« 謹賀新年! | トップページ | ようやく初詣に出撃! »

『キトラ・ボックス』(池澤夏樹/角川書店)

2018/1/2(火)

今回の年末年始は、珍しく長男が実家に帰ってきた。約1年ぶり。今や最もブラック企業といわれている中学校の数学教師。一人暮らしもしていて、大丈夫かいなと思うこともある。まぁ変わらず元気そうで何より。

例年は正月2日は初詣に出撃。だが今年はせっかく長男もいるので2日も家から出ず。読書三昧、テレビ三昧の時間。普段家にテレビがない長男に付き合って、「逃げ恥」を延々と見てしまった。そうか、こういう話とダンスなのね。流行遅れのオヤジ。

新年の読書初めは毎年、池澤夏樹を読むのがここ10年来のお約束。今年は『キトラ・ボックス』。3年前に読んだ『アトミック・ボックス』の続編的な長編。前作は日本の原子力開発を巡るポリティカル・サスペンスだったが、今回は考古学系。

ウイグルとかチベット問題を絡め、ややポリティカルではあるが、前作ほどのスピード感はないかな。それだけ前作の方が秀逸だったという事。元々、考古学・歴史系は妹の守備範囲で、自分は地理系の人だというのもあるが。

今年も、酒ばかり飲んでないで、しっかり本読むぞ。お~! 

|

« 謹賀新年! | トップページ | ようやく初詣に出撃! »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/66242802

この記事へのトラックバック一覧です: 『キトラ・ボックス』(池澤夏樹/角川書店):

« 謹賀新年! | トップページ | ようやく初詣に出撃! »