« 箱根日帰りの後は・・・ 都立家政「竹よし」 | トップページ | やっちまったぜ5枚載せ! »

「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」展(サントリー美術館)

2018/10/6(土)

六本木ミッドタウンにある「サントリー美術館」へ。京都・醍醐寺の仏像・仏具などを持ってきた、と。醍醐寺と言われても「秀吉が花見やったところ」くらいしか思い浮かばん。真言密教? 大丈夫か、自分。

入るとまず「如意輪観音坐像」。空海直系の聖宝が開山した当時の仏像ですかね。そして空海直筆の国宝「大日経開題」。ほほ~。今回の展示は、何気に国宝がぞろぞろ並んでいるのは壮観。それだけ凄い寺なんですな。

前半のハイライトは「五大尊像」。大きな掛け軸が、不動明王を中心に降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王と5幅。こうした掛け軸を本尊として祀って、修法を執り行ったんだろう。迫力がある。そして、その奥に更に今度は仏像で「五大明王像」。

国宝「虚空蔵菩薩立像」も小ぶりだが良いたたずまい。この快慶作の「不動明王坐像」も良いなぁ。フロアが替わると、階段の真下の巨大空間に大きな「薬師如来および両脇侍像」。薬師堂のご本尊を持ってきたのか。これは凄い。

下のフロアは「法脈を伝える」という事で、様々な巻物。これが、ずらりと並んでどれも国宝なんだからビビる。「織田信長黒印状」まであるぞ。最後は「醍醐の花見」の時代。長谷川等伯の一派による「三宝院障壁画」とか。

俵屋宗達が得意の扇絵。その扇を幾つも集めて屏風に仕立てたものまである。いや~。これだけの文化財を持っているって、醍醐寺はあらためて凄いんだなぁ。京都山科か。死ぬ前に一度くらい行ってみるか。

Img_4656 Img_4651

ミッドタウンに来たついでに「富士フィルムスクエア」にも寄り道。企画写真展は「富山治夫 現代語感」。1960年代の「朝日ジャーナル」に連載された「言葉」と「写真」。この写真が、いかにも「昭和」で、しかも捻りが利いた「言葉」との組み合わせの妙。

Img_4657 Img_4652

帰りに赤坂まで歩いて、「黒い吉野家」へ。「吉野家」の高級ヴァージョン。確かに、椅子とかも違う。「黒い吉野家」には「カツ丼」があると聞いた。が~ん。ここのメニューにはない。仕方なく「から揚げ丼」を食べて帰路に。「吉野家のカツ丼」は、まだ幻の一品。。。

Img_4643 Img_4644 Img_4646

|

« 箱根日帰りの後は・・・ 都立家政「竹よし」 | トップページ | やっちまったぜ5枚載せ! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/67227158

この記事へのトラックバック一覧です: 「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」展(サントリー美術館):

« 箱根日帰りの後は・・・ 都立家政「竹よし」 | トップページ | やっちまったぜ5枚載せ! »