« 対談「ポスト資本主義と建築」(安与ホール) | トップページ | 名古屋は暑かった! 【酔っ払いの帰還篇】  »

名古屋は暑かった! 【行きの酔っ払い篇】 

2017/8/23(水)

名古屋へ。出張だからスーツで来たのだが、早くも後悔。どえりゃ~暑い。まずは栄エリアの書店巡り。東京だろうが名古屋だろうが、やる事はあまり変わらんな。テレビ塔を遠目に見て、まずはパルコを目指す。

Dscn3684

栄の名古屋パルコ東館の4階。ここにリブロが尖がったブック&カフェ「Carloba360」を出店したのは一昨年の9月。オープンしたてのの頃に見に来て以来だな。入口の雑誌売場付近が以前よりスッキリした印象。でもカフェを含めて、客が少ない。苦戦か。頑張れ!

Dscn3685 Dscn3687 Dscn3686

今度は転進してロフト。ここの地下1階と7階の2フロアをそれぞれ丸ごと使って「ジュンク堂書店」。まずは地下から。こちらは雑誌や文庫、売れ筋書籍など一般的な本。そしてエレベータで7階に上がると、ワンフロア丸ごと専門書。デカいな、相変わらず。

Dscn3689 Dscn3691

最後は栄駅近くまで戻って明治安田生命ビル。ここに昨年1月、「ジュンク堂書店」がオープンした、と。先程のロフトの店も大きいし、同じグループでは「丸善」がこれまた巨大な名古屋本店に、セントラルパーク店と2つ店を出している。カニバってないのかね。

こっちの「ジュンク堂」は地下1階と地下2階の2フロア丸々使った、お得意のパターン。栄の「森の地下街」から直接入れる。専門書も充実していて、図書館みたいな棚も含めて、いかにも「ジュンク堂」。栄駅に近いからか、一番客が入っているな。

Dscn3682 Dscn3680

そのまま、地下街を彷徨う。ほ~。「ザ・リブレット」がある。書店と文房具店のごちゃ混ぜ業態。東京では見かけない。栄地下街のど真ん中という好立地に、昔ながらの「鎌倉文庫」。小さな店なのだが、完全に立地商売。

Dscn3695 Dscn3694

さて。もう19時半過ぎだ。流石に、もう良かろう。軽く飲んで寝よう。でも、この暑さでは地上に出て飲み屋を探すのは嫌だなぁ。どこか、地下街で店がないかな。お~。あるじゃないですか、良さげな大衆居酒屋。

居酒屋「酒津屋」。テーブル席のみの店。入口付近のテーブル席に相席で入れてもらう。遠くのテレビではドラゴンズのナイターをやっているようだ。瓶ビールください。メニューを見ながら作戦を考える。

名古屋らしいもの? とりあえず「牛スジどて煮」にしますか。大ぶりの牛スジが、味噌味で柔らかく似てある。いかにも名古屋、という感じ。旨いぞ。メニューに「お手軽フライ」を発見。1個130円は安い!

では「ハムカツ」と「赤ウィンナー串」「ひとくち串カツ」を下さい。出たな、揚げ物大王。飾りっけのない大衆居酒屋。ゴロゴロっと、一つの皿に3つ一緒盛り。イイね。これにソースをぶっ掛けて、と。大衆居酒屋の醍醐味ですな(笑)。トリスのハイボールに行こう。

最後に黒板のお奨めメニューに「マルシンハンバーグ」を発見。昭和の子供としては、頼まざるを得まい。目玉焼き付きで登場。今の若い衆は「マルシンハンバーグ」食べた事あるのかいな。少なくとも、うちの子達はないな。

いや~。満足、満足。勘定も2,500円いかず。栄の地下街で、駅から至近なのに大衆価格。だから、オヤジ達が三々五々集まってきている。さて。あとは、コンビニに寄って寝酒を仕入れて、寝るだけじゃ。。。

Dscn3696 Dscn3697 Dscn3700 Dscn3702

|

« 対談「ポスト資本主義と建築」(安与ホール) | トップページ | 名古屋は暑かった! 【酔っ払いの帰還篇】  »

居酒屋・その他地域」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/65706664

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋は暑かった! 【行きの酔っ払い篇】 :

« 対談「ポスト資本主義と建築」(安与ホール) | トップページ | 名古屋は暑かった! 【酔っ払いの帰還篇】  »