中野さんぽ

中野区の図書館巡り【その8】 江古田図書館

2017/7/16(日)

いよいよ中野区の図書館巡りもラスト。ぼやぼやしている内にZEROホールの改装も終わって、中央図書館が復活しておる。最後の「江古田図書館」を目指して、地下化工事中の沼袋駅からバス通りを真っ直ぐ歩きはじめる。本当は斜めの道もありそうだが。

Dscn1283_2 Dscn1279_2

「たつや」に曲がる角の「果物屋」。スーパー全盛のこの時代に頑張っている。今日は「たつや」にも「庶民」にも脇目もくれず、どんどん歩く。やがて新青梅街道にぶつかる。そうだ。ついでに「中野区立歴史民俗資料館」に寄り道。

このエリアは中野区の北の方だから、なかなか来る事がない。この資料館に来るのも2~3回目だ。2Fの常設展示が、結構充実しているのだよ。この青梅街道とか鍋横の歴史を説明しているビデオ、好きなんだよね(笑)。

Dscn1260_2 Dscn1261_2 Dscn1262_2

江古田図書館は七中の裏手。このまま新青梅を進めばすぐだ。どうせなので、もう少し寄り道。更に北上し住所でいう江古田とか江原町方面へ。そもそも中野区の住所では江古田(えごた)だけど、西武池袋線の駅名は江古田(えこだ)で駅は練馬区にあるんだよね。

江古田氷川神社にお詣り。江古田村鎮守。狛犬の顔がイイね。でも裏手は大規模マンション開発中。ここ、そんなに通勤の便が良い訳でもないのに。何で、あんな大きな建物を建てるかね。ブルーシートで景観が台無しだ。

Dscn1258_2 Dscn1259_2 Dscn1255_2 Dscn1256_2

もう少し足を延ばして東福寺へ。真言宗豊山派の寺。何でも三代将軍・家光が鷹狩りに来た時に休息したとか。だから境内は結構大きい。参道左手の六地蔵と大蔵院不動尊にもお詣りして、と。

Dscn1254_2 Dscn1253_2 Dscn1252_2 Dscn1250_2

さて。では目的地の江古田図書館に行きますか。1986年の開館だから、中野区の図書館の中では新しい部類。この辺りは中野区の北部エリアだから、中央図書館とかは遠いからね。地域の拠点として住民が便利に使っている。

Dscn1267 Dscn1268 Dscn1269 Dscn1271

よし。これで中野区の公共図書館は完全制覇じゃ(笑)。帰りは新井薬師駅方面に抜けるかな。関東バスの丸山車庫を横目に新青梅を東に進む。おっと。この公園は確か、江古田古戦場跡。太田道灌がこの辺りの地場の豊島氏を破って、江戸を支配する礎を築いたとか。

更に進むと「水の塔(野方配水塔)」が見えてきた。この先は、新宿区だ。この辺りは、前に歩いて中野区を一周した時に通ったな。あれは一昨年かな。進路を南に転進。まだ日は高いし、家に帰ってビールでも飲むべ。。。

Dscn1273 Dscn1276 Dscn1247

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏らしい一品を付けて 新中野「松屋」

2017/7/11(火)

珍しく鍋横でランチ。でも、あまり時間がない。鍋横交差点脇の「松屋」ですませよう。店頭に、季節限定商品の「山形だしとろろ牛皿セット」550円也のポスタ。先日の山形旅行の余韻にひたってもよいのだが、ちと予算オーヴァー。

熟慮の末「牛丼」をミニにして、単品で「山形だし」を付けることに。430円也。もともと最近は、「牛丼」の並も持て余す小食モノ(その割には酔っぱらっての暴飲暴食は目に余るが)。きました。

「山形だし」はこれか。胡瓜・茄子・昆布・ねぎ・みょうが・青じそが入りっている冷たい一品。では、こちらから。お~。あんまり期待していなかったけど、100円にしては旨いぞこれは。「牛丼」ともなかなか合うしね。完食。

たまには、こういうランチも良いね。夜は「アルコール禁止」か。上手く眠れるかなぁ。。。

Dscn2947 Dscn2948 Dscn2945

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気のつけ麺専門店 中野「三田製麺所」

2017/7/3(月)

中野駅から中野通りを北上。サンプラザ裏の角。ここに数年前からつけ麺の専門店「三田製麺所」がある。若い衆を中心に、昼時は何時も少し行列が出来ている。そんなに人気の理由は何なのだろう。今日は珍しく行列がない。思い切って突入じゃ。

ノーマルな「つけ麺」が780円。決して安くはない。値段が魅力ではないようだ。麺の量が、並(200g)・中(300g)・大(400g)と選べるようだ。ここまでは値段が一緒。その上の特大(500g)は100円増。貧乏性のオヤジは、あまり深く考えず大を、冷たい麵で注文。

これか。この麺、結構ヴォリュームがあるな。良く考えれば並の倍だからな。食べきれるのかいな。別の器につけ汁。濃厚そうな香りとルックス。海苔が浮かんでいて、その更に上に載っているのは魚粉?

では頂きましょう。見た目通り、魚介系のつけ汁が麺に絡んで、旨い。汁の中には、サイコロ状の「叉焼」と太めの「メンマ」がしっかりした量で入っている。成程ね。ヴォリュームがあってコスパが良いのが、若い衆にうけているんでしょうな。

オヤジには、結構な量であったが完食。腹一杯じゃ。「三田製麵所」は「株式会社エムピーキッチン」が運営。1992年創業という、比較的若い会社だ。既に国内に50店舗以上を展開していると。メニューを見るとホッピーとかもある。でも、つけ麺では飲まないか(笑)。。。  

Dscn1833 Dscn2021 Dscn2020 Dscn2022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サラバじゃ! 中野「かつや」

2017/6/26(月)

いよいよ中野サンモールの「かつや」が最終営業週となった。何で閉店なのかいな。賃貸契約が上手く更新できなかったのか。それとも採算が悪くて自主的に撤退していくのか。ただの揚げ物大王には、あずかり知れない理由があるのだろう。

この店で食べるのも最後か。最後を飾る期間限定メニューは「テリマヨ ビーフカツ丼」。本当は、もうワンランク上の「テリマヨ 合盛りカツ丼」もあるのだが、牛カツと豚カツの2枚載せは流石にやり過ぎでしょう。200円アップの790円はキツイし。第一、食べきらん。

待つこと暫し。来ました。ではまず、ビーフカツをガブリ。お~。今回の「テリヤキソース」は結構濃い味付けですね。でも旨い。カツはミルフィーユ状になっていて、齧りやすいのもイイね。

「テリマヨ」というからには、このマヨネーズも混ぜて食べるのだろうか。ではカツにマヨも。確かに、こうやって食べると「テリマヨ」味になる。しかもマヨをつける事で、濃い目のソースがイイ具合にマイルドになる。相変わらず「かつや」の商品開発力はイケている。

完食。腹一杯だ。「合盛り」にしないで正解。中野店よ、さらばじゃ。また、中野の何処かへ出店してきておくれ。それまでは、新宿か秋葉原の店で期間限定メニューの研究を継続しておくから(結局、食べるんかい 笑)。

そんな揚げ物大王に更なる悲報が。何。あの中野通りのとんかつ屋「かつ真」も、今月いっぱいで閉店、と。ホントかよ。なけなしの金をかき集めて「ソースカツ丼」を食べたっきり。今度は夜に「とんかつ」で一杯、を夢見ていたのに。何でまた・・・

「揚げ物」が時代遅れになりつつあるのか。それとも「松乃家」(松屋フーズ)とか「濱かつ」(リンガーハット)といった大資本チェーン店が優勢なのか。いずれにしても、昭和生まれの揚げ物大王の生きる道は険しさを増している。。。

Dscn2489 Dscn2490 Dscn2535

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この街も工事だらけ 沼袋「味香坊」

2017/6/17(土)

珍しく昼間の沼袋駅。西武新宿線の地下化工事は順調に進んでいるのか。影響で沼袋駅の下りホームが、随分と中井よりに移されている。追越し線も1本減らして運用しているしね。上りホームの向こう側では、「西友」の解体工事が進んでいるようだ。

気が付けば、踏切わきの「みずほ銀行」も跡形もなく解体されている。都立家政とか上井草とかの駅前でも、銀行や信用金庫の建物が次々と取り壊されている。銀行経営が曲がり角に来ている証かね。

Dscn2442 Dscn2443 Dscn2435

駅の南側を少し散歩。平和の森公園の前というか、水再生センターの前というか、中野の街の方へ向かう道の左側にある団地・新井住宅。ここの一部も、ついに取り壊しが始まった。一棟だけシートで覆われている。 

よく見ると、ここは一体の団地ではなかったのか。どうも取り壊しが始まったのは、一番北側の国家公務員住宅のようだ。しかも建物をぐるっと一周して判ったのだが、この団地群は新井五差路に向かうスーパー「ライフ」の通りにも面しているんだね。へ~。

しかし、中野駅南口の駅前団地といい、ここといい。団地の最後の取り壊しラッシュが始まった感じ。戦後のベビーブームと高度経済成長を支えた「団地」が、低成長・人口減少社会の中では役割を終えたという事だ。

Dscn2426 Dscn2430 Dscn2432 Dscn2431

駅まで戻ってランチ。北側に転進して「庶民」でランチ、と思ったら今日はランチ営業は休みという張り紙。ありゃ。ではバス通りを、もう少し北進して店を物色。店前に「冷やし担坦麺」の幟が目立つ中華「味香坊」。ここに初訪問。

色鮮やかな「冷し担担麺」登場。上のトッピングは「トマト」と「茄子」が選べるので「茄子」をチョイス。では一口。程よい辛さ。冷たい担担麺を食べるのは初めてかも。結構旨いものですな。担担麺とは「辛さ」ではなく「ゴマ」の風味を楽しむ料理なんですかね。ご馳走様。。。

Dscn2440 Dscn2439

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬刺しで反省会 中野「駒忠」

2017/6/11(日)

酷い二日酔い。這うようにして布団から出る。とりあえず朝飯はパス。今日はバンド練習日。ベースを抱えて、中野の街に出撃じゃ。途中どこかで昼飯を食えば、体調も回復するのではあるまいか。

サンモール界隈をうろつく。そうだ。先日の「かつや」中野店閉店の悲報に続き、続々と閉店情報が。中野通りに面したコロッケ屋「西郷亭」も今月閉店、と。東京オリンピックから約50年。あちこちの建物にガタがきているのかね。サンプラも風前の灯だし。

そういえば、サンモール中ほどの角にある酒屋もシャッターが閉まっている。ワインとかの瓶が店前にゴロゴロしていて安いので、たまに調達していたのに。ここも閉店か。とボヤいていたら、昼飯を食う時間もなくなってきた。

Dscn2315 Dscn2316 Dscn2313

ここは、苦しい時の「梅もと」頼みですね。サンモールに昔からある立食い(今は座れるけど)蕎麦屋。一応、チェーン店なのかね。でも自分が物心がついた頃から、ここにある。50年くらい営業している? 今やサンモールでは貴重になりつつある古株の一つ。

選ぶのも面倒なので、本日のセットメニューを。「冷したぬき」と「カレー」のセット。細かく刻んだ人参が大量に入っている「カレー」、旨し。蕎麦の濃い出し汁も二日酔いには丁度良い。あっという間に完食。さてスタジオに行って練習だ。

Dscn2321 Dscn2319

久々にドラマーも参戦して、みっちり3時間練習。16時には終了。反省会に行きますか。何時もより、少し早い時間。では、昼から飲める中野駅南口の「駒忠」に。珍しく先客がいない。時間が早くても、大体誰か飲んでいるんだけどね、ここは。

生ビール飲んで、生ホッピー(=この店も中野では貴重な生ホッピーを出す店)。そして、何時もの黒ホッピーセット。二日酔いはどうした、酒飲みオヤジ。何。調子が出てきた、と。今頃、何言ってんだか・・・

久々に「馬刺し」をオーダ。「駒忠」はチェーン店なんだけど、店によって大分違う。「加賀屋」とかと同じような、緩やかなチェーン店なのかね。中野店は山菜とかジビエ(といっては大げさだが)とかもあるので楽しい。

いや~。「馬刺し」を食べるのは久しぶりだ。大蒜を利かせて、口の中に放り込むと蕩ける。本当は日本酒が一番合うのだが、自重。本日も、いろいろと飲み食いして楽しいひと時。来月の練習までに、みっちり自主練だぞ酒飲みオヤジ。。。

Dscn2329 Dscn2332

PS.飲みながら昔のテレビの話をしていた時に出てきた「キーハンター」。我々が小学校時代の放映。自分は親戚の家に泊まりに行った時くらいしか見なかったが、他のメンバーは毎週見ていたと。そんな話をしていたら野際陽子が亡くなった。合掌・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度の期間限定は痺れるぞ! 中野「かつや」

2017/6/6(火)

もはや「ノーかつや、ノーライフ」状態の揚げ物大王。新たな期間限定メニューが始まれば、「かつや」に走っていく(嘘)。今回も5月末からの限定メニューの登場だ。中野サンモールを走るデブオヤジ・・・

ほほ~。今回は「シビれ山椒のぶっかけ青ネギカツ丼」ときましたか。またまたスパイシー系ですかね。楽しみ、楽しみ。待つこと暫し。来ました。この青々としたネギが山盛りで載った一品。では一口。

確かに、山椒が効いている。山椒の味を全体に行き渡させるために、今回は塩ダレベースの味付け。ピリリと辛くて、後味が残るが、物凄く辛いという訳ではない。この辺りの味付けの匙加減の上手さが「かつや」の商品開発力ですな。

しかも今回は豚カツがベース。最近の期間限定メニューはチキンカツ系が多かったので、豚カツは嬉しいぞ。ワシワシと食い進む。でも結構ヴォリュームがあるな。ご飯にも味を上手く載せてあるのもポイントが高い。たまに、白いご飯で途方に暮れるカツ丼もあるから。

満腹、満足じゃ。店内のポスターに次の予告が。次は6/23~。ビーフとポークの「合盛りカツ丼」かぁ。790円は、昨今の財布事情では辛い。590円の「ビーフカツ丼」で我慢するか、節約して金を貯めて「合盛り」で勝負するか。限定メニューの悩みは尽きない。。。

という悩みを書いていたら、「かつや」中野店が今月末で閉店だと(涙)。本当かよ。これから、どうやって生きていけば良いのだろう・・・

Dscn2209 Dscn2208 Dscn2228_2 Dscn2314

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏メニュー登場 中野「松乃家」

2017/5/30(火)

本日のランチ。中野駅南口ロータリィの交番脇にある「松乃家」に久々に。前に来た時は地下に降りて行ったが、今回は1Fフロアに入ってみることに。外から見るより、中は広い。ここは昔は老舗の蕎麦屋だった所だからね。

店前に新登場として「稲庭風冷しうどん」のポスター。最近、暑くなってきたし。では、今日はこれで。券売機で「茄子ぶっかけうどん」のセットをチョイス。店員は外国人中心で回している。人手不足で、飲食業は何処も大変だ。

待つこと暫し。これか。「茄子ぶっかけうどん」は、揚げた茄子と大根おろしが載っている。茄子の上に生姜をチョコンと載せるなど、芸が細かい。では、うどんから頂きましょう。麺が細く、腰がある。なかなか考えられているなぁ。

もう一方のミニ丼も。こちらは、小ぶりながらササミカツが4切れ。味付けはソース味で、キャベツがひいてある。田舎者のオヤジとしては、もう少し味にパンチが欲しいところ。キャベツに、カウンタ備え付けの「特製ソース」を勝手にぶっかける。イイね。

ヴォリューム的には、今の自分には丁度いい感じ。結構、腹いっぱいになったぞ。これから夏に向かって、ファストフード各チェーンは、色々と新商品を投入してくるのだろう。暑い夏を、しっかり食べて乗り切ろう。(揚げ物の食べ過ぎに注意、だぞ)。。。

Dscn2164 Dscn2163 Dscn2161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BGMはビートルズ 中野「よね田」

2017/5/25(木)

待ちに待った給料日。「家に帰ると奥さんが三つ指ついて迎えた」とか「この日の晩飯は必ずカレーが出る」といった話を先輩から聞いたのは何時の時代か。しかし給料の大幅下降局面を迎え、給料日の有難さが身に染みる今日この頃。

中野の街で少し寄り道して帰ろう。まずは散歩。駅の南口に出てレンガ坂を上がっていく。また新しい店が増えたな。上がり切った所の元TSUTAYAは更地に。まだ築20年位のビルだった。モッタイナイ。先日閉店した「九十九」の跡地は、新しく居酒屋が開店している。

マルイのそばの雑居ビルには蕎麦居酒屋がオープン。杉並・堀ノ内の「まん月」が支店を出してきたようだ。給料も出たところだし、近々JAZZ研部長をお誘いせねば。少し高級そうだ。今日はパスだな。

北口へ転進。何処に寄ろうかな。飲み屋街に入って行く。「よね田」を覗くと、一階のカウンタに辛うじて空きが。ラッキー。吸い込まれる。18時半近い時間なので奇跡だ。半過ぎには満席になり、あとはお断りモードに。

まずは「鳥刺し」ですかね。小を柚子胡椒で。小でも十分なヴォリューム。黒ホッピーと共に食べ進む。旨いなぁ。続いて焼き物は「炙りレバ」タレ。ネットリとしたレバにニンニクを利かせて頂く。至福の時。

BGMはビートルズ。有線なのかな。初期の曲から中期・後期。万遍なくかかる。お~。「シーズ・リービング・ホーム」だ。物凄く久しぶりに聴くな。中・高生の頃、誰かの(伊丹十三?北山修?)エッセーで、この曲の話を読んで「そうなのか」と思った自分(遠い目)。

「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」もかかる。そういえば『サージェント・ペパーズ』発売50周年記念エディションが発売になるんだよな。図書館で借りて初めて聴いた『サージェント・ペパーズ』の衝撃。こっちも歳をとる訳だ。宝くじが当たったら買うかな・・・

ビートルズを聴きながら色々考えていたら、酔っぱらった。ここのナカは濃いからね。最初にオーダしておいた「つくね」タレが到着。これこれ。やっぱり、何時食べても美味しい、必殺のメニュー。今日は揚げ物をパスして節約しましょう(笑)。

Dscn2075 Dscn2078 Dscn2079 Dscn2083

帰りも中野の街を散歩。「薬師あいロード」中ごろのパン屋「ボングー」。そういえば、この店は6月一杯で閉めるんだっけ。店前の特売コーナでサンドイッチなどをチョイスして、店内に入り会計。やっぱり店内に閉店お知らせの張り紙。

飲み屋も、地元に密着したパン屋などの商店も、時代とともに移り変わっていくのは、ある意味仕方がない事。でも、その「時代」を生きている人間にとっては寂しいのだよ。ビートルズのようにメンバーは死んでも音楽は残る、という訳にはいかないし。。。

Dscn2085

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴォリューム満点! 新井薬師前「大番」

2017/5/15(月)

新井薬師前駅の南口に出ると、小さな駅前広場を挟んで3F建て位の謎の雑居ビルが昔からある。駅に向いている方は近年、「たこ焼き屋」が一番目立っているか。昔からある古本屋も。その他、飲み屋やスナックが上層階に。

そして逆側の車通りに出ると、こちらも飲食店が何軒か路面で。そんな中の一軒。昔からの老舗ラーマン屋「大番」で本日のランチを。この店はヴォリューム満点だから、飲んだ帰りに軽く寄り道という訳にはいかんのだよ。

L字カウンタで全部で10席もない小さな店。何時も満員だ。一番奥のテレビ下の席の客と入れ替わりで着席。では、満を持してここの必殺メニュー「ラーメンセット」をオーダだ。何のセットかって? これがカレーとラーメンのセットなのだよ。

カレーが先着。よく立食い蕎麦チェーンとかで見かける「カレーセット」とは質量ともに別物。粘度が高いカレーは、よく煮込まれた感がアリアリ。では一口。く~。旨いぞ。何でも、ここはラーメン屋なのにカレーだけ食べにくる人も多いとか。

続けて本命のラーメン登場。まずスープを一口。見た目は結構ギトギトな感じだが、実は割とあっさりした豚骨醤油系。軽くニンニクを利かせてあるのか、スープ自体がまず旨い。そして麺も。ガツガツ食らう。チャーシューも絶品。

あっという間にカレーとラーメンを完食。でもね。やっぱり満腹になるんだよね、両方を食べると。若いうちなら、幾らでも食べられた。オヤジになると、昔出来た事がいろいろ出来なくなってくる。ここのラーメンを、死ぬまでにあと何回食べられるかなぁ。。。

Dscn1240 Dscn1242 Dscn1244

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧