« 本当に健康になれるのか・・・ 御茶ノ水「吉野家」 | トップページ | お盆休み前にモツ補給 都立家政「弐ノ十」 »

この街も変わってしまった・・・ 調布「い志井」

2017/8/9(水)

調布駅に近づくと、電車が地下に入り地下駅で停車。あれ。こんな駅だっけ。久々に来たが、物凄く違和感がある。地上に出ると、目の前にパルコがあるロータリィの景色は広がる。でも地上に、駅と線路がない。

しかも、駅と線路があったところには見慣れないビルが建っている。この秋にショッピングモールがオープンする、と。下北沢駅が地下化された時も、あれっと思った。けど、地下化して地上にビルまで建て、商売をするとは。京王電鉄はしぶとい。

Dscn3441 Dscn3443 Dscn3444

確かに駅が地下になって、南北の人の行き来は楽になったようだ。でも、街が大きく変わってしまったなぁ。気を取り直してパルコに入る。確か、ここの「リブロ」も6月末にリニューアルでして「パルコブックセンター」として生まれ変わったはず。これか。

横に広い店舗。学参・児童書・コミックの在庫を厚くした、ファミリー層をターゲットにした店に衣替えですな。店舗前面では絵本原画とかも飾られている。隣は家電店。ふむ。夏休みの夕方で、まずまずの客の入り。でも「リブロ」の尖がった品揃えはないなぁ・・・

Dscn3446 Dscn3450 Dscn3449

地元の書店にも顔を出しましょう。パルコを出て1分も歩かないで「真光書店」。ビルの1階と地下を使った、結構大きな店。1Fは雑誌とか文庫など、一般的な本。ところが店内のエスカレータで地下に降りると、充実の専門書コーナ。

随分、久しぶりに来た。昔は南側にも支店があったが、今はないのか。まぁ街が変わったからね。パルコが出来て「リブロ」が入り、今度は駅ショッピングモールに「くまざわ書店」が秋にオープン、と。更に激戦区となりますな。

Dscn3451 Dscn3452

さて。軽く飲んで帰りましょう。物凄く久しぶりだけど、「い志井」の本店に行くかな。真光書店のすぐ裏手。天神通り商店街を入ってすぐの左手だ。お~。天神通りは鬼太郎が出迎えてくれるのか。この辺りは、確かに水木しげる先生ゆかりの街。

Dscn3468 Dscn3467 Dscn3465

ん。店前に人が2~3人。満員なのか。いや、何か撮影をやっている。入れないのかな。店の人に聞くと「2階なら大丈夫です」との事。無事に2階のカウンタ、焼き台前に入れた。今日は東京でも37℃とか。いや、暑かった。生ビールください。

「い志井」で飲むのは、何年振りだろうか。物凄い昔に大ボスと来たから、10年以上は来ていないか。何でも「い志井」は、戦後に中野の立飲み屋台で創業。1974年に、ここ調布の本店に引っ越してくるまで、中野新仲見世商店街で商売していた、と。何か縁がある。

「煮込み」から行きますか。白みそ仕立ての優しい味。モツを物凄く丁寧に仕事してある。旨いな。続いて焼き物へ。まずは名物「ればねぎ串」から。ネットリと口の中で蕩けるレバ。細かく刻んだネギとのハーモニー。イイね。

「特製なんこつたたき」ももらいましょう。生のピーマンの上に載ってでてくる。一緒に齧るのか。これまた絶妙。自分が何時も飲んでる店より、プライスラインが少し上なのだが、これだけ美味しいものが食べられればね。

最後に「かしら」と「はらみ」を焼いてもらってフィニッシュ。勘定は3千円ちょい。新宿三丁目に「日本再生酒場」を出したり、ハヤシライス業態を開発したりと結構なチェーン店に成長した「い志井」。その原点の店を満喫。。。

Dscn3457 Dscn3459 Dscn3463 Dscn3462

|

« 本当に健康になれるのか・・・ 御茶ノ水「吉野家」 | トップページ | お盆休み前にモツ補給 都立家政「弐ノ十」 »

居酒屋・西部」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/65645833

この記事へのトラックバック一覧です: この街も変わってしまった・・・ 調布「い志井」:

« 本当に健康になれるのか・・・ 御茶ノ水「吉野家」 | トップページ | お盆休み前にモツ補給 都立家政「弐ノ十」 »