« 静岡おでんも登場! 都立家政「竹よし」 | トップページ | 「1968年-無数の問いの噴出の時代-」(国立歴史民俗博物館) »

日本酒を死ぬほど飲んで・・・ 市ヶ谷「蕎麦しおさい」

2017/12/2(土)

年末恒例の蕎麦屋での忘年会。今年は主催者のJAZZ研部長が2~3週間ほど出稼ぎ労働に行かれて、開催が危ぶまれていた。が、何とか金曜日に一区切りついた、との事。予定通り、本日開催となった。

今年の会場は、市ヶ谷から牛込神楽坂の方に坂を上っていった処にある「蕎麦しおさい」。流石は蕎麦ブログもやっているJAZZ研部長。よく店をご存じだ。17時スタート。少し早く着いたので、途中にある「DNPプラザ」に寄り道。

ここは前はデジタル絵本とかを展示していたが、今年の10月にリニューアル。日本のアニメ文化を発信する拠点「東京アニメセンター」に生まれ変わった。どれどれ。う~ん。ピンとこないな。まぁ、これからですかね・・・

Img_1319 Img_1316 Img_1317 Img_1313

17時前に店に到着。一番乗り。え。今日は7人で店を貸切ですか。調理場前のカウンタには日本酒の一升瓶がずらり。これは、今日は高くつきそうだ。腹をくくって飲むしかないな。全員揃ったところで、まず「ハートランド」で乾杯。

様々な前菜が載った皿が楽しい。「あん肝」「蕎麦味噌」「銀杏」など、酒飲み心をくすぐる一品の数々。そして、ここから怒涛の日本酒タイム。今日は熱燗向きの酒が多いようだ。質より量のオヤジは、出された酒をひたすら空けるのみ。

Img_1322 Img_1324 Img_1327 Img_1331

料理はコース。「天麩羅」も「刺身」も出た。「生牡蠣」も食ったか。ヘロヘロに酔っぱらって、最後の「蕎麦」に行きついた時には、大酔っ払い。それでも「蕎麦」が2種類出たのは、何となく覚えている。「蕎麦搔のぜんざい」も。美味しかった。でも「何とかに真珠」かもね。

Img_1333 Img_1334 Img_1335 Img_1337

JAZZ研部長は長期の出稼ぎ労働後なので、今日はもう少し飲みたいようだ。先程の会は、近年稀にみる高額の割勘だったが、仕方がない。お付き合いせねば。どうやって移動したのか記憶にないが、気が付けば田無の「一国」へ。

21時過ぎだったので、カウンタが空いていた。二人で並んで入って行くと、マスタに「お二人は知り合いだったんですか」と驚かれる。この店に来るときは、お互い単独行動が多いからね。更に黒ホッピー。よく家に帰れたな。。。

Img_1338

|

« 静岡おでんも登場! 都立家政「竹よし」 | トップページ | 「1968年-無数の問いの噴出の時代-」(国立歴史民俗博物館) »

居酒屋・新宿」カテゴリの記事

居酒屋・西部」カテゴリの記事

コメント

あれ以来、日々お誘いをうけてます・・・
https://www.facebook.com/%E8%95%8E%E9%BA%A6%E3%81%97%E3%81%8A%E3%81%95%E3%81%84-679932212060007/?hc_ref=ART5HiFez5fe_8eeBYY90kz5OZEVVvP12ZCnsIeSBGimA0gQS7KBVqHPpWGP-Jft1rY

投稿: DW | 2017年12月12日 (火) 07時58分

よほど大金持ちだと思われたんでしょう。
貧しい後輩にも、ご馳走してください。。。

投稿: 本読みオヤジ | 2017年12月12日 (火) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/66119993

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒を死ぬほど飲んで・・・ 市ヶ谷「蕎麦しおさい」:

« 静岡おでんも登場! 都立家政「竹よし」 | トップページ | 「1968年-無数の問いの噴出の時代-」(国立歴史民俗博物館) »