カツ丼

何時も行列のスタンド蕎麦屋 西新宿「大橋や」

2018/5/14(月)

新宿駅から青梅街道を進み、成子天神を通り過ぎた先。ここに、昼時となると何時も行列しているスタンド蕎麦屋がある。よし。今日は行列して、実際に食べてみよう。割と早く行列は進む。店内は厨房を囲むコの字カウンタ。店に入って自販機で食券を買うシステム。

チョイスしたのは「メンチカツ丼セット」。520円。茹で麺をしっかり茹でて、湯切りしている。別工程でメンチカツ丼の準備も完了。来ました。まずは蕎麦から。シンプルな「かけ蕎麦」。少し黒っぽい細麺で、腰がある。これ、旨いな。成る程、行列になる訳だ。

続いてメンチカツ丼。こちらも、いたってシンプル。大き目のメンチカツが載り、ソースがぶっ掛けてある。あ。このメンチカツ、実は旨い。ワシワシと食い進む。これは良い店ですね。これからも行列を嫌わずに、この近所にきたらここでランチしよう。これも倶楽部カツ丼。。。

Img_2749 Img_2746 Img_2747

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦&日本酒バルでランチ 御茶ノ水「凪」

2018/5/8(火)

御茶ノ水駅の聖橋口。信号を渡った辺りは近年再開発されて、中高層ビル群が。昔、日立の本社があった所に「ソラシティ―」。その更に奥、小学校の土地などを再活用して作られたのが「ワテラス」。どちらも一部に飲食店街があり、賑わっている。

そんな中でも、御茶ノ水駅から一番奥まった所にある「ワテラスモール」。ここの3Fに、お昼時は何時も行列が出来ている蕎麦&日本酒バルがある。今日は、遅いランチ。13時過ぎなら入れるのでは、と行ってみた。お~。大丈夫そうだ。

意外と小さな店なんですね。カウンタが5~6席。後はテーブル席で、全部で20席くらいか。カウンタ席に案内される。ランチメニューから選んだのは「カツ丼ともり蕎麦」のセット。倶楽部カツ動(笑)。

カウンタから見ると、正面に日本酒の冷ケース。常時40種類以上の日本酒を取り揃えている、と。こういう店で、日本酒をすいすい飲みながら会食できればなぁ。もう、そういう時は来ないだろう。大体、酒が弱くなったしね・・・

と妄想しているとセットメニューが登場。ほ~。少し黒みかかった蕎麦。では、こちらから。これは結構なレベルですね。蕎麦汁は、少し濃い感じ。ツルツルっと食べてしまう。そして、今度はカツ丼へ。

如何にも蕎麦屋が作ったカツ丼。濃い目の蕎麦汁を使ったのか、結構はっきりとした味。カツはそれ程厚くはないが、ランチのカツ丼はこんなモノでしょう。あっという間に完食。蕎麦湯そすすってフィニッシュ。

成る程。この値段でこのセットなら、ランチタイム時に行列するのも判る気がする。ワテラスモールの他の店は、ランチでも結構いい値段とるからね。天王洲のシーフォートスクエアにも姉妹店があるらしい。夜は来られないと思うが、また。。。

Img_2935 Img_2936 Img_2937 Img_2939

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若い頃お世話になりました 新宿「そば本陣」

2018/5/5(土)

今でこそジジイになったので、朝は早起きして、朝食を食べてから家を出る。でも、昔は酷かった。飲み過ぎ・二日酔いで全く起きられず(あれ。今も、たまにあるか)。気持ち悪い体を引きずって、会社に向かう毎日だった。

そんな時に、途中で食べて体調回復を狙うのがこの店。「そば本陣」。新宿駅東口のアルタの方から、新宿駅に入り地下へ。そうすると、出汁醤油の香りが。本にもなった新宿駅最後の小さなお店「ベルク」の前、といった方がわかり易いか。

二日酔いの朝に、ここの「かけ蕎麦」の汁がキクのだよ。今はなくなってしまったけど、「そぼろご飯」とのセットも愛用していたな。椅子席があって座れるのも、体調不良の時には助かった。改装して少し綺麗になったからは、足が遠のいているけど。

そんな昔世話になった店で、今日は久々にランチ食うべ。入口の自販機前で、考える。までもなく「カツ丼セット」を選択。倶楽部カツ動。蕎麦は、今日は冷たい方で。先に蕎麦が出てきて、カツ丼は後か席に持ってきてくれる、と。

では、先に蕎麦を頂いていますか。辛めの蕎麦汁。蕎麦も含めて、悪くない。思ったより早く「カツ丼」も到着。カツが3切というのは少し寂しいが、630円のセットでは文句も言えまい。卵のとじ加減が半熟なのがイイね。ワシワシと食べ進む。満腹じゃ。

そうか。会社生活が終わると、こういう立ち食い蕎麦屋とも縁がなくなるのかもね。今の内、あちこちの蕎麦屋に行って、蕎麦とカツ丼を食べておかないと。

Img_3018 Img_3014 Img_3015

腹ごなしに新宿の街を少し散歩。あれ。旧・三越別館(大塚家具)の脇に、新しい「ディスク・ユニオン」の店。そうか。もう少し先にあった「JAZZ館」とかを集約して、こっちに移ってきたのか。紀伊國屋の上といい、最近のユニオンは店舗のスクラップ&ビルド流行り。

若い人はCDとか買わずに、ネットで音楽を聞く時代。CDとかレコードとか、実物が手元にないと安心できない我々とは考え方が違う。だから年々、ユニオンの客の平均年齢は上がっている気がする。経営するのは結構大変なのかもね。。。

Img_3053 Img_3054 Img_3052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神保町も変わっていくのか・・・

2018/4/20(金)

戦災にもあわず、昔からの古本屋街として生き残ってきた神保町。しかし、久々に昼休みにブラブラ歩いてみると、少しずつではあるが変化の兆しが。気が付けば店を閉めていたり、業態が変わってしまったり。

神保町の交差点から、靖国通りを九段下の方に歩き始めてすぐ。ここには昔から「岩波ブックセンター」が鎮座していた。しかし、あまり人は入っていなかった。だから、なのか分からないが一昨年に閉店。

その跡地に、この4月新しい店がオープン。「神保町ブックセンター」。これか。店の中央部にソファなどが置かれ、カフェとして楽しめる。そして、その周りをぐるっと囲む棚に入っている本は、全て岩波書店の本。かの内沼晋太郎がアドヴァイザーとか。

軽食とかもあるのかな。でも、オヤジがランチを食っても似合わないか。店の奥の方は、会員制のワーキングスペース。入口のブック&カフェと比べると、こちらは人がまばら。まだ認知されていないのかね。全体にもう少し落ち着いたら、ビールでも飲みにきますか。

Img_2857 Img_2859 Img_2858 Img_2860

靖国通りを更に進むと、またブック&カフェを発見。北沢書店のビルの1F、かな。こちらは児童書の専門店のようだ。1年ほど前にオープン、とか。随分と、このエリアには来ていなかったのか。こっちはコンセプトもはっきりしていて、固定客がいる感じ。

Img_2853 Img_2854 Img_2856

さて。昼飯食うべ。しかし、神保町界隈は、どこも人が溢れている。うどんの名店「丸香」などは、店の前から錦華公園の方まで長蛇の列。こんなに並んだら、昼休みが終わってしまう。面倒なので立食い「小諸そば」へ。

ついつい「おろしカツ丼セット」のボタンをポチ。倶楽部カツ動、熱心な事で。まずは「もり」をかき込む。こんなモノでしょう。そしてカツ丼。赤タマネギが載っているのがイイね。その上にヒレカツ2ケとおろし。味付けは蕎麦の醤油系。あっさりしていて、これはアリでしょう。

Img_2862 Img_2863 Img_2864

夜は「弐ノ十」に顔を出す。「ニコタマ」(煮込み卵入り)からスタートして焼き物へ。珍しく「レバ」が品切れという事で、アキさんに「牛ロース」を勧められる。それ、お幾らでしたっけ。2百円。普通の串の倍くらいだから、今まで頼んだことがない。いってみますか。

これが絶品であった。何で今まで頼まなかったのだろう。牛肉が炭火で炙られ、絶妙の塩コショウで供される。しかも、この添えてあるホースラディッシュ(?)。「ニンニク利かせすぎちゃった、てへ」と照れる店主。これ、旨いなぁ。暫く、マイブームになりそうだ。。。

Img_2897 Img_2900 Img_2903

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分であんかけカツ丼に 淡路町「歓粋亭」

2018/4/18(水)

御茶ノ水から坂を下って行って淡路町の交差点へ。その交差点から少し路地に入ったところに「ひろしま酒蔵 歓粋亭」がある。夜、飲みに来るのも良いのだけど、ランチメニューで気になる一品があるのだよ。今日のランチで意を決して突入。

店内は入口からは想像できない程、広い。その一番奥のカウンタ席に案内される。ランチメニューを確認。基本は「豚汁」か「焼き魚」とフライものなどの組み合わせで6種類。その中から「豚汁Bセット」を選択。

割とすぐに出てくる。結構、豪華だ。豚汁が予想以上のヴォリュームで右側に鎮座。そして、真ん中の一品こそが狙いの「ヒレカツあんかけ」。竹の子入りのあんかけがカツを覆っている。広島に、カツのあんかけ文化があるのかね。

ちょっと邪道なんだが、このあんかけカツで「カツ丼」にしよう、という目論見。世の中には「カツ丼」も様々なヴァリエーションが存在している。特に岐阜・瑞浪あたりの「あんかけカツ丼」は有名だ。まだ食べた事がないオヤジは、自分でとりあえず作って食べてみようと。

ほほ~。こんな感じですか。初めての経験。見てくれが悪いのは自分の所為。旨いぞ。そして「豚汁」。へ~。汁モノというより居酒屋の「煮込み」に近い感じだな。これまた旨い。更に「ひじきの煮物」に「おしんこ」。デザートのゼリーまでついている。いや~。満足じゃ。

まだ見ぬ「あんかけカツ丼」。岐阜まで食べに行ける機会はあるかなぁ。それ以外にも、まだまだ食べた事のない「カツ丼」のヴァリエーションは、沢山ある。焦らず、少しずつ研究して行かないと。ライフワークですかね。。。

Img_2793 Img_2794 Img_2790 Img_2791

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場はチューリップ!

2018/4/4(水)

朝からお台場のビッグサイトへ。国際展示場駅に降りると、チューリップが咲き誇っている。春ですな。子供の頃は、よくチューリップを見かけたが、最近はあまりじっくり見たことがない。花より団子(より酒)だからね。おや。野鳥も。

Img_2704 Img_2700

ビッグサイトで「コンテンツ東京」を開催中。その特別講演を聞きにきたのだよ。登壇したのは角川書店(もとい。今は ㈱KADOKAWA というのだっけ)の角川継彦会長。お題は「躍進するコンテンツ コンテンツが自立する時代」。

コンテンツ(特に映像や音楽)はハードに依存する時代が長く、家電メーカーに振り回されていた。それがデジタル/インターネットの時代になって、大きく変わった。そして更にAIの時代に。なかなか立ち位置の見えない時代になってきた。

デジタルの時代は、まず「プラットフォーム」の時代。アップルとかグーグルといった「モノポリー者」が流通を牛耳っていった。しかし、それもまた変わりつつあると。ネットフリックスとかテンセントが台頭し、動画配信の時代に。「コンテンツ」そのものの力が躍進の鍵。

翻って考えると、出版物の売上は右肩下がり。既にアニメ市場に、市場規模としては抜かれている。そうだよね。そんな中で、楽天が今度某取次会社を子会社化する。そもそも某社救済は、出版社によるアマゾン対策だったと。そうか。視点が違うのだな。

角川(古い人間は、こう書くよね 笑)は今後、ドワンゴと一緒に「広義のアニメ市場」と「ゲーム・eスポーツ分野」で新しいビジネスモデルを作り、生きのびていくと。やはり紙媒体の商売にしがみついている会社は、生きのびるのは苦しいか・・・

Img_2705

講演が終わって、「コンテンツ東京」の会場を一回り。やはりオールドスタイルのオヤジにはピンととない。老兵は去るのみだ。帰りは、ゆりかもめに乗って新橋に出る。丁度、ランチタイム。新橋だと「かつや」かな。

最近、フェイスブックで「カツ丼クラブ」に入っている。全国各地から毎日、様々なカツ丼の写真と情報がアップされる。一口に「カツ丼」といっても、世の中にはいろいろあるものだ。「カツ丼」を究める道は険しい。倶楽部カツ動に励まないと。

「かつや」ではランチメニューでも良かったのだけど、ついつい癖で限定商品をオーダしてしまう。今は「チキンカツとから揚げの合い盛り丼」。前も食べたな。人気メニューだ。見よ、この威容。マヨネーズまで添えられて、ジャンキーな様相。

カツが2列載っているように見えるが、片っぽは唐揚げ。「たまり醬油たれ」を使って、味は良いのだけど、塊のまま揚げて、切って出すから、唐揚げに見えないのが玉に瑕。しかし、「かつや」久しぶりだけど、相変わらず凄いヴォリュームだなぁ。。。

Img_2710 Img_2709 Img_2708

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここでもタレカツ丼 御茶ノ水「妻有庵」

2018/4/2(月)

曜日の関係で、本日から新年度がスタート。朝、始業前に神田明神にお詣り。この1年が良い年になりますように。境内の桜は、もう終わりか。葉っぱが目立ってきた。

Img_2683 Img_2685

春本番となると、昼休みにオフィスを離れ、少し遠くでランチという気になってくる。今日のターゲットは、御茶ノ水から坂を下って行って、靖国通りに出る一本手前の路地。揚げ物ファンには、何時も行列の人気店「ポンチ軒」のある通りと言えばわかり易いか。

その「ポンチ軒」のすぐ近くにある「越後 妻有庵(つまりあん)」で今日はランチ。妻有とは、越後の南の方で津南町とかの一帯を指す地名らしい。という事は、この店は越後料理を出す居酒屋なんですかね。

結構な繁盛店。辛うじて相席で入れてもらう。定食類もあるが、カツ丼好きとしては「たれかつ」があるなら頼まないと。でも丼単品だとやり過ぎか。「かけそば」と「ミニたれかつ丼」のセットでお願いする。

そうか。段々思い出してきた。ここは昔、日本酒の地酒の品揃えが抜群だった割烹があった所かな。それとも皆で沈没した居酒屋だった所か。いずれにしても、久しくこの辺りでは飲んでいないなぁ・・・

随分と待たされて、ようやく登場。奥の席も含めて、ちと客を入れ過ぎだな。調理の手が、まわっていない感じ。では気を取り直して、まずは蕎麦から。葱だけのシンプルな「かけそば」。汁はやや濃い目。平均点はいっているか。今度は「もり」も食べてみるかな。

続いて「たれかつ丼」。ほほ~。あまりくどくない。薄めの味付け。自分的には「たれかつ丼」は、もう少し甘めのイメージだけど、これはこれでありかな。全体に料理は悪くない感じ。もう少し、ランチ時は席数を絞って営業すればよいのにね。。。

Img_2422 Img_2421 Img_2418 Img_2420

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この街でトルコライス! 三軒茶屋「ナカジマ」

2018/4/1(日)

世田谷区って、中野のすぐ南側なんだけど、昔から苦手。ハイソ(死語か)な方々が生活しているエリアに、簡単には近付けませんぜ。だから三軒茶屋には滅多に来ない。30年位前に、どうしても観たい映画があって来た、あの名画座は何処???

訳あって、三軒茶屋で昼飯を食う事に。何か珍しいところで珍しいモノを、と物色して歩く怪しげなオヤジ。玉川通りから路地を入って行き、もうすぐ住宅地という所で、一軒家を改造したプティレストランを発見。「ナカジマ」。

予算はオーヴァーしそうだが、ここで飯食うべ。何とメニューに「トルコライス」を発見。これは確か、長崎の料理で揚げ物系だった気が。少し高いが、これをオーダ。少し遅い昼時。他の客は、お洒落な親子連れと有閑マダム(死語か)のグループだ。肩身が狭い。

まず大きな「サラダ」が登場。これは食べでがあるな。こうやって野菜をたっぷり食べるから、世田谷の人はお洒落なのかも(もはや僻み)。続いて、カップに入った「コンソメスープ」。普通かな、このスープは。

そして本体が登場。ケチャップライス(? とは世田谷では言わないのか)の上に大きな豚カツ。そして、その上にはドミグラスソース。これはジャンキーだし、ヴォリューム満点。世田谷でなく、中野に似合いそう(笑)。

では、まずご飯から。当たり前だが、思ったほど上品ではない。ワシワシ食べ進むタイプ。この、ドミソースが決め手ですかね。旨い、旨い。いや~。「トルコライス」初めて食ったかも。食後にコーヒーまで付いて1,180円。普段のランチの2~3倍だが、ヨシとしよう。。。 

Img_2512 Img_2513 Img_2514 Img_2515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここの地下でソースカツ丼! 新宿「わおん。」

2018/3/20(火)

新宿駅で降りると、丁度昼時。この辺りでランチですね。小田急の改札近くの地下コンコース。割と愛用している立ち食いそば屋「箱根そば」で良いか、と思った。でも、そう言えば隣にドンブリとカレーの店がある。こっちは入った事がないな。

「わおん。」というらしい。外の券売機で食券を買うシステム。ほ~。「ソースカツ丼」セットがある。では、食べてみますかね。セットだと何が付いてくるのだろう。ほとんど待たされずに登場。「ソースカツ丼」に「味噌汁」と「ミニサラダ」「柴漬け」ですか。

上にかかっているソースは、普通のトンカツソースのようだ。ガブリ。結構厚手の「トンカツ」がゴロリと載っている。旨いな。でも、これだと「カツライス」という感じで「ソースカツ丼」というには、もう一捻り欲しいところ。旨いんだから、いいじゃん!

確かに、このカツが載って、セットで630円はお得かも。味噌汁も、心なしか貝系の出汁のような気がして、サラダ共々体に良さそうだ。後で調べたら、この店も「箱根そば」と同じ小田急系の店。ランチの選択肢が増えた。。。

Img_2329 Img_2330 Img_2326

夜は都立家政「弐ノ十」。スタッフがドンドン減っていく。ピンチ・・・

Img_2498 Img_2500 Img_2501 Img_2502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回はヤバい辛さ! 高円寺「かつや」

2018/3/14(水)

いろいろの会社とお付き合いしていると、時に様々な書類の提出を求められる事がある。本日のミッションは、その最たるもの。某クリニックに行って、アル中や精神疾患でないという診断書を貰ってこい、と。

本当は会社帰りに寄って、そのまま高円寺の街で飲みたい所。ところがクリニックが今日は午前中しかやっていない。泣く泣く昼前に出撃。このクリニック、久しぶりに来るな。担当の先生に飲む量や飲み方について詳しく聞かれる。やっぱりアル中だろうか・・・

何とかミッション・コンプリート。春の陽気に誘われて、そのまま少しだけ散歩。高円寺鎮守の氷川神社にお詣り。この境内の一角にあるのが気象神社。何でも陸軍気象部にあった、お天気の神様とか。スーパー雨男なんですが、よろしくお願いいたします。

Img_2405 Img_2404 Img_2403

丁度、昼時。そうだ。確か、高円寺駅の北口に「かつや」があったな。今の限定メニューは何だろう。何々。「ふわたまレッドチキンカツ丼」と。写真を見てビビるオヤジ。まぁ、モノは試し。食べてみましょう。

これか。久々に凄いのが来ちゃったな。大丈夫か。まずはカツを一口。か、辛い。今回の「かつや」は、随分とメーターを振り切った感じ。辛い物があまり得意でない自分。ギリギリ、許容範囲だな。むせそうになりながら食べる。

下のご飯も真っ赤。上に載った「ふわたま」が辛さを緩和するコンセプトのはずだが、辛さが完全に勝っている。ポスターには「くせになる」とあるが、自分には馴染めませんぜ。それでも、完食。残さず食べられた自分を褒めてあげたい(笑)。チャレンジングなメニュー!

Img_2411_2 Img_2410_4 Img_2408

帰りに駅前ロータリィに面した書店「文禄堂」に久々に顔を出す。あまり昼間来ないので、今まで気が付かなかったけど、店の壁面にお洒落な文豪イラストもあるんだね。入口付近はポップアート系の派手な展示。イイね。

さて。雑誌の1冊も買って、会社に戻りましょう。。。

Img_2416 Img_2413 Img_2412 Img_2415

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧