趣味

ライブ「ガース・ハドソン」(ビルボード東京)

2013/8/2(金)

夕方、ビルボード東京へ出撃。何と、あのザ・バンドのガース・ハドソンのライブ! あの映画「ラスト・ワルツ」でキーボードを弾きまくっていた髭の音楽の先生。高校生の頃から聴き続けてきたバンドの音をナマで聴けるとは。でもガース、何歳なんだ?

機材の関係なのか、このハコにしては珍しくスタートが遅れる。パーカッション隊による和太鼓の演奏からスタート。奥様のシスター・モード・ハリスンは車椅子で移動。そしてガースも、腰は曲がっていてよたっている。

ところが、いざ演奏が始まるとぶっ飛びましたね。奥様のボーカルは声に力がある。そして何よりもガース。弾き始めたら「いくらでも弾けるぜ」という勢いで、どんどん進む。元気だ。ラストワルツでも演った「ドント・ドゥ・イット」をはじめ、「ザ・ウエイト」などザ・バンドも何曲か。

途中で下から何か出しているな、と思ったらアコーディオン。この音色がまた泣かせますなぁ。

そして終盤戦はお約束の「チェスト・フィーバー」。このハモンド! 現代音楽っぽい感じから、あの独特のメロディーにいく展開。伝説そのものだ。ナマで聴ける日が来るとはね・・・

ただね。これを言うとお終いなんだが、やっぱりリチャード・マニュエルもリック・ダンコも、リヴォン・ヘルムもいないんだよね、もはや。違う人のヴォーカルで聴くと、上手い下手でなくて、喪失感が残るのだよ。

ガース・ハドソン。生きのびて、わざわざ日本まで来てくれてありがとう。フジ・ロックにも出たんだって? ご苦労様。もっと長生きして下さいな。あとはロビー・ロバートソンか。こちらもナマで聴きたいな。。。

Dscn9981 Dscn9985

JAZZ研部長と、帰りに新宿の寿司屋で反省会。鯵のたたきに巻物を少々。

Dscn9986

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国語研究 高田馬場「サン」

2010/11/15(月)

珍しくも会社の後輩たちが4人で中国語を研究したい、と殊勝な申し出。年に1~2回あるかないか、なので行って見ますか。

高田馬場駅からビックボックス脇の坂を登り、しばらく行った所にある会議室(?)「サン」。この店にはもう30年以上通っている気がするなぁ。変わったのは全自動になった位。カレーは相変わらず旨い。

でも結果は良くなかった。運気低迷期にいるようだ。。。

Dscn4222

| | コメント (0) | トラックバック (0)