« 少し早いけど7周年祝い! 都立家政「弐ノ十」 | トップページ | 関西出張で一献 梅田「がんこ」 »

蕎麦居酒屋を下見 中野「いざ宵」

2017/7/5(水)

蕎麦研究家でもあるJAZZ研部長は、最近は本業のJAZZ研究でお忙しそう。先月は何と、このご時世にアメリカまで研究に行かれたとか。研究熱心さには頭が下がる。財力にも、ひれ伏すのみである。

中野に新しく出来た蕎麦居酒屋。JAZZ研部長をお誘いして行ってみようと思っていたが、流石の大財閥もアメリカ行きの後では大変そうだ。では、まずは先行して、下見に行ってみますか。

中野駅南口のマルイ脇のビル3F。我々が中学生の頃はマルイにA・B館があって、その間は、お茶屋と天麩羅屋だったかな。お茶屋「大橋」は新しいビルになって健在だから、こっちのビルは天麩羅屋だった処か。

予約しないで来たが、無事に入店。ほ~。靴を脱いで上がるのですね。カウンタに入れてもらう。割と長い直線カウンタに10席ほど、後は中野通りに面した窓際にテーブル席。今日も暑かった。まずは瓶ビールを。

お通しに、蕎麦を揚げたのが出てきた。ベビースターラーメンみたいで嬉しい(笑)。メニューを見ながら作戦を考える。「刺身盛り合わせ」から行きますか。あと繋ぎで「そば焼き味噌」も。蕎麦居酒屋といえば、やっぱりこの味噌をなめながら酒、ですな。

「刺身盛り合わせ」登場。お~。豪華だ。「イサキ」に「タチウオ」に「水だこ」と。「水だこの吸盤のポン酢おろし和え」までついている。「タチウオ」は軽く炙ってあるんですかね。レベルの高い刺身。これは日本酒ですね。この店は全国の地酒が充実しとる。

揚げ物。この謎の「インカのめざめ唐揚げ」を。フライドポテトなんだ。でも、芋がホクホクしていて旨い。メインディッシュは山形牛「柔らか牛すき煮」。先日の山形遠征では牛肉食えなかったから、カタキをとらんと。この肉! 言葉にならん・・・

最後の〆は、もちろん蕎麦。この店は杉並・堀之内「まん月」の支店。本店の「まん月」は随分前にJAZZ研部長と行った事が。その「まん月」で打った蕎麦を、毎日持ってきていると。直線距離だと近いからね。

「稚鮎天せいろ」もあるのか。あの、ほろ苦い味も捨てがたい。しかし今日は、ここまで随分と背伸びして色々飲み食いしてきた。最後はシンプルに「せいろ」で。濃い目の蕎麦汁でいただく逸品。

これは再訪必至ですね。でも、やっぱり中野にしては少し高級店。次はJAZZ研部長の財布をアテにして、日本酒をカパカパ頂くこととしよう。ご馳走様でした。。。

Dscn2815 Dscn2816 Dscn2824 Dscn2826

|

« 少し早いけど7周年祝い! 都立家政「弐ノ十」 | トップページ | 関西出張で一献 梅田「がんこ」 »

居酒屋・中野」カテゴリの記事

コメント

下見までしていただき感謝に耐えませんね。一体、いつになったら行けるやら。

投稿: DW | 2017年7月12日 (水) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/65497236

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦居酒屋を下見 中野「いざ宵」:

« 少し早いけど7周年祝い! 都立家政「弐ノ十」 | トップページ | 関西出張で一献 梅田「がんこ」 »