グルメ・クッキング

やきそば牛丼を食べてみた

2013/4/17(水)

漫画「クレヨンしんちゃん」は1990年代初頭に現れて、あっという間にメジャーに。おバカだ下品だ、と散々叩かれながら次々にヒットを飛ばす。TVアニメも映画も大ヒット。

そもそも映画は、企画・プロデュースしている人間のセンスが良い。『嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』とかは、今や伝説の名画だ。

そんなクレしん映画の今春の公開作は『バカうまぁ!B級グルメサバイバル!!』。これまたB級グルメを素材にするセンス。しんちゃんが「伝説のソース」でB級グルメを守る? いいね。見たいね。

そんな映画のキャンペーンの一環なんだろうが、これまた企画力に定評のある「すき家」が映画タイアップで「やきそば牛丼」を投入してきた。ちゃんと「秘伝のソース」も付いている。食べてみないと、ですね。

まずはソースをかけずに、そのままで。ほ~。「通常の牛丼の上に焼きソバを乗せただけ」ではなく「牛丼の具を使って焼きそばを作る」一体型なんですね。さすが企画・開発力が高いな「すき家」。

途中で伝説のソースを投入。お~味が濃くなって、これは旨いなぁ。通常の牛丼用の生姜とも相性が良いし。あっという間に完食。これはB級グルメでフラフラしている我々中年オヤジこそが、ターゲットなのかも。もう一度食べたいなぁ。。。

Dscn9217 Dscn9216

| | コメント (1) | トラックバック (0)

久々の料理当番

2012/5/13(日)

本日は久々に夕食当番。考えた基本コンセプトは「昭和のメニュー」。食事を通じて、子供の世代にも「昭和」を伝えたい。訳ではなく、単に自分が久々に食べたいものを作る(笑)。

メインは「スパゲッティ・ナポリタン」。麺は太くないと。ディチェコの1.9mm。味付けはケチャップだけだと自信がないので、カットのトマト缶でベースの味を作り、ケチャップを仕上げに投入。レシピも見ないで作った割には、上手く出来たと自画自賛。

「ニラレバ炒め」。カミサンは普段、レバとか余り使わないが、こっちは毎日のように食べている。臭みとり。まぁ熱湯でもぶっかけて。あとは片栗粉をまぶして、肉の表面を焼き固める。これまた、普段より手間数をかけた分、なかなかの出来。

サラダの製作には、恐る恐るシリコン鍋を活用。ふ~ん、簡単にできるものだ。便利な世の中になった。「豆腐のおすまし」も適当。昔は、各家庭に「味の素」があって、何にでも投入していたが、今や我が家には影も形もない。時代の変化?

写真に「ご飯」が写っているのは、まだ背が伸びている次男君専用。大人たちはビールにワイン。家事の中で、唯一「料理」だけが平均点を取れる技能だなぁ。。。

Dscn7463

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円寺らーめん横丁の「大喜庵」へ

高円寺駅北口ロータリィに新しい書店がオープン。あゆみブックスの高円寺店である。さっそく行ってみる事に。店内は奥が左側に広いスペースがあるL字型。

入り口部分は雑誌とその関連商品、奥が文庫とコミックや一般書という配置。「あゆみ」らしい提案する棚作りが随所にあって楽しい。

で時間は少し遅い昼時。まだ行ったことがない高円寺らーめん横丁にチャレンジすることに。ここはJR高架下の地下に、(多分)有名なラーメン店4軒の支店が軒を並べてしのぎを削る新名所(?)である。

チョイスは「大喜庵」。湯島の名店の誉れ高い「大喜」の初めての支店らしい。本店も実は行ったことがないんだが・・・

「とりそば(塩味)」にチャレンジ。麺は細麺だが、しっかりとコシがある。そして、塩味の澄んだスープが絶品! 「とりチャーシュー」も美味しい。そうか、塩ラーメンってこんなに美味しいんだなぁ。今度来た時は、違う味にもチャレンジしてみよう。。。

Dscn3110 Dscn3111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に家で料理

最近の蛮行・散在の贖罪の意を込めて、久々に料理。雑誌を見ながら、お気軽イタリアンである。

ホットサラダには、ネットのワイン屋で買ったアンチョビ・ペーストを使ったドレッシング。
ペンネは生クリームとチーズを大量投入。作りすぎた。
タコと隠元のアラビアータ。もう少し辛さが欲しかった。
メインディシュは豚肉を炒めてタイムと白ワインで味を整えた一品。少しパンチ不足。

まぁたまには料理も楽しいものだ。もちろんワインも飲みましたとさ。

Dscn2951

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには自宅で「男の料理」

先週末に久々に「男の料理」にチャレンジ。一人暮らしをしたことがないので、料理を覚えたのは結婚してから(必要に応じて・・・)。今では気が向いた時だけで、年に1~2回ほどチャレンジ。

今回は、雑誌「一個人」09年8月号の特集「男のイタリアン入門」を見ながら、夕食を担当。専門の料理雑誌ではない適度なアバウト感で、男が料理するポイントを抑えている。なかなか良くできた雑誌だ。

メニューは、
1.タコとじゃがいものソテー
2.トマト・バジルの冷製カペッリーニ(0.9mmの極細スパゲッティ)
3.小松菜とベーコンの洋風煮浸し
4.牛肉とししとうのトマト味炒め
5.塩鮭のリゾット
といった感じ。

万が一のために、焼くだけのピザも買ったが、これは余分だった。いずれにしても、少し炭水化物系が多かった・・・ 味の方は家族のみぞ知る(^-^;

結構、手間隙がかかったが、たまには料理も良いものだ。
(たまに、だから良いという説も有力!)

Dscn2286

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かつや」の新製品・牛カツ丼

「かつや」というチェーン店は、どれ位ポピュラなんだろうか。中野サンモールのブロードウェイ入り口近くや、新宿駅西口大ガードそば、など自分の生活圏に不思議と存在する。

「かつや」では作り置きせずに、注文を受けてからカツを揚げるシステムのようだ。だから厳密な意味ではファースト・フードとは言えないが、結構気に入っている。

昨日の蛮行が祟ったのか、朝の通勤途上に雨に濡れた階段で滑って転倒し、後頭部を強打。さすがに本日は飲み会をパスして帰宅。その前に「かつや」で新製品の牛カツ丼を食す。わさび醤油味ということだが、もう少しわさびが効いている方が自分の好みかなぁ。。。

当面、ハシゴ酒を自粛!!!!!

Dscn1673

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚きの行列 「大戸屋」

明日は憂鬱な健康診断予定日。この二日間、最後の悪足掻きでフィットネスに通ったが効果なし。またメタボ認定が強化される・・・ で早めに夕食を、という指示を忠実に守るべく新宿で食事をとってから帰宅することに。思い出横丁の「つるかめ食堂」も考えたが、あそこに行くと絶対飲みたくなるので回避。「定食屋」ということで最後に思いついたのは「大戸屋」。

西新宿大ガード脇の交差点のビル3Fの「大戸屋」に20時頃いったら、何と10人位の大行列。オジサンは「大戸屋」に行列したくないなぁ。。。 で東口にまわって焼肉「東海苑」ビル地下の「大戸屋」へ(意外と執念深い (^-^; )

こちらは少し待つだけで座れた。あまり健診を意識しても、といつもの「鶏カツソース丼+皿蕎麦」にさらに「ひじき煮込み」を注文。

大学生の頃、池袋とか馬場・栄通りの店によくいったなぁ。あの頃、この店が200店舗を越えるチェーン店でジャスダック上場とは想像もできなかった。あれから20数年。出てきた丼の盛りの良さに、危なくギブアップしそうに。ただ、オヤジ世代はご飯を残さないのだよ・・・ だからメタボから脱出できないとしても。

Dscn1595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神田祭の中 蕎麦屋「室町 砂場」

土曜日だが少しだけ会社に。で御茶ノ水・神田を散歩。街はどこも神田祭一色だ。20年前に神田明神で結婚式を挙げたのでご縁はあるわけだが・・・

昨日飲み過ぎたので、昼は蕎麦と決めていた。ダメモトで「まつや」の前を通るが外まで結構な行列。GW前の雨の土曜日の14時に行っても満員だった位だから想定の範囲。本日の目的地は「室町砂場」。

13時少し前だが余裕の入店。久々なので思い切って「天ざる」の大盛を注文。温かい蕎麦汁にかき揚げが浮かんで出てくる。美味。立ち食い蕎麦の値段と比較してどうか、とも思うがたまには良いか。。。 「まつや」との行列の差は値段だけか?

Dscn1533 Dscn1536

Dscn1539 Dscn1542_2

天気も良く、銀座まで散歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訳あってホームパーティ

Dscn1149 記念日につきホームパーティ開催。思いつきで料理に「スコッチエッグ」をリクエストしたら作るのが相当面倒だった模様。同じ幼児味覚ならハンバーグの方が数倍楽だったらしい・・・ あとは定番(飲み屋でもよく頼む)ポテトマカロニサラダ、スモークタン、チーズなどなどがオードブル。

Dscn1147 で、お正月に温存しておいたコミック「神の雫」登場ワイン「ドメーヌ・ド・ラ・ジャナス・コート・デュ・ローヌ」を投入。「神の雫」登場といっても、そこそこのワインをネットで購入しただけだけど。。。 でもTV放映が始まったためか家庭内でも「神の雫」認知度が上がり、皆で満足して美味しく飲んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます m(_ _)m

Dscn1029 今年の正月も家でお屠蘇をいただき、おせち料理でスタート。
正月から飲み過ぎぬよう、慎重な出足。何せ正月は朝から飲めるとあっては、大体昼の天皇杯サッカー半分寝てるから・・・

せめて昼は一所懸命に本読んで、夜の晩酌までは素面でいたいもの。

Dscn1031 我が家は鹿児島(及び長崎)と岩手、そして福井と完全な雑種なので(?)、お雑煮は東京風の澄まし汁・焼餅系となる。

本年もよろしくお願いします!

お年玉写真
(我が家のお飾り/守り神の狸=大学の時同期にもらった/伊勢丹製羽子板)

Dscn1022 Dscn1023 Dscn1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧