書籍・雑誌

社会科見学 ~本ができるまで~

2010/10/19(火)

今日は白岡にある印刷工場に見学に行きました。まず印刷の原理をやさしく説明してくれます。昔ぼくたちがやっていたガリ版と、原理がそんなに違わないので安心しました。

そして、いよいよ本物の印刷機です。まずカラーの印刷機。雑誌の表紙が次々に、物凄いスピードで刷られていくので、ビックリしました。発売前の雑誌のタイトルが読めて、少しドキドキしました。

最後に文庫本を印刷して、製本する全部の工程を見せてもらいました。ちょうどベストセラーの『白銀ジャック』(東野圭吾)をどんどん作ってました。

紙を折ったり、切ったり、糊付けしたり、綴じたり、カバーをかけたり、栞を挟んだり。全部の工程が、全て機械で出来てしまうのは凄いと思いました。ぼくは今まで、栞とかちらしは手で一つずつ挟みこんでいると思っていたのに・・・

終わったあと、近所の鰻屋さんにも行きました。大人って、どうしてあんなに苦いビールとか、ヘンな匂いのする焼酎とかを沢山飲むのか、不思議です。酔っ払いのオジサンにはなりたくない、と固く誓いました。おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)