« 避暑?の旅 【軽井沢・高崎篇】 | トップページ | スワローズ応援居酒屋でランチ 中野「燕屋」 »

馴染みの店がドンドンなくなっている・・・ 神田「大松」

2018/7/2(月)

今から30年以上前の事。新入社員だった我々同期は、金がなかった。当時の御茶ノ水には、飲み屋自体があまりなく、あっても結構な値段。だから、酒が飲みたい時(ほぼ毎日)は、歩いて神田まで行き、安い大衆酒場でくだを巻いていた。

久々に御茶ノ水から歩いて神田へ。何処で飲むかな。ありゃ。「三州屋」は閉店して、更地になっている。やっぱりガード下かな。が~ん。何と。大衆居酒屋が軒並みなくなっている。「大越」も「升亀」も。何という変わりよう・・・

酒飲みオヤジ達は、一体どこで飲んでいるんだろう。まわりを見渡しても、あるのはナショナルチェーン居酒屋ばかり。高度資本主義だかグローバリズムだか知らんが、居酒屋がこんなにコモディティ化して良いはずがない。何という時代になってしまったのか(涙)。

意地になってガード下で入ったのが、立飲み「大松」。BGMは、かぐや姫に拓郎、陽水ですが何か。お~。クリスタルキング「大都会」だ。これが大衆酒場だ、文句があるか。黒ホッピー下さい。

ここは鰯料理がメインの店。だから、色々な鰯料理があって迷う。隣の人の注文に便乗して「なめろう」。あ~、旨い。やっと心が落ち着いてきた。最後に「栃尾油揚げ」。醤油をぶっかけて、ワシワシと食べる。

勘定は2千円いかず。でもなぁ。何で大衆酒場がこんなに衰退しているんだろう。若者のアルコール離れ? 某出版業界と構図は同じか。自分が引退するまでは、あちこちの大衆酒場には頑張って欲しいぞ。自分勝手と言われても「逃げ切り世代」になりたい。。。

Img_3558 Img_3559 Img_3561

|

« 避暑?の旅 【軽井沢・高崎篇】 | トップページ | スワローズ応援居酒屋でランチ 中野「燕屋」 »

居酒屋・御茶ノ水界隈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/66896681

この記事へのトラックバック一覧です: 馴染みの店がドンドンなくなっている・・・ 神田「大松」:

« 避暑?の旅 【軽井沢・高崎篇】 | トップページ | スワローズ応援居酒屋でランチ 中野「燕屋」 »