり 荻窪「カッパ」 »