« こんな所にフードコートが 秋葉原「梅林」 | トップページ | 母校を訪ねて偲ぶ 中野「まいける」 »

辛さと痺れ! 中野「タンタンタイガー」

2018/5/31(木)

4月に新しい担々麺専門店がオープンした。場所は「薬師あいロード」。中野駅北口から飲み屋街を抜け、早稲田通りを渡って「薬師あいロード」に入って、しばらく進んだ左側。有名飴屋「パパブブレ」のすぐそば、と言った方がわかりやすいか。

ここは、確か焼鳥屋だった処だよな。何時も閑散としていて「大丈夫かいな」と思っていたら、やっぱり商売をやめてしまった。その跡地。担々麺屋になったら、行列も出来る大繁盛。商売の厳しさを教えてくれる。

ようやく客も落ち着いた頃合いを見計らって、ランチに出陣。まだ12時前という少し早い時間なので、すんなりと入店。まず自販機で食券を買うシステム。基本は「汁なし担々麺」と「レディース担々麺」の2種類。あとは量とトッピングの調整。

オーソドックス(そう)な「汁なし担々麺」いってみますか。ポチリ。席につき食券を渡すと「辛さと痺れを選んでください」。パネルが貼ってあって説明。「辛さ」「痺れ」ともに大中小のレベルがあるようだ。辛いのは、あまり得意でない。一番ノーマルそうな中・中で。

待つこと暫し。きました。「よく混ぜて召し上がり下さい」と。上に載っているのは挽肉に干しエビにパクチーでしょうか。では箸でかき混ぜて、と。ガブリ。少し後から辛さと痺れがくる感じ。麻に辣ですかね。これならギリギリ許容範囲。旨いな。

ワシワシと食べ進める。途中でテーブルの上にある特製の黒酢も少しかけてみる。お~。味がマイルドになってイイ感じ。完食。「汁なし」はあまり食べた事がなかったが、美味しいものですね。

でも、これ以上の辛さは自分には無理かも。痺れ、はまだいけるかな。ん。中と大の間がある、と? まぁ、またチャレンジしてみますか。ご馳走様でした。。。

Img_3156 Img_3159 Img_3153 Img_3155

|

« こんな所にフードコートが 秋葉原「梅林」 | トップページ | 母校を訪ねて偲ぶ 中野「まいける」 »

中野さんぽ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/66739462

この記事へのトラックバック一覧です: 辛さと痺れ! 中野「タンタンタイガー」:

« こんな所にフードコートが 秋葉原「梅林」 | トップページ | 母校を訪ねて偲ぶ 中野「まいける」 »