« 東京で越前おろし蕎麦を! 日本橋「御清水庵 清恵」 | トップページ | コンサート「山下洋輔ニューヨークトリオ 30光年の浮遊」 »

周りの迷惑もかえりみず・・・ 野毛「第一亭」

2018/11/1(木)

今年最後の横浜遠征。15時過ぎに桜木町へ。まずはパシフィコ横浜の展示ホール。図書館関連イベント。今年も横浜の書店の雄「有隣堂」がブース出展。でも展示は本以外の商材が多い。現時点での立ち位置か。でも裏にはしっかり読書推進の仕掛け。イイね。

Img_5151 Img_5149 Img_5147 Img_5148

帰りに本屋に顔を出す。みなとみらいの「丸善」、ランドマークの「くまざわ書店」。どちらも少し客が寂しい。桜木町駅前のコレットマーレには「紀伊國屋書店」の大型店。ここは結構な賑わい。でも駅改札前の「ブックエクスプレス」を含め、オーヴァー・マーケットだよなぁ。

Img_5152 Img_5156 Img_5158 Img_5161

ここらで、よかろうかい。桜木町駅の逆側に向かう怪しいオヤジ。「野毛ちかみち」の階段を降りて行く。賑やかなみなとみらい地区とは一転して、昭和の雰囲気を色濃く残した野毛の飲食店街。仲通りを進む。JAZZ喫茶「ちぐさ」は健在のようで何より。

Img_5162 Img_5163

もうすぐ日ノ出町駅というエリアの路地。目指すは「第一亭」。ここに来るのに油断すると、ラブホとかソープ街に迷い込んでしまうんだよね。今日は迷わず来られた。超人気店だが、カウンタの「プラ前」席に入れてもらう。瓶ビール。

他の人が続々と「チート」を頼むので便乗。目の前のプラスチック越しに調理の様子が見られるのが楽しい。成る程。チートは、予め1人前ずつ材料を小分けして皿盛。注文が3つ入れば、3皿投入していっぺんに作って分けるんですね。

来ました作りたて。小ぶりの皿に載った「チートのしょうが炒め」。チートは豚の胃袋ですかね。生姜と一緒に炒めて餡かけしてある。これが良いツマミになるのだよ。ビールが進む。ここでウーロンハイももらいますか。

もう一品頼もうと思っていたが、他の客が「パターン」を頼む、と。では便乗して、こちらも。ここで打ち止めとしましょう。またまた厨房を観察。麺を茹でて水で冷やし、ニンニク醬油で和える。上に刻んだネギとニンニクを載せて出来上がり。

これが旨いのだよ。ただね。これを食べると、帰り道の電車内や家の中では不評。それ位大量のニンニクを摂取することに。今年最後だから仕方があるまい。付属の中華スープとともに完食。いや~。無用に元気がでたぞ。

Img_5165 Img_5167 Img_5168

帰りに「福田フライ」の前を通ったら空きがあって、危なく吸い込まれそうに。これ以上、「福田フライ」の辛いソースまで摂取しては「人間やめますか」となるので自重。「福田フライ」向かいの「若竹」は改装工事中だ。あの古い店も趣があったのだけどね・・・

ガムを噛みながら電車に乗り込む迷惑オヤジ。横浜で湘南新宿ラインに上手く接続。予定より早く新宿に到着。そうだ。今日は一の酉ではあるまいか。花園神社に寄るか。こんなにニンニク臭くて良いものか。ニンニクは邪気を払う? それはドラキュラ?

Img_5172 Img_5173 Img_5175

家に帰って1分もたたずに、「ブレスケア」の服用を命じられ、早々に寝室に隔離される。帰りの電車の周りの人、ゴメンナサイです。。。

|

« 東京で越前おろし蕎麦を! 日本橋「御清水庵 清恵」 | トップページ | コンサート「山下洋輔ニューヨークトリオ 30光年の浮遊」 »

居酒屋・その他地域」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書店・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525756/67337846

この記事へのトラックバック一覧です: 周りの迷惑もかえりみず・・・ 野毛「第一亭」:

« 東京で越前おろし蕎麦を! 日本橋「御清水庵 清恵」 | トップページ | コンサート「山下洋輔ニューヨークトリオ 30光年の浮遊」 »