« 白いカツ丼とは何か・・・ 池袋「セントポールの隣」 | トップページ | 嵐の夜に・・・ 新宿「晩杯屋」 »

いかにも昭和の店 野方「大岩」

2018/9/3(月)

中野駅と野方駅の中間くらい。あの辺りはバスが一方通行の細い道を進む。だから、行きと帰りで、バスが通る道が違う。その中間の辺りに、前々から気になっているザ・昭和の店がある。今日のランチで行ってみよう。

中野駅から早稲田通りへ。通りを西に進み、中野中学校の前を過ぎて、野方警察署へ。その前の道を入る。一方通行の道の出口になっていて、野方から中野とか新宿に向かうバスが丁度出てくるところ。

この細いバス通りをしばらく進むと、「野方一丁目」のバス停。この目の前に、目指す「大岩」がある。食堂? 飲み屋? 看板に「高清水」と書いてあるから飲み屋なんでしょうかね、基本。入ってみれば分るか。

Img_3112 Img_3122 Img_3110

13時過ぎという少し遅い時間。店内はコの字カウンタのみ。10席ちょいか。そして店舗の奥に厨房。先客はいない。カウンタに座ると店主が扇風機をまわしてくれる。ストーブの上だ(笑)。いかにも昭和。

定食類が充実しているので少し迷ったが、オーダは「カツ丼」。倶楽部カツ動。後から客が2人ほど。結構な人気店なんですね。まわりに飲食店とかはなさそうだからか。奥の厨房では揚げ物の音が。楽しみ、楽しみ。

来ました「カツ丼」。味噌汁とお新香付きで。では、まずカツを。割と薄めのカツだが、旨い。細切り玉ねぎと一緒に、濃い目の味付けで煮込まれている。つゆだくで、ご飯にまでイイ味が沁みている。あぁ、昭和の味だ。

味噌汁がまた、濃い。大根とかがクタクタに煮込まれている。そうだよね。健康志向とか関係なく、昭和の味噌汁は煮詰まった濃い目の味であった(遠い目)。結構ヴォリュームもあったが、完食。

創業50年以上とか。この立地では、自分はなかなか飲みには来られないかなぁ。年配の店主が一人で切り盛りする店。機会があれば、また寄らせてもらいます。また昭和を満喫させてくださいな。ご馳走様でした。。。

Img_3105 Img_3106 Img_3107 Img_3109

|

« 白いカツ丼とは何か・・・ 池袋「セントポールの隣」 | トップページ | 嵐の夜に・・・ 新宿「晩杯屋」 »

カツ丼」カテゴリの記事

中野さんぽ」カテゴリの記事

居酒屋・中野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/66714388

この記事へのトラックバック一覧です: いかにも昭和の店 野方「大岩」:

« 白いカツ丼とは何か・・・ 池袋「セントポールの隣」 | トップページ | 嵐の夜に・・・ 新宿「晩杯屋」 »