« レンガ坂で一杯 中野「コグマヤ」 | トップページ | 栃木へ遠征 【佐野で厄除け篇】 »

この街でソースカツ丼! 早稲田「奏す庵」

2017/12/21(木)

そもそも「カツ丼」の起源には諸説ある。しかし、「カツ丼」が早稲田の街で生まれたというのは、定説となっているのではないか。大隈重信ゆかりの「三朝庵」起源説もあれば、福井の「ヨーロッパ軒」の源流が早稲田だった説もあるが。

その「ヨーロッパ軒」の「ソースカツ丼」起源説をとり、鶴巻町で「ワセカツ!」と銘打って提供しているのが「奏す庵(そうすあん)」。では、今日のランチは、久々に「ソースカツ丼」を食べる事としよう。早稲田大学正門から真っ直ぐ通りを進んだ右側。

結構遅い時間だったので、先客はなし。「ワセカツ!」をオーダすると、目の前の大鍋でカツを揚げる。先付けで梅干しの小鉢が出て、いよいよ本体が到着。蓋をあけると、ご飯が見えないほどの迫力でソースカツが載っている。

では、まずカツを一口。ほほ~。ウスターソースなんだけど、福井「ヨーロッパ軒」よりは控えめな味のような気がする。上品。それもあって、別に「芥子入りソース」が小さなスプーンと一緒についてきたのか。では、この特製ソースも。成る程。ちと違う感じが楽しめる。

味噌汁も上品な味。早稲田というとバンカラというか野暮というか、荒っぽいイメージがあるのだが最近は違うのかね。お新香とデザートも上品。それに、お茶はジャスミンティーだ。980円のランチで「ソースカツ丼」を堪能。また福井で「ヨーロッパ軒」行きたいな。。。

Img_0972 Img_0973 Img_0977

|

« レンガ坂で一杯 中野「コグマヤ」 | トップページ | 栃木へ遠征 【佐野で厄除け篇】 »

カツ丼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/66013732

この記事へのトラックバック一覧です: この街でソースカツ丼! 早稲田「奏す庵」:

« レンガ坂で一杯 中野「コグマヤ」 | トップページ | 栃木へ遠征 【佐野で厄除け篇】 »