« 「茶碗の中の宇宙」展(国立近代美術館) | トップページ | 何故か先輩も一緒に出撃 吉祥寺「たまや」 »

埼玉書店巡り 川越「大(ビッグ)」

2017/5/1(月)

別に超忙しい訳でもないのだが、GWは今日明日とカレンダ通りに出勤。電車は思ったより空いていない。働く人も多いという訳だ。それにしても、今日から5月。昨日で、今年の1/3が終わったという事だ。やれやれ。

天気予報通り、昼過ぎには天気の状態が不安定になり雷に雨。しかしへそ曲がりのオヤジは夕方、無理やり外出。まずは春日部を目指す。御茶ノ水ではやんでいた雨が、春日部駅に着いたら結構降っておる。これ位で驚きませんぜ、雨男は。

傘をさして5分ほど歩く。目指すは「ララガーデン春日部」。何でも書店「リブロ」が2Fから1Fに引っ越して、新装オープンしたとか。これか。この立地は、正面入口からすぐだが、駅に一番近い入口から入ると、駐車場脇の謎の通路を通らねばならない。ちと分かりにくい。

店は細長く、前面がガラス面なので通路からよく見える。暖色系の照明を使った、最近の「リブロ」らしい店舗。文具売場も充実。思わず買ってしまった。このグリーン系の売場も、なかなかイイね。

Dscn1784 Dscn1789 Dscn1786 Dscn1787

店を見終わって外に出ると、雨はもう上がっていた。駅までのんびりと戻る。駅前の藤棚が綺麗だ。そうだ。駅のロータリィにある老舗「酒井書店」にも顔を出さないと、ですね。「リブロ」としっかり棲み分けが出来ている、昔ながらの駅前本屋さん。

Dscn1796 Dscn1797 Dscn1795

東武野田線(アーバンパークライン 笑)に乗り込む。急行だ。何と、春日部の次は岩槻で、その次は終点の大宮。これは便利になったものだ。大宮駅前の居酒屋「いずみや」に吸い込まれそうになる。我慢。もう少し書店を回らねば。

JRに乗り換えて東大宮駅へ。自分が子供の頃は、大宮駅を出ると、次が東大宮駅。土呂駅なんて無かった。東大宮駅も、車窓から見ると駅前に何もない感じだった記憶。実際にこの駅に降りるのは初めてかも。

目的地は、ここから15分ほど歩いていくようだ。空はすっかり晴れた。ここに芝浦工大のキャンパスがあるのか。ふ~ん。15分ほど歩いて、見えてきました「ハレノテラス」。先月オープンしたショッピングセンター。

想像していたのより小ぢんまりしている。核店舗は「ヨークマート」。後は「マツモトキヨシ」に100円ショップなどなど。この一角に、豊橋に出自を持つチェーン「精文館書店」が、首都圏に久々の出店となるTSUTAYAをオープンさせた、と。これか。駅に一番近い一角。

Dscn1798 Dscn1800 Dscn1807

入ると、1・2階の2層構造になっていて、1Fは雑誌・ビジネス・実用書。奥に大きな文具売場。2Fは文庫と児童書、コミックにレンタルという構成。2層なので、あまり大きな感じがしないが、ゆったりとした作り。良い店が出来ましたね。文庫本を1冊購入。

Dscn1801 Dscn1803 Dscn1804

さて。東大宮駅周辺で飲むかとも思ったが、よく判らない。電車で川越へ移動。川越駅近くの居酒屋「大(ビッグ)」へ。川越店に来るのは久しぶりだ。18時過ぎの店内は、ほぼ満席の大盛況。辛うじてカウンタに入れてもらう。黒ホッピー下さい。

今日のお通しは「ブリ大根」ですかね。旨い。据え置きのお奨めメニューを見ていたら、裏面にデカデカと「ハンバーグ」。そうだよね。「大」は元々は肉屋。肉屋の「ハンバーグ」、美味しそう。いっちゃいますか。

待つこと暫し。お~。小ぶりではあるが厚手の「上州牛ハンバーグ」が2個。しかも、大好物のデミグラスソースがたっぷりと掛かっている。堪りませんなぁ。ガブリ。いや~。美味しい。酒が進む。

最後は焼き物の盛り合わせをタレで。何とも肉々しいツマミであったが、居酒屋「大」を久々に堪能。勘定は2,180円。さて。後は家まで帰って、さらに軽く飲みますか。明日会社に行けば、後は5連休だ。。。

Dscn1809 Dscn1810 Dscn1812 Dscn1814

|

« 「茶碗の中の宇宙」展(国立近代美術館) | トップページ | 何故か先輩も一緒に出撃 吉祥寺「たまや」 »

居酒屋・その他地域」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/65224355

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉書店巡り 川越「大(ビッグ)」:

« 「茶碗の中の宇宙」展(国立近代美術館) | トップページ | 何故か先輩も一緒に出撃 吉祥寺「たまや」 »