居酒屋・中野

お盆休み前にモツ補給 都立家政「弐ノ十」

2017/8/10(木)

世間では、そろそろお盆休みなのだろうか。朝の電車では大きなスーツケースを持つ人も多かった。本当は自分も、鹿児島に墓参りに行かなければ何だけど。先立つものと気力が不足している。

居酒屋業界も、お盆に休む店が多い。その前にモツを補給しておかないと、ですね。久しぶりに都立家政「弐ノ十」に顔を出す。旧店側カウンタの入口付近に入れてもらう。ほぼカウンタが埋まっている。皆、モツ補給ですかね。

隣の人が食べている「ハムキャベツ」が美味しそうだったので、自分も頼む事に。ここの「ハムキャベツ」食べるの、初めてかもしれないな。ほほ~。いい意味で自分の想像を超えるハムの質。旨いぞ。下に埋まっているキャベツもタップリで、野菜不足を補えるし。

店内で「トリカラ、ラスイチ」の声。と同時に、こちらに「行きますか?」という無言の圧力(笑)。そこまで気を掛けてもらっては、頼まざるを得まい。キャベツが、かぶったか。でも「トリカラ」の魅力には勝てん。

最後は焼き物を何本か。カシラ味噌。明日は休みだ。禁断のニンニク味の味噌味もノー・プロブレム。旨い、旨い。でも夏の暑さの中で、焼き台でモツを焼いていくのは大変そうだ。「弐ノ十」も、もうすぐお盆休み。ゆっくり休んでね。また休み明けに。。。

Dscn3470 Dscn3472 Dscn3473

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台風接近の夜に 鷺ノ宮「くしとも」

2017/8/7(月)

迷走していた台風5号。沖縄の辺りに停滞していたが、ようやく動き始めると今度は四国から本州にかけて横断していくと。迷惑なやっちゃな。会社を出る頃に、雨が降り始める。雲の動きも、いかにもな感じ。

どこか近場で一杯だな。気分は鷺ノ宮辺り。あそこで月曜日に営業していて、駅から近いのは何処だ。そうだ。焼鳥「くしとも」はどうだ。鷺ノ宮の駅を南側に出て、妙正寺川を渡り、中杉通りをすすんで、すぐの右側。

おばちゃんと息子の2人でやっている店。先客は、常連の1名。カウンタの入口に一番近い所に陣取る。黒ホッピーください。お通しは「枝豆」。若い頃は、「夏は枝豆」といわれても、ふ~んという感じだった。歳をとってきて、ようやく「枝豆」の有難さに気が付く。

とりあえず「お任せで5本」お願いする。目の前に焼き台。オーソドックスな焼鳥が出てくる。「正肉」に「レバ」「とり皮焼き」などなど。安定した旨さよ。やっぱり自分は焼鳥(とかモツ焼き)が好きなんだなぁ、としみじみと思う。台風でセンチメンタルになっているのか。

揚げ物も好きでしょ(笑)。今日は「和風とり唐揚げ」をオーダ。何が和風かって? この店の唐揚げは醤油系の出汁がかかって出てくるのだよ。揚げ出し豆腐の出汁と同じ感じ。ワシワシと食べ進める。

やっぱり、外の風雨の状況が気になる。もう少し飲み食いしたいが、今日はこの辺にしておきましょう。ご馳走様でした。またきます。

Dscn3434 Dscn3435 Dscn3440

鷺ノ宮駅まで戻り、改札脇にある「文教堂」に顔を出す。入ってすぐの棚を面陳にして、話題の商品や新刊を並べるコーナに変えたか。あと、壁面の文房具も充実。昔の「町の本屋」から「カルチャーエージェント」業態に、より進化したか。

Dscn3432_2

雨は小康状態に。ハシゴしないで帰りなさいね。今日は月曜日で、定休日の店が多くて良かったな酒飲みオヤジ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しくできたヴェトナム料理店 中野「モッハイバー」

2017/8/2(水)

今年の5月に新規開店したヴェトナム料理店にチャレンジ。中野駅に18時頃に到着。北口のラーメンストリートを進む。中ほどより北より。この通りの(というより中野の)アイコンの一つ「あしたのジョー」が入口で燃え尽きているステーキ屋。このビルの2階のようだ。

ベトナム料理屋「モッハイバー」。厨房前にカウンタ席が何席かとテーブル席が5~6組位。何でも元は日本料理屋だったところを、居抜きでつかっていると。メニューを拝見。今日も夕方、会社を出る頃に雨。割と涼しいが、夏はやっぱり生ビールでしょう。

メニューを見ながら作戦を考える。普段行く中野の居酒屋よりは、(当たり前だが)やや高めの価格設定。それでも、セットメニューやコースが充実していてお得感あり。では、この「春巻きのセットとフォーの組み合わせ」にしますか。「フォー」は最後に下さい。

「春巻きのセット」到着。生・揚げ・蒸しの3種類の「春巻き」が楽しめる。「生春巻き」にはミソだれ、揚げにはチリソース、そして蒸しには魚醤を使って、と3種のソースも添えられている。

では「生春巻き」からガブリ。フレッシュで旨い。今までヴェトナム料理の「生春巻き」って大丈夫かよ、と腰が引けていたが、なるほど美味しいもんですな。「揚げ春巻き」も「蒸し春巻き」もソースがピッタリ合う。これはイイ店を発見。

続いて、揚げ物(? 笑)の「ヴェトナム風カリカリ豆腐のレモングラス揚げ」。これは厚揚げとか栃尾揚げのヴェトナム版ですかね。軽く揚がっていて、微妙に辛い味付けで箸が進む。えい。白ワイン下さい。

もう一品。「イカ・トマト・キュウリのあんかけ炒め」。これまた、あっさりとした味付けで飽きがこない。日本人向けに味を調整しているんだろけど、何を食べても旨い。最後に温存しておいた「フォー」。

「牛肉のフォー」をチョイス。このスープが絶品。〆にピッタリだった。いや~。ヴェトナム料理を堪能してしまった。勘定も想定の範囲内。そうそう何度も来られる店ではないけど、また寄らせてもらいます。ご馳走様。。。

Dscn3316 Dscn3320 Dscn3323 Dscn3326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり抜群の旨さ 沼袋「たつや」

2017/7/28(金)

先週「丸松」に行って「モツカレー」を食べた時に、そう言えば元祖「モツカレー」ともいうべき沼袋「たつや」に随分行っていないことに気が付く。金曜日の夜だと、結構混んでいるかな、と思いつつ沼袋へ。

18時半前に到着。無事に焼き台前に陣取れた。黒ホッピーと「モツカレー」を、とりあえず注文。割と早めに「モツカレー」到着。では一口。これこれ。やっぱり「沼たつ」の「モツカレー」は完成度が高い。統一感があって、味にもキレがある。流石は元祖!

続いて、本当は「冷製」に行きたいのだが、ガッツリ頼むには財力もない。大人しく「シロポン酢」をオーダ。葱がたっぷりとかかった冷製串もの。これが旨いのだよ。思わず残ったポン酢まで啜る意地汚いオヤジ。

さて。最後は焼き物。まずは「アミレバ」。ただでさえ旨い「たつや」の「レバ」。これに網状の脂身(?)を巻き付けて焼く。か~。絶品。おっと「ぶつ切りラム」が到着。ガブリ。口の中一杯にラム肉独特の味が広がる。この大胆な塩の使い方も流石。

やっぱり「たつや」は抜群に旨いな。いろいろな居酒屋に出入りしてみて、ようやくこの店のレベルの高さ、考えている事の一部を垣間見ることが出来た。なら、もっと頻繁に足を運べば良いのでは? 美味しいものは、たまに。それが何時来ても食べられるんだから。。。 

Dscn3274 Dscn3276 Dscn3278 Dscn3283

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーフサイズが嬉しい! 中野「コグマヤ」

2017/7/27(木)

夕方、ビッグサイトへ。人事・総務系のイベントだが、一時期の防災系の勢いはおち、働き方改革がらみの「ワークスタイル変革」系が勃興。あと、売り手市場を反映してか採用系が強気な感じ。

会場で異色なブースを発見。というか試供品を貰って驚愕。こ、これは「九十九島せんぺい」では。何で、ここでブースを。法人向け贈答品・記念品の名入サービスだと。長崎県佐世保から、わざわざ出て来たとは。子供の頃からの好物だが、採算はとれるのか心配。

セミナーに出席。グーグルとマイクロソフトの人が、「ワークスタイル変革」の取組を話す。会場は1500人以上の聴衆。皆、「テレワーク」だ何だと言われるけど実際はどうよ、と情報収集段階か。「働き方の見える化」されると困るのは窓際の酒飲みオヤジ一族だ(笑)。

Dscn3249

りんかい線と中央線を乗り継いで、中野駅に17時半過ぎに到着。久々に南口レンガ坂の「コグマヤ」に行ってみよう。既に10人位の客。大繁盛店になった。カウンタ中程に入れてもらう。今日は比較的涼しかったので、窓を開け放ちオープンエアが気持ち良い。

Dscn3265 Dscn3267 Dscn3257

メニューを見て作戦を考える。お~。肉刺し系の「三種盛り」にハーフができている。これは嬉しい。一人だとフルサイズはやり過ぎだし、何時も1種類しか頼めなかったからね。「レバねぎ」「ガツぽん」に「ハツユッケ」。あ~。贅沢な独り占め。

続いては揚げ物。ここは「チキン南蛮」でしょうか。タルタルソースが載って登場。旨い。酒が進むぞ。ナカ下さい。そして、イイ感じに出来上がって来たところで、この店の真打・串煮込みにいきましょう。

こちらも以前よりヴァリエーションが増えていて嬉しいぞ。でも酒飲みオヤジは自分定番に走る。頑固な保守派。「豆腐」に「すじ」に「うずら」を。この味が沁みた「豆腐」が美味しいのだよ。ゆっくり、ゆっくり3種類の煮込みを味わう。今日もなかなか良い一日だった。。。

Dscn3254 Dscn3256 Dscn3259 Dscn3263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスタお大事に! 都立家政「竹よし」

2017/7/21(金)

風の噂に「竹よし」のマスタが腰を痛めた、と。どんな塩梅なのでしょうか。お見舞いがてら久々に顔を出しますか。18時過ぎに「竹よし」の暖簾をくぐる。マスタがまだ、ホワイトボードに今日のメニューを書いているところ。口開けの客に。

今日も暑かった。まずは瓶ビールをもらう。マスタは思ったより元気そうで一安心。ギックリ腰のようだ。毎日、立ち仕事だから大変だよね。あまり無理しないように。それでも「何からいきますか」といわれて、「刺身盛り合わせ」小盛をお願いする。

本日も「鮪」「鰹」「鯛」に「鰯」と豪華版。相変わらず、美味しいのう。魚を食べる時は「竹よし」に限るなぁ。お~。夏の味覚「はも」がある。では頂きましょう。マスタ曰く「今は手が遅くなったので、事前に骨切りしておく。前は注文が入ってからシャ、シャとやったんだけど」。

関東で「はも」はポピュラーではなかったので、扱える板さんは少ない。マスタは若い頃に大阪で修行しているからね。梅肉をつけていただく。旨い。夏が来た。この梅肉もマスタの自家製だ。

冷酒を飲んで、イイ感じに酔っぱらう。丁度ちくちゃんも来たし、入れ替わりだけど、そろそろお暇しましょう。ご馳走様。マスタお大事に! また顔を出しますね・・・

Dscn3116 Dscn3120

どうも金曜日の夜で、気が大きくなったようだ。その後「弐ノ十」にも顔を出したか。「今日は揚げ物はやめてシュウマイにしなさい」と言われて「シュウマイ」を食べたような気が。便乗注文で「生姜肉巻き」も。夜は更けていった。。。

Dscn3123 Dscn3125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開店時以来の訪問 東中野「丸松」

2017/7/20(木)

本日も夕方、外部の会議。ところが今日は予想外に早く解放される。これは、あの大人気店に入れるチャンスではあるまいか。会社に戻ろう、とは全く考えずに電車に乗り込む。目指すは東中野。開店1週間後に訪問して以来、2回目となる「丸松」へ。

お~。まだ奥様がいる時間帯に到着。カウンタ奥へ案内される。入れてラッキー。厨房を囲むL字カウンタには12席ほど。この時間で、ほとんどの席が埋まっている。驚くべき人気店となった。前回は外のテーブル席だったから、カウンタは初体験。黒ホッピーを。

まずは「モツカレー」から。「モツカレー」といえば沼袋「たつや」。ここのマスタは「沼たつ」のたっつんと、「秋元屋」の元同僚。「丸松」の「モツカレー」はどんな感じでしょうか。お~。良くも悪くも、家庭のカレーに近い。あとモツも「沼たつ」とは違う。これはこれでイイね。

続いては「ハムカツ焼き」。これまた「秋元屋」の伝説(大げさか 笑)のメニュー。「ハムカツ」とか「メンチ」を炭火で焼いて出す。その昔、「秋元屋」にフライヤーがなかった時代に良く食べた。今は「秋元屋」も、そこから独立した店も揚げ物出すからね。いや懐かしい味。

17時半前には、店は完全に満席となった。噂にたがわぬ大人気。これは早期撤退ですね。焼き物いきましょう。本当は「ハムステーキ」も大好物なんだけど、今日は「ハムカツ焼き」行っちゃったからなぁ・・・

「ツクネ」「ハラミ」「レバ」を1本ずつ、味はお任せで。まず「レバ」が塩。流石はまっちゃん。旨い。そして「ツクネ」タレ、「ハラミ」味噌。いや~。「丸松」ワールドを堪能。帰りがけに「大繁盛だね」といったら、まっちゃんは「店が狭いだけです」と。ご謙遜を。また来ます。。。

Dscn3106 Dscn3108 Dscn3113 Dscn3115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ過ぎた・・・ 沼袋「庶民」

2017/7/10(月)

今週の水曜日は年に一度の健康診断。今年から業者(?)が替わったのか、「前日は禁酒」とのお達し。では、明日・明後日と飲めないので、今日はしっかり飲みますか(笑)。沼袋に向かう。そうか。「たつや」は今日は休みか。では「庶民」へ。

お久しぶりです、とマスタとママにご挨拶。キープボトルを出してもらい黒ホッピー。ツマミは、まずは「ほうれん草と春雨のさっぱりサラダ」から。く~。このニンニクのきいた味付けが、たまりませんな。酒が進む。

揚げ物はどうしよう。検診前だから控えるのが普通。でも、何時も通りに飲み食いしてこその検査でしょう。「レバー唐揚げ」。この塩加減もイイね。酒が進む。段々、健康診断が楽しみになってきたぞ。

そこへ、この店の主・F本君が登場。久しぶり。沖縄旅行とかに行って、良いなぁ。でも今季のマリーンズはどうしたの。超売り手市場だから、仕事も大変やね。など四方山話。どんどん酒が進む。

酔っぱらってとち狂ったのか、最後に「天津焼きそば」までオーダ。いくら健康診断前とはいえ、これはやり過ぎ。無用に腹一杯だ。きっと昨年より体重が大幅増となろう。結果は謙虚に受け止めて、また出直しなさい酒飲みオヤジ。F本君、また何処かで飲もうね。。。

Dscn2987 Dscn2990 Dscn2992_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会でカラオケ? 中野「駒忠」

2017/7/8(土)

何だか旅が続いてヘロヘロな酒飲みオヤジ。しかし今日はバンド練習の日だ。暑い中、ベースを担いで中野の街へ。10月のライブ本番まで、段々時間がなくなってきた。ふらふら飲み歩いてないで、練習だぞ。

終わって17時前から中野駅南口の「駒忠」で反省会。我々は全員、小中学校の同級生というオヤジバンド。そこに今日は、中学校の同窓会大幹事長も合流。昔のロックの話などなど。その延長線上で、珍しくもカラオケにまで出撃。

カラオケって流行っているのかね。18時過ぎに中野駅北口で2軒「満員です」と断られた。誰が、どんな歌を歌っているんだか。我々は昔のロックをがなるのみ。カーペンターズとかも歌ったけど(笑)。結構、金もかかる。

まだ給料日は遠い。体力・財力・飲む力が持つか。フォースがともにあらんことを。。。

Dscn2950

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦居酒屋を下見 中野「いざ宵」

2017/7/5(水)

蕎麦研究家でもあるJAZZ研部長は、最近は本業のJAZZ研究でお忙しそう。先月は何と、このご時世にアメリカまで研究に行かれたとか。研究熱心さには頭が下がる。財力にも、ひれ伏すのみである。

中野に新しく出来た蕎麦居酒屋。JAZZ研部長をお誘いして行ってみようと思っていたが、流石の大財閥もアメリカ行きの後では大変そうだ。では、まずは先行して、下見に行ってみますか。

中野駅南口のマルイ脇のビル3F。我々が中学生の頃はマルイにA・B館があって、その間は、お茶屋と天麩羅屋だったかな。お茶屋「大橋」は新しいビルになって健在だから、こっちのビルは天麩羅屋だった処か。

予約しないで来たが、無事に入店。ほ~。靴を脱いで上がるのですね。カウンタに入れてもらう。割と長い直線カウンタに10席ほど、後は中野通りに面した窓際にテーブル席。今日も暑かった。まずは瓶ビールを。

お通しに、蕎麦を揚げたのが出てきた。ベビースターラーメンみたいで嬉しい(笑)。メニューを見ながら作戦を考える。「刺身盛り合わせ」から行きますか。あと繋ぎで「そば焼き味噌」も。蕎麦居酒屋といえば、やっぱりこの味噌をなめながら酒、ですな。

「刺身盛り合わせ」登場。お~。豪華だ。「イサキ」に「タチウオ」に「水だこ」と。「水だこの吸盤のポン酢おろし和え」までついている。「タチウオ」は軽く炙ってあるんですかね。レベルの高い刺身。これは日本酒ですね。この店は全国の地酒が充実しとる。

揚げ物。この謎の「インカのめざめ唐揚げ」を。フライドポテトなんだ。でも、芋がホクホクしていて旨い。メインディッシュは山形牛「柔らか牛すき煮」。先日の山形遠征では牛肉食えなかったから、カタキをとらんと。この肉! 言葉にならん・・・

最後の〆は、もちろん蕎麦。この店は杉並・堀之内「まん月」の支店。本店の「まん月」は随分前にJAZZ研部長と行った事が。その「まん月」で打った蕎麦を、毎日持ってきていると。直線距離だと近いからね。

「稚鮎天せいろ」もあるのか。あの、ほろ苦い味も捨てがたい。しかし今日は、ここまで随分と背伸びして色々飲み食いしてきた。最後はシンプルに「せいろ」で。濃い目の蕎麦汁でいただく逸品。

これは再訪必至ですね。でも、やっぱり中野にしては少し高級店。次はJAZZ研部長の財布をアテにして、日本酒をカパカパ頂くこととしよう。ご馳走様でした。。。

Dscn2815 Dscn2816 Dscn2824 Dscn2826

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧