居酒屋・中野

老舗中の老舗でランチ 中野「長寿庵」

2018/6/16(土)

今や中野で最も「昭和」の雰囲気を色濃く残している「新仲見世商店街」。中野駅北口からサンモールを抜け、ブロードウェイに入る直前を右折。白線通りを進み、最初の角を曲がると、何とも不思議な景色に。

正面には中野の九龍城ともいうべき「ワールド会館」。その前面に小さなロータリィ状の路地があって、飲食店が密集している。もう一方の出口は「ラーメンストリート」側に。そんなエリアに「ラーメンストリート」側から入ると、すぐ右手にあるのが「長寿庵」。

暖簾には「天ぷら」と書いてある。いかにも昭和の食堂。入口には今時珍しい食品サンプルの棚。自分が物心がついた頃から(というと大げさだが)存在するから、少なくとも50年以上は営業しているのではないか。

本日のランチ。その「長寿庵」に突入。先客はなし。4人掛けのテーブル席が幾つか。カウンタはない。入口に一番近いテーブルに陣取る。本来は「天ぷら定食」とかが王道なんだろうが、「カツ丼」をオーダ。

奥の厨房で動きが。作り置きではなく、オーダが入ってからカツを揚げ始めるようだ。ほどなく登場。濃い目の卵とじのルックス。これぞ「ザ・昭和」の「カツ丼」の見本のような出来栄え。では、まずカツをガブリ。程よい薄さの豚肉は、やはり揚げたての熱々。

見た目通り、味も少し濃いめ。これが昔の標準だよね。味噌汁は「しじみ汁」だ。これも嬉しい。そして「お新香」が付いているのもお約束。いや~。懐かしい「カツ丼」を堪能してしまった。今度は、夜来てビールでも飲んで天ぷら食うかな。

何時までも頑張って欲しい、昭和の店であった。。。

Img_1810 Img_1809 Img_1808

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここに引っ越したのか・・・ 新中野「シェ・オノ」

2018/6/14(木)

中野駅北口の飲み屋街の一角。昭和新道にあったビストロ?(洋食屋?)の「シェ・オノ」が昨年店を閉めた。と思っていたら、風の便りに新中野へ引っ越して営業している、と。では一度、顔を出してみますか。

鍋横のスーパー「丸正」の裏手。この細道は、堀ノ内の方へ抜けている。実はこれが妙法寺の旧参道なんですね。その一角に移転後の「シェ・オノ」を発見。この立地で、客はどうなんだろうか。と思ったら、既に先客が2人。

窓際のテーブル席に陣取り、生ビールをもらう。まずは「チキンレバーペースト」。結構ヴォリュームがありますね。ここはパスタだろうが肉料理だろうが、基本1皿500円という価格設定のようだ。では一口。旨い。確かに昭和新道で食べた味だ。って7年前を覚えてる?

続いて「温野菜のサラダ」。これまた凄いボリュームですな。インスタ映えしそうだが、食べきれるんだろうか。まぁ、のんびり飲みながら。白ワイン下さい。「白魚のアヒージョ」が今日のお奨めののようだ。白魚とは珍しい。でもニンニクで、明日が大丈夫かいな。

最後に「ローストチキン」まで食べたった。一人で来るオヤジもいれば、家族連れも来た。それなりに流行っているようだ。立地の不利を上回る料理の腕がある、という事か。赤ワインまで飲んで、ちとやり過ぎた。。。

Img_3375 Img_3376 Img_3378

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変化について考える 中野「よね田」

2018/6/13(水)

歳をとってくると、「変わらない」ことの安心感をより強く求めるかな。「変化はチャンス」と言うのは、無限の可能性がある若者と、考えているようで何も考えていない権力者。大部分のオヤジは「そんなに無理して変えて、何がいい事あるの」としり込みする。

中野駅前には、今日も普通にサンプラザ。我々が小学校5年生の頃に出来たから、今年で45周年かな。子供の頃はプールにも行った。上層階の図書館(今はないけど)も利用。40歳・50歳と我々の節目の年には、中学校の大同窓会も盛大に開催。

そんなサンプラザをぶっ壊して、1万人収容のアリーナを建てる。という計画を聞いた時に、イイねと思った人は何人いたのだろうか。勿論コンクリートの箱モノだから、何時かは建て替えなければならないはず。でも唐突感。それが、区長選挙の結果につながったか・・・

Img_3367

サンプラザを横目に、北口の飲み屋街へ。久々に「よね田」に顔を出す。無事カウンタの焼き台前に。変化を嫌うオヤジは、何時も通り黒ホッピー。メニューを拝見。少し変わった。「トリサシ」とか「炙りレバ」が見当たらん。季節的なモノなのか、より生モノに厳しくなったか。

「豚ガツ刺し」からスタート。保守的なオヤジは、モノは違っても味は「柚子胡椒ポン酢」で。湯がいた細切りのガツと、シャキシャキの玉ねぎ。これはこれで十分に旨い。ナカください。ナカの量が凄いのは変わらんな(笑)。

揚げ物は珍しくも「ナンコツスパイシー揚げ」をチョイス。それ程はっきりと味を主張しない程度のスパイシーさ。マヨネーズをつけると、ジャンキーな感じで酒が更に進む。最後は大定番の「ツクネ」タレ。この逸品は変わらんな。

自分から変わらなくても、環境変化や人間関係で、否応なしに変化はやってくる。自分から変化を求められる位の力は、酒飲みオヤジには残っていない。だから変化に流されボロボロになっていくのみ。

中野の街がどう変わっていくのか。それを何時まで見守る事ができるのかね。出来れば、還暦の大同窓会もサンプラでやりたいぞ。。。

Img_3368 Img_3371 Img_3372 Img_3374

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「中国思想と西洋思想の出会い」(リバティーアカデミー)

2018/6/9(土)

「白雲なびく~」もあれば「お~お~明治」のヴァージョンもある、明大前駅の発車ベル音。この駅に降りると、完全アウェー感。今日は明治大学リバティーアカデミーの無料講座。和泉校舎に来るのは久しぶりだ。

絵に描いたような二日酔い。この街で昼飯、と思ったがパスだな。まずは本屋に顔を出そう。駅前の小洒落たビル。一階に「京王ストア」。ここの2階に京王電鉄系の「啓文堂書店」明大前店。いかにも、な駅前書店。

ほ~。同じフロアに「WIREDカフェ」がある。明治は意外にお洒落な学生が多いのか。昔は、うちと明治のどちらがよりバンカラか、という感じだったがね。さて。キャンバスへ向かいますか。

Img_3343 Img_3339 Img_3340 Img_3342

和泉校舎。新しい建物が幾つも軒を連ねている。御茶ノ水校舎もリバティタワーとか、皆新しいしなぁ。金持っているね、明治。逆に、これくらいインフラ投資しないと少子化時代の大学は生き残れないのかも。

本日の会場は、キャンパスに入ってすぐ右側の図書館の1階ホール。お題は「中国思想と西洋思想の出会い」。何で、これ聞こうと思ったんだっけ自分。本年度から、明治は文学部に「哲学専攻」を新たに設けた。その開設記念のようだ。

中国の近代史といえば、まず「アヘン戦争」。そして「日清戦争」。イギリスや日本との戦に負け、近代化の必要性を痛感した時以降、中国の思想家達は「西洋思想」とどう向き合い、取り入れていったのかを考えた、という話。

要は、世界史という大きな文脈の中で、中国は儒教などの伝統を生かしつつ、西洋思想をも取り込むという知的努力をしてきたという事。一方、日本は単に「追いつき追い越せ」と西洋思想を模倣・利用しただけで、伝統思想を活かそうとしなかった。成る程ね。

しかし、結局は中国は日中戦争後に中華人民共和国が成立しマルクス主義が席捲。毛沢東の指導の下、文化大革命などを通じて、近代化に向けた思想家の努力も消えて行ってしまった。現代の中国で、それがどうなっていくのか・・・

現代の中国の話となると、講師の歯切れが悪くなるのは仕方がない所。世の中には、いろいろとニッチな研究をしている人がいるもんですな。知的刺激はうけたが、何にいきるのかね二日酔いのオヤジ。

終わってキャンパスをフラフラ。へ~。キャンパス内に「三省堂書店」があるんだ。その下は、昔でいう学生向け売店かと思いきやコンビニ仕様。そりゃそうだ。学生のライフスタイルも変わっているという事だ。

Img_3346 Img_3347 Img_3349 Img_3350

結局、昼飯食い損ねた。どうする。と考えるまでもなく野方に移動。16時の「第三秋元屋」の口開け。所謂「ヨジアキ」ですな。最近、この昼食抜き/夕方飲みパターンが増えている気がする。どう考えても、体に悪いぞ。黒ホッピーください。

今日は「マカロニサラダ」にしてみた。本店はフリッジのマカロニを使っているが、ここは極太のストレート・マカロニ。旨い。何時もは「ポテマカ合い盛り」なのだが、これなら「マカロニ」単独でも充分だな。今度から、これで行こう。

先日、まさかの品切れだった「レバフライ」。今日はしっかりとゲット。ブルドックソースをぶっ掛けて、と。昭和のオヤジですが、何か。最後は焼き物。おや。ロッテ・ファンのアベック(死語)がやって来た。少しだけ情報交換。さて。帰って晩酌じゃ。。。

Img_3353 Img_3355 Img_3356

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ最後の営業月 中野「火群」

2018/6/4(月)

現地集合。JAZZと蕎麦をこよなく愛するJAZZ研部長が「最後に、もう一度『火群』に行きたい」という事で実現した飲み会。集合時刻の18時半より前に到着したが、既に生ビールを飲んでいらっしゃった。先客は2人。常連さんだ。

「枝豆」と「ハムサラダ」のお通しをアテに、手書きメニューで作戦を考える部長。最後ですから、お好きなように。まず「鯨ベーコン」をいく、と。ほほ~。さすがは、お目が高い。ザ・昭和の我々にぴったりのツマミですな。この脂の乗り具合。たまらん。

続いて「鮪とアボカドのわさび和え」。「火群」の定番メニューの一つ。これが美味しいんだよね。家でも鮪とアボカドを買ってくれば、出来るのかな。でも高級食材だから、失敗したら目も当てられん。

続いて、何と高級な「穴子」にいくと。はは~。今日は、久々に大財閥の恩恵に預かりますか。でも部長は還暦を過ぎて転職し、そう懐事情は良くはなさそうだ。暫し、お互いの近況と財政状況、まだ見果てぬアメリカ遠征について語り合う。

最後の〆に「蕎麦」。多分、美人女将の打つ蕎麦を食べるのは、これで最後であろう。しみじみと旨い。蕎麦湯で一服。JAZZ研部長は名残惜しそうに女将と語らっている。何と、本当に全部ご馳走になってしまった。あっす。

6月一杯で閉店の「火群」。自分は、もう一度くらいは顔を出したいところだ。。。

Img_3323 Img_3324 Img_3327 Img_3328

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母校を訪ねて偲ぶ 中野「まいける」

2018/6/1(金)

日が長くなったとはいえ、下校時間はとうに過ぎた。校庭には人っ子一人いない。ここは我々の母校・桃園第三小学校(現・桃花小学校)。校庭の形状はかわったが、校門脇の大けやきは、何とか生き残っている。

我々の高学年の頃。一時、校庭の工事で入口が五差路方向の通用門になっていた時期もあった。ここも夕暮れ時。少し五差路の方に進むと、桃園緑道。学校帰りに、何度となく通った場所。何処もあまり変わらない。それなのに同級生が一人、旅立っていった・・・

Img_3275 Img_3276 Img_3277 Img_3278

本当はお通夜に行こうと思った。でも、あまりに急な事で代表が行く事に。別々の中学校に進んだけど、3年前にクラス会で奇跡の再会。来月には、皆で久しぶりに飲もうと言っていたのに。皆で遊んだ母校に顔を出し、近場で献杯じゃ。

桃園緑道から中野通りに出て、五差路の方に少し進んだ路地。「かわ焼き まいける」を選択。オープンした頃に一度来て以来。4年以上来ていなかったか。口開けに客となりカウンタに。黒ホッピー。まずは献杯。やるせない。

メニューを見て、アテは「鳥刺し4種合い盛り」をハーフサイズで。「モモたたき」「ムネたたき」「ささみ」に「鶏生ハム」。そして、小学校時代の学校給食メニュー「ハムカツ」。給食のは、こんなに厚切りではなかったけどね。でも懐かしい味(涙)。

最後に、この店の名物「かわ焼き」を2本。我々は、まだ56~7歳だぜ。悲しみがとまらない。。。

Img_3287 Img_3281 Img_3284 Img_3286

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週の飲み会を予約しに 中野「火群」

2018/5/29(火)

いよいよ来月(6月)一杯で店を閉じる「火群」。まだまだ先だと油断していたら、もう1ケ月しかないのか。蕎麦マニアでもあるJAZZ研部長から「来月早々に訪問したいので予約せよ」との指令が。

でも残り1ケ月のという所で、店の混雑状況がどうなっているかは判らない。電話での予約では不安。幸い今日は、特に予定がない。顔を出して直接、相談をした方が安全だ。会社帰りに「火群」に向かう。

先客は2人。でも、カウンタ席は予約で埋まっているようだ。辛うじてカウンタの真ん中に入れてもらう。酔っぱらう前に美人女将と予約の相談。よし。ミッション・コンプリート。あとは軽く飲んで帰りましょう。

瓶ビールをもらう。お通しは「枝豆」。ビールと枝豆の組み合わせが、しみじみと良くなってきたのは歳をとってから。若い頃は、この組み合わせの妙に思い至らず。安酒をあおって、ヴォリュームのあるツマミを食べてればよかったからね、あの頃は・・・

手書の本日のメニューを拝見。「新じゃがの肉じゃが」(だったかな)にしよう。この店は女将一人で料理も客あしらいもこなすので、大忙しだ。でも、程なく到着。箸で割るのも面倒なので、行儀悪いがジャガイモに噛り付く。ホクホクしていて旨い。

本当は「蕗」を炊いたのもあって、女将はそれも奨めてくれたのだが、何となくパス。まだ蕗の美味さがわかる境地にはいっていないなぁ(苦笑)。キープボトルの焼酎が、底をつきそうだ。ありゃ。何と、今日は酒屋が休みでボトルがないと。

来週の飲み会のために、ボトルを更新しておこうと思ったのだが。仕方がない。客も増えて、女将は更に大忙し。来週また来るので、今日はこの辺りで。ご馳走様。。。

Img_3265 Img_3262 Img_3263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例の床屋帰りの一杯 野方「第三秋元屋」

2018/5/26(金)

暑くなってきた所為か、髪が伸びるのが早い気がする。何時もの極安2千円カット。今日は中野店にしよう。ラーメンストリートの早稲田通り近く。ブロードウェイのすぐ裏だ。こちら側から見上げると「ブロードウェイ」の看板。ここに、この看板があるのは知らない人が多い。

Img_3235

終わって中野の街を散歩して、気が付けば野方。時刻は16時過ぎ。図ったようですね。久々に「第三秋元屋」に顔を出す。珍しくテレビで相撲。何でも常連さんが桟敷席で観戦中と。画面をじっと観察したが、ハゲた人が多くて識別できんな(笑)。

「ポテマカ合盛り」からスタートして、続いて揚げ物。何。「レバフライ」が品切れと。では「ハムカツ」。3枚載って登場。「ハムカツ」って、薄さとかハムのクオリティも重要なんだけど、何よりも食べる時に衣が剥がれないことが最重要だと思うのだよ。ここのは何時も合格。

最後に焼き物を3~4本もらってフィニッシュ。日が長くなった。帰って更に晩酌じゃ。。。

Img_3245 Img_3247 Img_3250

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心を鎮めに寄り道 沼袋「たつや」

2018/5/24(木)

毎日のようにフラフラしているように見えるが、これでも一年で一番の繁忙期。そもそも数字が苦手なオヤジに、この仕事が本当に出来ようか。ストレスがたまる。更に、今日の午後は延々と会議。流石にたまらん・・・

どこかで心を鎮めてから帰宅しよう。沼袋「たつや」へ。出遅れたが、カウンタの少し奥の方に入れた。黒ホッピーと「モツカレー」。酒が沁みていく。あとどの位、こうして働かなければならないのか。大酒飲みに貯えもなく、悠々自適の暮らしは夢のまた夢。

「モツカレー」旨いなぁ。オカワリしたい位だ。添えられたフランスパンはサッサと食べて、本体のみをアテに飲むのか自分流。後は焼き物かな。4~5本程焼いてもらう。さて。今月、来月を乗り切れれば、ひと段落か。明日も頑張ろう。。。

Img_3212 Img_3214 Img_3218

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中野の街を徘徊 新中野「もんし」

2018/5/19(土)

久々にのんびりと中野の街を徘徊。まずはブロードウェイ。明屋書店は51周年か。ブロードウェイの竣工と同時に開業だからね。オープンの頃から通っている。店前に年表が。ウルトラマン・シリーズやら各種マンガ。まぁ、自分の人生の歴史そのものですね。

2Fで「マカロニほうれん荘」展をやっていると。では、少し顔を出しますか。と思ったら「整理券を配布していて、今お渡しできるのは18時過ぎの分です」と。おいおい。いまだに、そんなに人気があるのかね、あのマンガ。とても5時間後では無理。断念。

Img_3166 Img_3162 Img_3163 Img_3167

北口の飲み屋街へ。また新しい店が雨後の筍のようにできている。ラーメンストリートの早稲田通り寄りにスープカレー屋。たまに前を通ると行列ができている。でも、千円超のカレーには手が出ないかな。白線通りには「肉寿司」。その内、飲みに来てみるか。

Img_3160 Img_3161 Img_3168

駅の南側へ転進。線路沿いに行って、旧・桃ケ丘小学校。もう、すっかり取り壊されて更地になっている。遠くにマルイのツインタワー・マンションが見える。いずれ我らが母校・中野九中の旧校舎も、同じように取り壊されるのか。寂しい。

Img_3171 Img_3172

なかなかメンバー全員が集まれないが、今日はバンドのパート練習。夕方までやれば、何時もの定番居酒屋「もんし」で反省会。メンバーの家族も合流して、楽しいひと時。気が付けば20時過ぎだ。帰らないと。

ところが酔っぱらった頭でどう考えたのか、気が付けば都立家政「竹よし」のカウンタに。チクちゃん、久しぶり。マスタが忙しそうだったので、まず「鮪の角煮」をアテに冷酒を飲み始める。程なく「刺身盛り合わせ」小も。酔った・・・

「竹よし」を出て、足は自然と「弐ノ十」に向かう。いやいや。「弐ノ十」は、もうやっていないのだった(涙)。徘徊老人は寂しく帰るのであった。。。

Img_3174 Img_3176 Img_3178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧