居酒屋・中野

いよいよ、あと一週間 新中野「もんし」

2017/10/15(日)

おいおい。いよいよ来週の日曜日はライブの本番だよ。大丈夫か。雨の中、楽器を抱えて本番前最後の練習にのぞむ。この期に及んで、不安が大きい。全員での練習が、今回は圧倒的に少なかった。どうなるか・・・

最後はヘロヘロになるまで、4時間近くみっちりと練習。日曜日だが、軽く反省会に行きますか。バンドの反省会の定番、新中野「もんし」へ。口開けの客となる。全体練習がなかったので、この店に来るのも随分久しぶりだ。

何時も通り390円のサンキュー・メニューから4~5品ほど。生ビールを飲み干して、黒ホッピーへ。イイ感じに出来上がる。そうか。最近、新メニューで〆の蕎麦が投入されたのか。では「一口蕎麦」を。今度の日曜日、頑張ろうね。。。

Img_0650 Img_0652 Img_0654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休肝日のはずが・・・ 中野「第二力酒造」

2017/10/12(木)

アーサー・ランサムのランサム・サーガの一冊に、『海へ出るつもりじゃなかった』という名作がある。留守番で船を任されていたウォーカー兄妹が、荒天の海での航海を余儀なくされ、海峡を渡ってオランダまで行ってしまう話。

今日は休肝日。出がけに晩飯のおかずの打合せもばっちり。帰り支度をして、廊下を歩いていると・・・ 何でここで先輩と会いますかね。「元気?」「元気ないです」「飲みに行こうか。空いてる?」。そりゃ、休肝日ですから空いてます。こんなはずではなかった。

18時半過ぎに中野駅で待ち合わせ。南口レンガ坂のイタ飯屋かと思いきや、「第二力酒造」へ、というお言葉。へへぃ、喜んで。北口へ廻りこんでいく。さて、問題は空席があるかだな。1階は満員のようだ。2階の座敷へどうぞ、との事。ラッキー。

生ビールで乾杯。ここへ来たら、やっぱり刺身でしょう。「鮪」に「戻り鰹」に「イカ」。この「中トロ」の美味しい事。それなりの値段はする。でも某家具屋ではないが「お値段以上」のクオリティ。あ~。今日は贅沢したな。

結局、3人で白ワインを2本と冷酒の4合瓶。「貝刺し盛り合わせ」も「カキフライ」(もう、そういう季節になったのだなぁ)も食べた。店の自家製マヨネーズを使った「野菜サラダ」も、何気に旨かった。あぁ。あの時、廊下で会って良かった(笑)。

そう言えば、風の噂にランサムの『ツバメ号とアマゾン号』は昨年、イギリスで映画化されたとか。日本でも上映して欲しいぞ。ちなみにアーサー・ランサムはイギリスの対外情報部員(MI6)だったとか。伝記も出ているし、もう少し研究してみるかな。。。

Img_0576

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のいる居酒屋? 中野「豊海屋」

2017/10/11(水)

17時半過ぎに会社を出ると、もう真っ暗だ。秋の日は釣瓶落とし。といっても、まだ気温が高い気がする。でも油断していると、ドンと気温が下がって寒い日が来るのだよね。中野の街で軽飲みじゃ。

今や中野の最ディープエリア「新仲見世商店街」。この昭和を色濃く残すエリアにある「豊海屋」。随分来ていなかった。半年ぶりか。先客は2組。無事にカウンタの一角に陣取る。マスタがわざわざ出てきて、ご挨拶。ママも、じきに来て「お久しぶり」。ご無沙汰です。

瓶ビールをもらい、のんびり飲み始める。お通しの肉は、中華系のスパイスを利かせて柔らかく煮てあって抜群の美味さ。「豊海屋」は一見場末の街中華に見えて、クオリティの高い料理を出す名店なのだよ。

さて。ここに来たら、まず「棒棒鶏」を食べないと。この店の名物の一つ「麻辣料理」。この「棒棒鶏」も普通に見えるが、実は結構辛い。酒が進む。黒ホッピーに切り替えて、と。そうだ。「餃子」も頼まないと。「焼」か「水」か。今日は「水餃子」で。

この自家製の厚手のモチモチした皮。やっぱり「豊海屋」の餃子は旨い。目と鼻の先に餃子専門店「やまよし」が出来て影響を心配したが杞憂であった。ママも「客層が違うし、全然影響がない」と笑っている。一安心。

珍しく「鶏肉とカシューナッツ炒め」も注文。細かく刻まれた具材が美しい。何を食べても旨いな。おや。猫君、久しぶり。元気そうで何より。こっちは老いぼれる一方だけど、何とか踏みとどまっているよ。お互い、美味しいものを食べて、もう少し頑張ろうね。

腹一杯になって、揚げ物まで行きつかず。また寄らせてもらいます。ご馳走様。。。

Img_0560 Img_0562 Img_0565 Img_0566

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間にかお洒落なダイニングバーに 中野「チキンレッグ」

2017/10/8(日)

中野駅北口のラーメンストリート。その丁度真ん中。ラーメン屋「青葉」の目の前の飲食店雑居ビル。前にロックバー「アサイラム」があったビルだ。あのジャクソン・ブラウン命のマスタ、その後どうしているかなぁ。一度だけビルボード東京でバッタリ会ったっきりだ・・・

最近、ここの前を通ると「ローストビーフ丼」とか、肉バル系ランチを出している店の立て看が気になる。「チキンレッグ」。今日のランチで、思い切って行ってみますか。階段をのぼって2Fの正面。ここは前は、タイ料理店がランチバイキングをやっていた場所だ。

店内に入る。見違えるような、お洒落な空間に生まれ変わっている。ありゃ。オヤジには不似合いな処に来てしまったか。入ったからには仕方がない。奥のテーブル席に腰掛ける。名物の「ローストビーフ丼」にするか、メニューを見て迷う。

選んだのは「山賊からあげプレート」。信州松本名物の鶏竜田揚げ。ニンニク醤油を利かせてある、と。揚げ物大王としては、必然のチョイスでしょう。店はキッチン1人、ホール1人の2人体制で運営しているようだ。少し待って登場。

では、まず「山賊からあげ」をガブリ。あまり濃い味付けでない。これ位が丁度良い。ご飯の量もオヤジには適量。ワシワシと食べ進む。あっという間に完食。これで780円は安いのではないか。

「チキンレッグ」は阿佐ヶ谷、吉祥寺に続いて3店舗目がこの中野店のようだ。ローカルなチェーン展開なんですかね。料理はしっかりとしていた。値段次第だが、使い勝手が良さそうなら夜に一度来てみますか。ご馳走様。。。

Img_0074 Img_0072 Img_0065 Img_0069

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターは元気だった 都立家政「竹よし」

2017/10/7(土)

全社会議で終日、会社の会議室に缶詰。ただでさえ週前半の出張でヘロヘロなのに、土曜日に座りっぱなしは辛い。ようやく解放されたのは17時半過ぎ。珍しく、終了後の懇親会はなしと。では、軽く飲んで帰りますか。

18時前に都立家政「竹よし」に到着。口開けの客となる。先週前半に4日ほど休んだ、というがマスタは元気そうでなにより。まずはビールをください。いや~。今週は疲れたぞ。ビールが五臓六腑に染み渡る。

「刺身盛り合わせ」小盛りをオーダ。丁度出来上がるころ、他の客が一人、二人。刺身は「鮪」に「鯛」「ヒラメ」に「エビ」でしょうか。相変わらず「竹よし」の刺身は美味しいぞ。特に、旅から帰ってきて一杯、という時にホッとする。冷酒をもらいますか。

Img_0534 Img_0538

目の前のカウンタ上にズラリと「串焼き」。これは仕込みをする方が大変そうだ。他の客が「串焼き」を頼むというので、便乗注文。何がいいかな。いろいろ目移りする。この謎の串は何だろう。

「それは白身魚の蒲焼風。2種類の白身魚をミンチして混ぜ合わせてある。身が崩れやすいので、いろいろな魚で試行錯誤してできた」と。ほほ~。では、その苦心作をいただきますか。旨い、旨い。何より、マスタが元気そうだったので一安心。また来ます。。。

Img_0535 Img_0536 Img_0540

博多でラーメンを食べ損ねた。久々に「ばりこて」にでも行ってみるか。と「弐ノ十」の前を素通りしようとしたら、オープンエアの店内から見つかってしまった。まぁ明日は休みだ。もう少し飲んでいきますか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近サラダにも力入ってます 都立家政「弐ノ十」

2017/10/1(日)

おい。もう10月になっちまったぞ。どうする。ライブ本番まで、あと3週間だ。今回は、全体練習が圧倒的に足りない。個人ではチマチマとやっているが、大丈夫か。不安が残る。今日も一応集まったが、一人欠席。うむ。あと、全体練習は1回しかない・・・

全員揃っていないので、反省会もなく解散。一人反省会ですかね。デカい楽器を持って、知らない店に行くのも気が引ける。楽な行きつけの店に。18時過ぎに都立家政「弐ノ十」に到着。楽器ごと新店側カウンタに収容される。

ほ~。ここからだと「竹よし」の看板が見えるんですね。マスタの都合で、ここ1週間ほど休んでいたとか。今週末から復活したようだ。阪神もCSが決まったし、来週末にでも久々に顔を出しに行かないと。

「煮込み」からスタートしようとしたらアキさんが「厚揚げ煮」もあるよ、と。ほ~。それは珍しい。では、それ下さい。成る程。「煮豆腐」の厚揚げ版ですね。これは美味しいぞ。段々寒い季節が近づいているという事だ。

隣の人が頼んだ「ツナサラダ」も美味しそうだな。こっちにも下さい。「ブロッコリーとタマネギのツナサラダ」。タマネギのパンチが効いている、と。旨い。前々回に食べた「パクチーの中華風サラダ」も美味しかった。「弐ノ十」は最近、サラダにも力が入っている。

あとは焼き物を数本。明日から旅に出るのに、準備がまだだ。今日は早めに切り上げて帰りなさい。。。

Img_0381 Img_0383 Img_0389

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餃子の新しい店を訪問 中野「やまよし」

2017/9/27(水)

中野駅北口からブロードウェイに向かって伸びるアーケード「中野サンモール」。今の原型となるアーケードが出来たのが昭和33年というから、自分が生まれた頃には既にアーケード型の商店街だった。その後、何回か大規模改装。

あらためて歩きながら店を見て行くと、入口付近は携帯屋ばかりになってしまった。おや。その先の左側にあった眼鏡屋「メガネのサワノ」。先月、閉店してしまったのか。シャッターが下り、貼り紙が。

93年も営業していたと。殆ど昭和の初めか、大正末期からという事だ。その先の右側角の酒屋もシャッターが下りたまま。自分が子供の頃は、この通りは個人商店が軒を連ねた普通の商店街だった。若い衆には信じられないだろうが「蛇屋」まであったし。

それが今や、全国どこにでもあるナショナルチェーンのドラッグストアや飲食店ばかり。まぁシャッター商店街にならないだけマシか。それにしても寂しいぞ。サンモール中央の両側で頑張っている衣料品店は、今は代替わりして我々の同級生が社長。頑張れ・・・

Img_0329 Img_0327 Img_0364

サンモールを歩いてブロードウェイに突き当たる所を右折。飲食店が立ち並ぶ白線通りを抜け、最初の角を左折。今や中野で、最も昭和の雰囲気を残している一角「新仲見世商店街」へ。ここに今年の7月に餃子屋「やまよし」がオープン。

1Fはカウンタ5席と厨房。2Fに少しテーブル席があるようだ。オープンした頃から気になっていたが、何時も大体満員。ドサ周りの予定がポッカリ空いた今日は、何とかカウンタの端に入れた。メニューを拝見。当たり前だが、何種類かの餃子と多少のツマミ。

ではウーロンハイをもらい、餃子は「ラムパクチー餃子」を。それと「蒸し鶏メンマ」をアテに。まず飲み物とメンマが到着。なかなか旨い。厨房では、注文に応じて、ドンドン餃子が焼かれていく。あれか。

来ました。たっぷりとパクチーが載った一品。では、まず餃子を一口。ほほ~。確かにみっちり詰まったラム肉の味。これは美味しいな。これにパクチーを組み合わせて、と。ワシワシと食べ進める。あっという間に完食。

ん~。でも次をどうしよう。更に違う餃子を一皿? でも一皿5個の餃子を二皿はどうか。かといって卵かけご飯とかに行ってもなぁ。大人数で来られる感じでもないし。意外と使い方の難しい店なのでは。まぁゼロ次会とかで寄る、という感じですかね。

外を見ると並んで待っている人も。結局、これにて終了。勘定は1,290円也。何でも、この店は予約の取れない肉料理店で有名な「肉山」がプロデュースしたとか。手軽に「肉山」の気分が味わえるところも、人気の一因か。

でもね。この場所は、前はジンギスカンの「神居古潭」という名店があった所なのだよ。あの偏屈なオヤジはどうしたのだろうか。焼き方とかで、色々言われたっけ(遠い目)。まだ、店舗2F部分の外看板は残っているな。

それに、この少し奥には中華料理「豊海屋」もある。目の前に餃子屋ができたら、影響もありそうだ。最近、顔を出していない。流石に今日、この後シラっと行く訳にもいくまい。近々、あらためて「豊海屋」に行かなければ。今日は、このまま帰りましょう。。。

Img_0333 Img_0335 Img_0330 Img_0337

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉方面を徘徊

2017/9/21(木)

思い立って、総武線に乗り込み千葉方面に。まずは本八幡駅で下車。ここから10分ほど歩いて、老舗の商業施設「コルトンプラザ」へ。実は初訪問。ダイエーが奥にあって、シネコンとかの複合施設なんですね。

Img_0254 Img_0255

3Fの一角に「福家書店」。奥に児童書売場を充実させているのは、客層を意識しての事か。2Fの一角に「ポルカポルカ」が催事出店。最近、書店でもたまに見かける。催事にしては洒落た作り。結構お買い得商品も並んでいて、イイね。

Img_0257 Img_0259 Img_0261 Img_0263

電車に乗り込み、千葉駅まで移動。ここ5年くらい、駅と周辺をずっと開発していたが、ようやく駅ビルを含めて完成したか。駅改札が3Fにあるのは、不思議な感じ。

その駅ビル商業施設「ペリエ」の上に「くまざわ書店」がオープン。結構な大型店。全体に売場がオープンな感じに作ってあって、「タリーズコーヒー」と複合店舗に見える。隣は「東急ハンズ」。これは結構、流行るかも。「三省堂書店」とかに影響がでるか・・・

Img_0249 Img_0250 Img_0251 Img_0253

モノレールに乗って千葉みなと駅へ。物凄く久しぶりに降りた。20年ぶり位か。遠くの千葉ポートタワーを見ながら、目指すは千葉県立美術館。「THEフィギアINチバ」。世界に誇る造形表現の一つ「フィギア」を、海洋堂を中心に展示と。

Img_0209 Img_0210 Img_0211 Img_0244

入口は「女神三重奏」。む~ん。これはチト恥ずかしい。「何見に来てんだオタクのオヤジ」と思われそうだ。最初は「現代のフィギア」のレベルを示す美術工芸品。興福寺・阿修羅像などなど。そして、きましたゴジラ。初代ゴジラにシン・ゴジラ。テンション上がる。

Img_0213 Img_0214 Img_0216 Img_0218

海洋堂は昭和39年に大阪で1.5坪の模型店として開業。このイメージか。昭和の頃、こんな感じのプラモ屋が沢山あったなぁ。中野サンモールの玩具屋でもプラモ売っていたし、ブロードウェイ4Fには模型屋と切手屋の複合店があった。入り浸っていたオヤジ。

お~。マジンガーZ。こっちにはタイガーマスクやデビルマンではないですか。美少女系フィギアには萌えないが、これは懐かしい。

Img_0219 Img_0220 Img_0222 Img_0224

勿論、昔懐かしのウルトラマンもありまっせ。ほ~。こっちはポケモンだ。うちの長男は、このフィギアにハマって、死ぬほどコレクションしていたな。最後はヴァーチャル・アイドルまで。美術館で見るのには違和感がるが、実は結構満足じゃ。

Img_0232 Img_0228 Img_0233 Img_0234

流石に千葉で飲んでは、行き倒れて家にたどり着けまい。都立家政まで戻ってきて「弐ノ十」に顔を出す。いよいよ秋を感じて「煮大根」からスタート。「メンチ」に振られて「トリカラ」。明日は大人の社会科見学だ。。。

Img_0264 Img_0266 Img_0267

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンリーワンの店が好き 中野「よね田」

2017/9/19(火)

夕闇の中野の街。駅北口から中野通り沿いを北上。ん。何でここに「マツキヨ」が。更に、その隣には「松屋」。何じゃこりゃ。「マツキヨ」はサンモールに何軒あるのか、もはや数えられん。「松屋」だって、この先の早稲田通り近くにもあるだろうし、駅南口にも。

何で、同じチェーン店が雨後の筍のようにドンドン出店するんだよ。チェーン店理論で、エリアを面でおさえて他チェーンが進出しないようにするドミナント戦略。そりゃ、頭では理解しているが実際に身近でやられても嬉しくないぞ。消費者の選択の権利も考えて欲しい・・・

Img_0194 Img_0195

久々に北口の飲み屋街をぶらつく。飲食店も入れ替わりが激しく、何軒か新しい店も出来ている。でもチェーン店が多い。飲み屋でもなんでも、オンリーワンの店が好きなのだよ。今日は何処に行こう。

何気に「よね田」をのぞくと、カウンタに空きが。久々に寄りますか。「よね田」は西荻窪に本店があって、ここと2店舗体制。あのオンリーワンの「つくね」食べないとね。黒ホッピー下さい。

メニューをみるのも面倒くさい。何時もと同じで良いな。まずは「鳥刺し」小を柚子胡椒ポン酢で。考えてみたら、この味もなかなか他店にはない。旨い。酒が進む。ナカ下さい。そもそも、この店はナカがなみなみと注がれて出てくる。

少し時差で出てきたのは「炙りレバ」タレ。このねっとりとしたレア感満載のレバ。これにニンニクをつけて。口の中でレバが蕩けていく。至福の時。今日のBGMはJポップ系。ビートルズが流れている時も多いのだけれど。曜日で違うのかな。

揚げ物は「ハムカツ」を一枚。ここのはキャベツではなく、レタスと一緒に出てくるのが面白い。ワシワシ食らう。そうこうする内に最初に頼んでおいた、真打の「つくね」が登場。見よ、この威容。もはやハンバーグの域にも近い、「よね田」の必殺メニュー。

チーズとか卵をトッピングする事も出来が、今日はシンプルにタレ味のみ。これを食べると、「あ~よね田に来たなぁ」と思うのだよ。いかん。ナカを何杯飲んだのか。ヘロヘロに酔った。帰ろう。年に何回かしか来れないけど、何時もでもオンリーワンで頑張って。。。

Img_0205 Img_0198 Img_0202 Img_0203

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国料理ランチ 中野「李苑」

2017/9/18(月)

よく前を通るし、興味があるけど入った事がない店って結構あるよね。今日のランチは、そんな店の一つ「李苑」に突入じゃ。基本は焼肉屋なのかな。流石の酒飲みオヤジも、まだ「一人焼肉」は未経験。ランチなら大丈夫では。

中野駅北口からラーメンストリートに入ってすぐの角。焼肉屋だから、基本はテーブル席。一番奥のテーブル席に一人で陣取る。ランチメニューは入口で確認済み。一番ヘルシーそうな「石焼ビビンバ」をオーダ。

待つこと暫し。まず「3種類のおかず」が出てきた。「味付うずら卵」に「キムチ」に「もやし」。そして、程なく本体の「石焼ビビンバ」が登場。「ビビンバ」って確か、全部をかき混ぜて食べるんだよね。

一緒に来たスープの助けも借りて、卵を含めた具とご飯のかき混ぜ作業終了。では食べましょう。割とあっさりとした味。この瓶に入った赤いのは、辛いのかな。少し加えてみるとピリ辛でイイ感じ。時折、ご飯を石鍋に押し付けてオコゲっぽくしてみたり・・・

あっという間に完食。でも、そうであった。「ビビンバ」って挽肉のそぼろが少し載っているだけで、基本野菜のナムルなんだよね。だからヘルシーなんだけど、食べ終わると「やっぱり焼肉屋に来たんだから、肉を焼いて食べればよかった」と後悔するのだよ。

焼肉食っても大丈夫なような、痩せて健康な体になりなさい。早く人間になりたい。。。

Dscn1834 Dscn1835 Dscn1836

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧