« 2017年12月24日 - 2017年12月30日 | トップページ | 2018年1月7日 - 2018年1月13日 »

2017年12月31日 - 2018年1月6日

カツ丼欠乏症対策 新宿「チキン亭」

2017/12/30(土)

新宿でのランチ。どうしてもカツ丼が食べたくなった。駅周辺で探すも、入ったことのない店で千円前後のカツ丼で勝負するのもリスクが高い。あぁ。「かつや」があれば、こんな事にはならなかったのに・・・

そうだ。次善の策として、この際ファストフード・チェーン店系で妥協する事としよう。「松屋フーズ」系の「松乃家」とかね。あれ。新宿にはあったっけな。そうだ。不思議な店が一軒ある。あそこにしよう。

新宿駅西口から小滝橋通りを北上して、大ガードの交差点を渡ってすぐ。ありました「チキン亭」。「チキン」と謳っているが、いまやチキンメニューの方が少なくなっている。自分の推測では、この店は「松乃家」とかを展開するための実験店舗だったのでは。

自販機で食券を買う。550円の「味噌カツ丼」。90円追加すると、「味噌汁」が「トン汁」に変更できるが、ここは自重。昼時の店内は満員の盛況だ。辛うじて1つ空いていた奥の席に腰掛ける。

待つこと暫し。来ました。ご飯の上にキャベツ。そしてカツが載り、更に味噌ソース。カツ丼を食べる、このワクワク感よ。まずはカツをガブリ。濃厚な味噌ソース。八丁味噌とか、あっち系の味ですかね。ワシワシと食べ進める。あっという間に完食。

ここの「味噌汁」は「松屋」のと全く同じ味。だから店名が違っても、「松屋フーズ系」と分かったのだよ。よく見ると、食券にも書いてあるがね。都内で「チキン亭」を名乗るのは、ここの1軒だけ。年の瀬にカツ丼が食べられて、まずは一息つけた。。。

Img_1477 Img_1475

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事納めでハシゴ酒 中野「ぢどり夜」&more

2017/12/29(金)

いよいよ2017年の最終出勤日。机のまわりを整理して、業務終了。少し前までは、この日は大掃除後に職場での飲食(=納会)が、どの職場でも行われていた。ところが最近はオヤジ達は蚊帳の外。

昼飯も食わず、気が付けば14時過ぎ。そろそろ出撃ですかね。まずは聖橋を渡って、神田明神へ。ありゃ。結構な行列だ。しっかりと御礼参り。さて。では中野の街で個人的仕事納め(飲み納め)。

中野で昼酒というと、自分的第一候補になるのはラーメンストリートの居酒屋「ぢどり屋」。時刻は15時半過ぎ。ありゃ、結構客が入っている。何とカウンタの中程に入れてもらう。まずは「晩酌セット」ですかね。

飲み物と名物焼き物の組み合わせが選べる。飲み物は黒生ホッピー。そう。ここは中野では数少ない生ホッピーを出す店なのだよ。焼き物は「炭火たたき」をチョイス。でも、焼き物は少し時間がかかるので、先に「冷菜盛り合わせ」ももらいますか。

カウンタ席限定のサービスメニュー。6~7種の冷菜から3つを選べる。「豆もやし」「キュウリ」「ポテサラ」でお願いする。もうすぐ16時か。流石に腹減った。黒生ホッピーを飲み干し、普通の黒ホッピーへ移行。

お~。「炭火たたき」到着。これが旨いのだよ。炭火の強火で一気に焼くからかね。カウンタに置いてある柚子胡椒も投入。いや~。調子が出てきたぞ。「ハムカツ」もいきましょう。一年間の疲れが、洗い流されていく。

Img_1590 Img_1593 Img_1595 Img_1597

お。先輩からの呼び出し電話だ。中野で飲んでいると言うと、合流すると。はは~。では、急いで勘定をして駅へダッシュだ。先輩御用達のレンガ坂のイタリアンへ行き、白赤ワイン。ご馳走になってしまった・・・

この辺りから、酔っ払って記憶が曖昧だ。仕事納めで、飲むリミッター解除。都立家政に移動して「竹よし」へ。カウンタの一番端に入れてもらい冷酒「高清水」。豪華な「刺し盛」小にチクちゃんお手製の「もやしナムル」。マスタ、チクちゃん、よいお年を。

Img_1601 Img_1598

ヘロヘロに酔っ払って、最後にたどり着いたのは「弐ノ十」。新店側に入れてもらい、さらに黒ホッピーを飲んだか。カメラ記録によると、「ハムキャベツ」を食べ、焼き物にも行ったようだ。酔っ払い恐るべし。出入り禁止になっていなければ良いが。飲み納めた。。。

Img_1602 Img_1603 Img_1604

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モツカレーも今年の食べ納め 沼袋「たつや」

2017/12/28(木)

今回の年末年始のカレンダは味気ない。明日の仕事納めが金曜日。そのまま週末休みという感じで休んで、4日には会社生活がスタート。バブルとか景気回復は、自分の身の回りでは全く実感できず。野菜が物凄く高騰している分だけ損してる。来年は大転換期か・・・

明日も会社に顔を出す予定なので、飲みに行くのに力が入らない。とりあえず沼袋「たつや」に顔を出すと、焼き台には若いにーちゃん。たっつん社長はちらりと言葉を交わし、何処かへ出掛けてしまった。ここも世代交代の波か(笑)。

何時もは「モツカレー」を最初に頼むのだが、目先を変えて煮込んだ「こんにゃく」から。でも結局は「モツカレー」も頼むのだから、無駄な抵抗であったか。今年最後の「モツカレー」。安定した旨さよ。

最後に焼き物を3~4本。以前は味(塩・タレ・味噌など)も指定していたが、最近は「味はお任せ」にする事が多くなった。その方が「店の味」が反映されていて、自分でも想像していなかった「美味しさ」に出会えるから。

「カシラ」と「ハラミ」は味噌、「レバ」と「アブラ」はタレで登場。さて。ハシゴ酒をしなくなったのも、今年の特徴(以前に比べて大幅に減った、位かな)。来年は更なる緊縮財政が予想される。どういう酒飲みスタイルになるのやら。。。

Img_1579 Img_1582 Img_1584 Img_1585

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末にツクネを食べに 中野「よね田」

2017/12/27(水)

いよいよ今年もラストスパート。仕事ではなく飲み、だけど。しかし越年資金も乏しくなってきた。もう一度銀行に行かないと、年が越せないか。いや。節約じゃ。でも今年の最後に行きたい店が、まだ何軒かあるのだよ。

今日は中野の街で軽飲みだ。少しフライイング気味に中野駅に到着。北口の「かさい」脇の立飲み路地を突っ切って、向かうは「よね田」。よかった、まだ大丈夫だった。18時を過ぎると、まずは入れない人気店だからね。黒ホッピー。

節約モードで、今日は品数をいつもより絞ろう。それでも、まず「鳥刺し」は外せませんね。小盛を柚子胡椒ポン酢で。最近、少食になってきた(本当か 笑)ので、間違っても大などを頼んではいけない。小盛でも、充分過ぎるヴォリュームなのだよ。旨い。

後はホッピーを飲みつつ、ひたすら巨大な「ツクネ」が焼きあがるのを待つのみ。来ました。今日は年末スペシャル・ヴァージョンで、目玉焼きをトッピングしたった。自分へのささやかなクリスマスプレゼント。これにて退散。勘定は1,720円。満足じゃ。。。

Img_1569 Img_1572 Img_1573

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「私をスキーに連れてって」(神保町シアター)

2017/12/26(火)

夏休みの宿題が終わらず、もうすぐ正月じゃ。今年は原田知世のデビュー35周年という事で、夏に渋谷で「映画祭」をやっていた。最後に辛うじて「彼女が水着に着がえたら」を観たが、実は本命の映画を見逃していたのだよ。

と思っていたら、最後の最後に神保町で上映があると。映画「私をスキーに連れてって」。ホイチョイの3部作の最初の作品。1987年公開。この映画をロードショーで観たのは、青春そのものであったなぁ(遠い目)。

「神保町シアター」に来るのは久しぶり。この暮れのくそ忙しい時に、誰が映画を観に来るんかいな。年末特別企画「私をバブルに連れてって」の中の一本として上映。そんなにバブリーな映画だったかね。しかも、この時期に大入り満員。

映画が始まると、いきなりオフィスで働く三上博史。全く似合わん。この辺りを全く音楽なしで引っ張って行って、オフィスを抜け出し、車を準備し出発。カーステレオにカセットテープ(死語か)を入れると、流れ出す音楽はユーミンの「サーフ天国、スキー天国」! く~。

ゲレンデで皆で楽しそうに滑るシーン。BGMは勿論「恋人がサンタクロース」。スキーウェアに身を包み、皆を見ながら楽しそうに笑う原田知世。かわゆい。不覚にも涙が出そうになった(笑)。この曲のギターソロは松原正樹。去年、亡くなった・・・

全編にユーミンの音楽を使うセンス。流石はホイチョイ。一色伸幸の脚本もイイよね。大晦日に車を飛ばして会いに行くシーンの「A HAPPY NEW YEAR」。そしてクライマックスの夜のスキーシーンの「BLIZZARD」。あ~。あの日に帰りたい。

自分は全くスキーに縁がなかった。それでも、この映画がこれだけ好きなんだから、世の中に与えた影響は計り知れない。確かにバブルの頃の金曜日の夜。御茶ノ水駅前から、すっと坂を下って小川町の交差点までスキーバスがズラリとならんでいたなぁ。

この映画が30年前とは。何とも時は過ぎて行ってしまったものだ。「と・り・あ・え・ず」と言って写真を撮りまくっていた沖田浩之も、もういない。渋い親爺役だった田中邦衛は、まだ生きているのかいな。時は巡り、今またバブル? あの時も今も、自分には関係なし。

映画を見終わって客席を見ると、ジジババが多いが、それなりに若い人もいる。JR東日本が30周年で今、キャンペーン「私を新幹線でスキーに連れてって」をやっている影響もあるのかね。オヤジはまだCM見ていないで、ポスターだけしか知らないが。

終わると21時。大満足。酒など飲まずに、帰ってユーミン(念のため若い人のために書いておくと松任谷由実です)を久しぶりに聴くかな。『SURF&SNOW』とかね。あのアルバムが出たのは1980年だった。。。

Img_1557 Img_1564 Img_1559

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の年末営業・・・ 中野「火群」

2017/12/25(月)

最早クリスマスも、まったく関係ない行事化。昔から酒飲みイベントだっただけだけどね。赤プリって何?という感じで。そんな事より今年も残すところ、あと1週間。世話になった飲み屋に年末の挨拶に行かないと。

本日は「火群」。念のため、途中で電話を入れると「今日は余裕」との事。18時半前に、無事到着。先客は1人。常連さんだ。美人女将に、ご挨拶。今日も寒い。いきなりキープボトルの焼酎をお湯割りで飲み始める。

今日のお通しは「さつま揚げと野菜の煮物」。ちょっと「おでん」みたいで、寒い夜にはぴったりだ。本日のBGMはルイ・アームストロング。サッチモを聴きながら飲む、というのは珍しい経験だな。

本日の手書きメニューを拝見。「今日は余裕」なら、ゆっくり色々頼めるか。では、まず珍しい所で「牛肉サラダ」からいきますか。でたなエセ健康志向。でも、野菜が価格高騰している昨今。実はサラダを頼むのが、お得だったりして。

ところが。ここから客がドンドンと現れた。「火群」は基本的に女将の一人営業。これは、今日のオーダはここまでですな。本当は、今年最後の訪問で「蕎麦」までいきたかったのだが。来年の楽しみにとっておこう。

といっても「火群」の営業は来年6月まで。今年が最後の年末営業だ。女将曰く「今年の大晦日は日曜日だけど、最後だから店を開ける」と。通常は日曜日は定休日なのに。その分、年始はゆっくりして12日から営業開始とか。それでは、また来年。。。

Img_1554 Img_1555

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロードウェイ地下に洒落た店 中野「レインボウスパイス」

2017/12/24(日)

珍しく、中野ブロードウェイのエスカレータで地下に降りてみた。地下に降りてすぐの所に、何やらお洒落な店。「レインボウスパイス」というカレー屋のようだ。丁度、お昼時。オヤジには似合わない店だが、そもそもブロードウェイなのだから良かろう。

店内に入り、席に着こうとすると呼び止められる。そうか。先にカウンタで注文して、金を払うシステムのようだ。メニューから、2種類のカレーが一度に食べられる「ダブルカレーライス」をチョイス。「チキンマサラ」と「野菜マサラ」でお願いする。

店内を見渡しても、どうもお洒落過ぎる。何でも立川に本店がある店で、西武新宿駅の近くにも支店があるようだ。立川発祥で中央線を攻めあがってきたか。ふむ。期待できそうですね。きました、これか。

中央に黄色いサフラン(?)ライス。その両側に2種類のカレー。では、まず肉の方を一口。結構、複雑な味。流石は店名に「スパイス」を謳うだけあって、ド素人のオヤジには詳細が判らないが旨いな。チキンも結構大きめな塊がゴロリと入っている。

続けて「野菜マサラ」側に転進。これは楽しい。ブロッコリーやら隠元やらパプリカやら。普通のカレーには入っていないような、色とりどりの野菜たち。しかも味がバラバラではなく、上手くまとまっている。

美味しいな。あっという間に完食。千円というのは、普通のカレーの値段と比較したら少し高いが、それだけの価値がありますね。ただ、それ程まだ認知されていないのか、客はまばら。中野は意外にカレー激戦区だからね。頑張って。

Img_0642 Img_0639 Img_0640 Img_0644

腹ごなしに地下をフラフラ散歩。中野ブロードウェイって、近年の「まんだらけ」の大増殖もあって「おたく」の聖地というイメージがある。でも、こうやって地下を歩くと、ここには「昭和」そのものの商店街が広がっておるのだよ。

「八百屋」もあれば「魚屋」も「肉屋」もある。その他に「乾物屋」もあれば「立ち食い蕎麦屋」まで、なんでもござれ。サンモールが、大手チェーン店に浸食されて様変わりしているけれど、ここに来れば「昭和」を思い出せるのさ。。。

Img_0645 Img_0648 Img_0646 Img_0647

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月24日 - 2017年12月30日 | トップページ | 2018年1月7日 - 2018年1月13日 »