« ちひろ美術館で2つの企画展 | トップページ | サラバじゃ! 中野「かつや」 »

家族イベントで中華 西武新宿「唐苑酒楼」

2017/6/25(日)

次男の合唱を聴きに錦糸町へ遠征。「すみだトリフォニーホール」は久々だ。珍しく1F席。早慶に同志社・関西学院の「東西4大学合唱演奏会」。関東と関西で1年交代でやるので、聴きに来るのは一昨年以来。4大学それぞれの校歌からスタート。

実際のステージは、まず関学。多田武彦の「富士山」。やっぱり関学のグリーは上手い。頭一つ抜けている感じ。続いて早稲田は珍しくも洋物「北東欧のアラカルト」。何語だか判らん。これを覚えるのが嫌でだったのか、次男は最後の合同ステージしか出ないと(笑)。

同志社はオーソドックスに「ミサ曲」。そういえば同志社はクリスチャン系の大学でもあったな。最後は慶應のワグネル。高田三郎「ひたすらな道」。慶應にしては珍しく(?)普通の男声合唱曲であった。

そして休憩を挟んで、4つの大学総出で合同ステージ。三善晃編曲の「唱歌の四季」。「朧月夜」から始まって、「茶摘」「紅葉」「雪」。そして最後に「夕焼け小焼け」。誰もが知っている唱歌を男性合唱版で。イイね。

アンコールは池澤夏樹作詞・鈴木輝昭作曲の「満天の感情」。へ~。池澤夏樹の合唱曲版なんて初めて聴いたな。最後の最後は、また大学別にお得意の持ち歌を披露しておしまい。飽きの来ない楽しいステージであった。

Dscn2510 Dscn2511

終わると18時半過ぎ。錦糸町では、店が判らない。当初の予定通り新宿まで移動。下見をしておいた、西武新宿駅そばの中華料理屋「唐苑酒楼」へ。1Fのテーブル席が1つだけ空いていた。ラッキー。結構な人気店。瓶ビールをもらって、お疲れ様。

ツマミは「チャーシューとネギの和え物」から。辛いかと思ったが、それ程でもなく良かった。「水餃子」。これは旨い。手作りなんでしょうかね。メインディッシュは「黒酢スブタ」。豚肉にしっかり衣をつけて揚げてあるのが特徴的。

最後に「五目焼きそば」。餡かけで旨い。隣の男女4人組の学生たちは、酒を飲まずに食事。今の若い衆は「食事」、とういう時代なのか。オヤジたちは、隙あらば飲もう、という感じだがね。家族行事も無事終了だ。。。

Dscn2512 Dscn2515 Dscn2518 Dscn2517

|

« ちひろ美術館で2つの企画展 | トップページ | サラバじゃ! 中野「かつや」 »

居酒屋・新宿」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/65459339

この記事へのトラックバック一覧です: 家族イベントで中華 西武新宿「唐苑酒楼」:

« ちひろ美術館で2つの企画展 | トップページ | サラバじゃ! 中野「かつや」 »