« 嵐の夜に・・・ 新宿「晩杯屋」 | トップページ | ギフトショー帰りに一杯 野方「秋元屋」 »

映画「ムーンライズキングダム」(ユジク阿佐ヶ谷)

2018/9/5(水)

ウェス・アンダーソン監督の撮る映画には中毒性があるのだろう。独特の世界観・人間関係、音楽やファッション。先週に引き続いて、ミニシアタ「ユジク阿佐ヶ谷」に出撃じゃ。ウェス・アンダーソン監督特集。今日は「ムーンライズキングダム」。実写映画。

舞台は島。若い少年少女の逃避行。お~。昔の映画「小さな恋のメロディ」みたいだ。主人公は煙草を吸い、ヒロインの少女は化粧ばっちり。この辺りは、これまた懐かしの映画「ダウンタウン物語」みたいな不思議な設定。初めて見る映画なのに、何故か懐かしい。

小道具も利いている。昔懐かしのレコードプレーヤーでかかるのは、ブリテン「青少年のための管弦楽入門」。歩いてのサバイバル逃避行なのに、少女が黄色いスーツケース一杯に持ち歩いているのが「本」なのもイイね。しかもファンタジー系。

実は脇役陣も豪華。しょぼくれた、島にたった一人の警部はブルース・ウィルスだし、少女の父親はビル・マーレイ。ちょい役のボーイスカウトのよぼよぼ司令官はハーヴェイ・カイテルときたもんだ。皆、いい味出している。

いや~。またまたハマってしまいましたね。ウェス・アンダーソン監督は1969年生まれだから、自分より8歳ほど年下なのか。何で、この監督にもっと早く気付かなかったのだろう。もっと観たいぞ。「ザ・ロイヤル・テンネンバウムズ」とか「グランド・ブタペスト・ホテル」とか。

Img_4339 Img_4311 Img_4340

興奮冷めやらず。クールダウンですね。先週に引き続き「川名」へ。「ユジク」→「川名」という流れが定番になりそうだ。「川名」は奥の座敷も含めて、ほぼ満員の盛況。でもカウンタの真ん中あたりが、ポッコリと空いていた。七福神狸の前のお気に入りの席。

お~。「秋刀魚の刺身」があるのか。隣のオヤジが食べてるの、ヴォリュームもあって旨そうだ。でも今度の週末は、一家で鹿児島に墓参り。少しでも節約じゃ。「ゲソワサ」下さい。庶民の刺身。これが実は旨かった。

最後に、定番の「チキンセット」を貰ってフィニッシュ。勘定は2千円いかず。よしよし。丁度席を立とうとした所に、入ってきたのがH田さん。先日の銀座の会はお疲れ様でした。すれ違いになったけど、また何処かで飲みましょう。お先に。。。

Img_4345 Img_4343 Img_4344

|

« 嵐の夜に・・・ 新宿「晩杯屋」 | トップページ | ギフトショー帰りに一杯 野方「秋元屋」 »

居酒屋・西部」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/67136450

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ムーンライズキングダム」(ユジク阿佐ヶ谷):

« 嵐の夜に・・・ 新宿「晩杯屋」 | トップページ | ギフトショー帰りに一杯 野方「秋元屋」 »